支那そば・かでかるに行ってみた。チャーシュー・麺にこだわる=美味いである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おしい!その海苔が何だか安っぽさを演出している。

という、独断と偏見ブログ発信です。

難点は道路からのアクセス。

難点は道路からのアクセス。

国道329号線から駐車場に入ろうとすると縁石が微妙に邪魔をして運転に自信のない方は不安を感じる事でしょう。西原方面からの左折が特に厳しいかと。与那原方面から右折する方がお店駐車場にアクセスしやすいかと思いましたが上記のように車がすでに並んでいると駐車も厳しいです。

お店手前と隣に確保されてますが。

お店手前と隣に確保されてますが。

はっきり言って道路からのアクセスは悪すぎますが、美味いラーメン店はそのハンデも覆すほどの魅力を備えているものです。

カウンターからの眺め

カウンターからの眺め

店内状況。

店内状況。

4名のテーブル席が4つほどありました。

またもや職業病が出てしまい、車いすユーザーをお連れしたらと想定しながら店内を観察したのですが、ご覧のようにスペースがあるので車いすの切り返しや既存の椅子をどけるなどの動きは問題なくできるかと思われました。

カウンター席は床面から1500ミリほど上がっているので必然と車いすユーザーはテーブル席で食してもらう事となります。

こういう聖域が認識できると否が応でも期待値が高まるっちゅうもの。

こういう聖域(製麺室)を発見すると否が応でも期待値が高まるっちゅうもの。

実はこのそば屋さんがOPENに向けて店舗を建設中の時から気にはなっていたんです。国道329号線与那原方面を通るたび、早く食べたいなーと思わせる雰囲気が漂っていたんですね。こじんまりした外観ながらも何か目を引く存在でした。

そうやってウキウキしながら待っていると。。。

ワンタンチャーシュー麵¥1100なり。

ワンタンチャーシュー麵¥1100なり。

来ました。店主お勧めのワンタンラーメン。店外看板にも堂々たる筆文字で記されており、やはり、おススメと言われたらとりあえずは頼んでみるものでしょう。不味けりゃ次回頼まなければいい話。ワタシは初店舗のラーメン店を訪れた際、そのお店のチャーシューでランキングするあくどい癖があります。なのでワンタンチャーシュー麺をオーダー。

おしい!その海苔が何だか安っぽさを演出している。

おしい!その海苔が何だか安っぽさを演出している。

正直な意見を言わせてもらえれば、何故、ワンタンがラーメンと一緒に浮かんでなければいけないのかがいまいち納得できていないのですが、それはワタシがワンタンメンを初めてチョイスしたという事も関わっているのでしょう。ラーメン王の称号を未だ保持し続ける石神秀幸氏から言わせればその程度の食べ歩きでナマ言ってんじゃねぇと怒られそうなのでしっかりとおススメを堪能します。

出ました、チャーシュー

出ました、チャーシュー

厚さ2ミリほどのチャーシューは美味かった。こだわりのないラーメン店に多い冷凍チャーシューみたいな安っぽさは全く感じず、最後まで幸せを噛みしめました。

カウンター席に備え付けの【焦がしネギ】?を振りかけるの図

カウンター席に備え付けの【揚げネギ】を振りかけるの図

このチャーシューの盛り付けもさることながら。

これですよ、これ!!自家製面の盛り付けの美しさたるや!!

これですよ、これ!!自家製麺の盛り付けの美しさたるや!!

チョイ、画像がブレてますがワタシがポイントを付けたい要素の一つに麺の盛り付けがあります。食っちまえば関係ないだろ、というツッコミも聞こえそうですがまず、食す前の佇まいというものがラーメン・そばにも求められていると思うんですね。ワタシの場合、その佇まいを確認しただけで美味さ25%割り増しになってしまうんですよ(笑)

スープもしっかり美味し!

スープもしっかり美味し!

自家製麵のモチモチと醤油のスープが絡み合って美味し。最後の一滴までしっかり飲み干してまいりました。

当日、朝飯食べていないせいもありワンタンチャーシュー麺以外にもご飯ものも注文しておきました。

卵かけ昆布ごはん。

卵かけ昆布ごはん。

個人的には醤油をちらっとかけて食したかったのですが、これも店主こだわりという事なんでしょう。カウンター席には醤油は存在しませんでした。

全ての幸せメニューを食した後、肝心のトイレをチェックしようと思ったのですが、先に入られてしまったので画像添付ならず。ただ、開閉ドアのコンパクトさから車いすユーザーが入るには厳しい構造かと外観から判断しました。ワタシがもし車いすユーザーをお連れするなら直前にお済ませいただいて望みたいと思います。ただ、ぜいたくを言わせてもらえればやっぱり、手すり設置のトイレ内で車いすが切り返しできる1800mm×1800mmスペースのユニバーサルトイレが欲しい所なんですが(苦笑)

まだまだ食したい品目が。

まだまだ食したい品目が。 見えにくくてスマン。

個人的にはつけ麺と塩味スープが気になりました。また、訪れてみたいと思っとります。

お店を出た後にはワタシは多幸感を噛みしめておりました。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加