ホーム

介護タクシーめぐりの活動理念

いきなりですが、

僕は介護タクシーを開業したくて、

この事業を絶対にやりたいという強い気持ちをもって

このお仕事を始めたわけではないんです。

平成18年1月、僕の兄に『一緒にやってみないか?』と声をかけられ当初は

従業員としてスタートした事が介護タクシー運行に携わったきっかけです。

そこから7年ほど運行を積み重ねた僕は、

お仕事を頂けない日々に焦りを感じ、このまま続けても無理なんじゃないかと

勝手に自分で線引きをしてしまいました。

しかし周囲の友人に恵まれていた僕は、心の中で決意していた覚悟を

そっと背中を押してもらうように動き出しました。

兄から事業を引き継ぎ、事業主となって再スタートを切ります。

沖縄の青空は日本国内でも特別な存在だと思います。

沖縄の青空は日本国内でも特別な存在だと思います。

2016年現在、10年このお仕事に携わって気づかされたことは

介護タクシーはお客様を運ぶ手段だけではないという事。

ある時は、

それまで健康に働いていた男性が突如、交通事故で障がい者となり病院から自宅まで

の移動でご利用いただきます。

ある時は、

先天性の難病を抱えた女性が身体の節々を痛めながら介護タクシーで

買い物・祭りイベントへの外出をなさいます。

ある時は、

高齢となり身体の機能が衰えついに歩けなくなり、車いすで病院へ

通院に・入退院にご利用頂きます。

ただ、目的地へ安全に運べばいいのでしょうか。

安全に運ぶことは最低限の条件で、この介護タクシーめぐりを選んで頂いた

めぐりあわせを大事にしたいのです。

どうぞ、このハナシロタケシという、一見、不愛想に見えるドライバーにお気軽にお話しかけ下さい

(苦笑)

介護タクシーという車内空間で移動時間10分、30分の限られた貴重な時間を

少しでも笑顔になれるよう、

ベストを尽くして一日一笑をお届けします。

地元・金武町伊芸にでんと構える樹齢300年余のガジュマル

地元・金武町伊芸にでんと構える樹齢300年余のガジュマル

第3者というお客様にとってしがらみのない立場の介護タクシードライバーだからこそ

話せる様々な悩み、そして楽しいお話もぜひお聞かせください。

ココロがスッとなれると思いますし、

何より、

お客様のお話を聞かせて頂く事も僕にとって大事な時間です。

人々の人生模様を聞いたとき僕自身が実は成長させてもらっている事に

気づかされます。

このような美しいビーチがあなたとの出会いを待ち望んでます。

このような美しいビーチがあなたとの出会いを待ち望んでます。

運行・介助・お客様との対話を通して

移動の喜び、楽しさを共有し

お客様の未来への活力の源泉となれるよう

支えとなりたい。

これが介護タクシーめぐりの活動理念です。

その一瞬、瞬間のめぐりあわせを大事に

介護タクシーめぐりは

貴方からのご依頼をお待ちしてます。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ  神奈川県・川崎にて自身が描いていた電気屋のイメージを覆す  地下トンネル工事・川崎駅イルミネ・東京ディズニーイルミネ・横浜磯子火力建設工事で100㍍ 高所作業で快感と社会の厳しさを学ぶ。 2006年・兄と介護タクシー事業スタート。2012年兄より事業を引き継ぎ2015年2月法人設立。 日々の運行からの気づき・学び・時には社会の出来事を絡めて自分の思いをブログで発信している。また、自身のパーソナル形成に否が応でも関わるアトピーでの体験・経験は自立の要素になっている。(沖縄・愛知から上海へ漢方治療渡航歴2か月に一度。)移動の喜びから幸せの瞬間を感じ取っていただける運行・介助を心がける。2016年さる年復活のTHE  YELLOW MONKEYライブが沖縄で開催されないことに喪失感を覚えているようだ。 しかし、最近、本土でのライブ鑑賞にようやっと踏み切った(笑) 吉井和哉さんを尊敬している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加