きしもと食堂に行ってみた。車いすユーザー目線で思考してみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
きしもとそば(小)とじゅーしーごはん。

そばの町・本部町。

綺麗な海や美ら海水族館、フクギが生い茂る懐かしき通路など、

魅力は多岐にわたりますが

沖縄県民食の沖縄そばを観光資源として積極的に売り出している町としても

知られています。

先日、あのどでかいソーキを食べたくなりあのお店に介護タクシーを走らせていたのですが、

途中、気になっていた食堂に足を運ぶことになりました。

なるべく、行った事のないお店、場所、道路などを意識して

臨むようにここ最近のワタシは行動しています。

到着した場所は きしもと食堂・八重岳店。

肝心のお店看板を写さないというバカっぷり(笑)

肝心のお店看板を写さないというバカっぷり(笑)

本店は本部町・渡久地にありますが。。。

いつも行列できてるよね。待つのはしんどいよね

いつも行列できてるよね。待つのはしんどいよね

本店の方は割と狭い空間なので、

車いすユーザーの来店は厳しいでしょう。

片麻痺の方はテーブル席でお食事も楽しめるかと思いますが。

こちらの八重岳店の方が広々としており、

また、

毎年一月に開花する桜祭りの八重岳に近い場所に位置していますので

観光に来沖される方はこちらのお店も検討すべきかと思いますよ。

このようにフラットな段差のない造りですね。

このようにフラットな段差のない造りですね。

入り口ドアを開けてすぐ左側に食券機で食べたいメニューを決めましょう。

ワタシは入ってすぐ手前のテーブル席に座りました。

全体を見渡したかったこともあり。

ざっと50名は座れるかと思いますが。。。

ざっと50名は座れるかと思いますが。。。

テーブルに座って感じた事は、

テーブル自体の高さが低めで、ベンチをどけても車いすユーザーの足が

テーブル下に納まらないと感じました。

まぁ、

ベンチそのものをどけるとなると

若干迷惑がかかりそうな感じもしましたが(苦笑)

それでは車いすユーザーは沖縄そばを食べる事は難しいのか?

いや、

そうではありませんよ。

食券機裏手にカウンター席が

食券機裏手にカウンター席が

椅子をどければ車いすは4台か5台は納まりそうな感じでした。

こちらのほうでお食事は楽しめそうです。

きしもとそば(小)とじゅーしーごはん。

きしもとそば(小)とじゅーしーごはん。

カツオの出しが相変わらず効いており、

個人的にも大好きな味です。

ただ、じゅーしーがご覧の通りの濃い目の色どりで(笑)

味も甘い感じ。

本店もこんなに甘かったけなぁ~?と思いながら完食しましたが

ジューシーご飯に関しては、より、好き嫌いの好みが分かれるような

気がします。

肝心のトイレに関しては完全に健常者想定の造りになっているので

こちらに向かう前にバリアフリー対応トイレを探して済ませるか、

もしくは、、、、、

食堂・右手奥の通路を200メートルほど走らせると。。

食堂・右手奥の通路を200メートルほど走らせると。。

石くびりの駐車場があります。

石くびりの駐車場があります。

このように。

このように。

車で1分くらいの距離にあるので

こちらで用を済ませてからでもいいかもしれませんね。

参考までに。

駐車場は20台はゆうに止められる広々とした感じなので、

車いす対応のマイクロバスも余裕で停められますよ。

観光客でごった返す、

きしもと食堂・八重岳店は一度は訪れてみるのもいかがでしょうか。

6月の沖縄はオフシーズンですので

この時期を狙ってくるのもよいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加