国際通りで沖縄の匂いを感じられるバリアフリー飲食・居酒屋はここを抑えておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_1658

取材日 2017年 4月6日 

※これからご紹介する飲食店は介護タクシードライバーの視点で

 お勧めしたい店舗でありますが、一部、介助を要しなければ

 ならないポイントもございます。

それをご理解頂いた上で沖縄観光を楽しむ物差しとなれば

嬉しゅうございますよ。

観察したポイントは

  • 歩道から店内への出入り口のバリア有無
  • 店内が車いす通行に支障がないか
  • 沖縄の雰囲気が感じられるか
  • 沖縄料理が楽しめるか(勿論、泡盛・オリオンビールも含むw)
  • トイレへのアプローチ(バリアフリーか否か)
  • 過去に車椅子ユーザーが訪れているか(利用したか)

です。

早速、参りましょう。

龍澤(りゅうたん)はダイワロイネット国際通りから5分以内にアクセス

ダイワロイネット沖縄は、バリアフリールームもいくつかご用意している

障がい者に優しい設計デザインのホテルです。

そのホテルから国際通りを挟んですぐ向こうに

沖縄を感じられる

暖かなお店がございました。

赤瓦とシーサーは必須だね

赤瓦とシーサーは必須だね

DSC_1561

ごらんの通り、段差レスです。

DSC_1548

何気に店長が(笑)快く対応くださいました。

DSC_1549

お客様車いすサイズや付き添い人数に応じて、テーブルを左右に移動させる対応もOKだそうです。

DSC_1550

こちらは店内通路の一番奥。スタッフは先ず、こちらを優先的にご案内するそうです。 →向けに車椅子ユーザーは視線を向けて飲食なさるそうな。

DSC_1552

先ほどの画像からお店・出入り口に向けた視点。☆印ポイントが民謡歌手のステージ。

ここで毎日演奏されるそうです。

ここで毎日演奏されるそうです。

DSC_1554

トイレ入口までの段差およそ20センチほど

DSC_1555

便器前はスペースに余裕アリ。

DSC_1556

トイレ内からの視点。およそ10センチ。

DSC_1559

那覇市・国際通りですから電子マネー・クレカ対応決済システムは万全。

沖縄地料理 龍澤(りゅうたん)国際通り店

年中無休

営業時間 11:00~24:00 ラストオーダー23:00

島唄ライブ 19:00 20:00 21:00

スマホからのお問い合わせは098-863-8704

石垣牛とあぐーの専門店・くんち屋もダイワロイネット国際から5分圏内

因みにくんち とは、沖縄の言葉で体力とかスタミナとかチカラ

を指します。

「くんちつけて頑張りなさいよ~」とおばぁからよく言われたものです。

それと関連付けたのかどうかは未確認です(笑)

提灯もこれはこれでアリですね

提灯もこれはこれでアリですね。ブーゲンビリアが綺麗です。

DSC_1566

入ってすぐ右手に…

DSC_1567

こちらに車椅子ユーザーをご案内するそう。

DSC_1568

通路が狭くなっておりますが。

DSC_1570

ハブハブハブぶぶぶぶぶぶぶぶw

DSC_1571

奥がトイレになっています。通行はギリギリと言った所か。車椅子との対面通行は厳しいでしょう。

DSC_1572

焼肉スモーク脱臭装置と沖縄仏壇(トートーメー)のコラボ。

DSC_1574

スタンダード車いす横幅 650mmギリギリか。

DSC_1575

今回、女子トイレを案内してもらいました(車椅子ユーザーはこちらを)

DSC_1576

女子トイレのスペースを広く取ったそうです。

DSC_1577

用を済ませた後は挨拶しておきましょう。八重山からアンガマのウシュマイ(おじぃ)とンミ―(おばぁ)が時々笑いかけてきます。

石垣牛とあぐーの専門店 くんち家

年中無休

営業時間 ランチ11:00~15:00 ディナー17:00~24:00

スマホからのお問い合わせは098-860-7135

島唄と地料理 とぅばらーま はJALシティ那覇近く

を出て県庁向け徒歩5分圏内です。

このホテルもバリアフリールームは備えており、障がい者が実際に宿泊された

というブログも拝見しました。

国際通りの中間地点に立地していますし、

県庁側にも牧志駅近くにも同時間でアクセスできるでしょう。

和田アキ子サイズの三線ですね。一度くらいは持ったのかな?

和田アキ子が手のひら内で奏でたと言われるBIG沖縄三線。勿論、「あの鐘を鳴らすのはあなた」を熱唱したそうな

外階段、2階で民謡ライブが。ナントか1階でもやってくれないだろうか…。

外階段、2階で民謡ライブが。ナントか1階でもやってくれないだろうか…。

DSC_1582

中央通路・そばは砂利が敷き詰められております。通行は慎重に行えばOKでしょう。

DSC_1588

このテーブル席か、、、、

DSC_1589

隣の竹冊向こうのテーブル席に車椅子ユーザーをご案内するそうです。

DSC_1590

店内から出入り口向けの視点。屋内の中に家屋が。琉球時代にタイムスリップ!!面白や(笑)

DSC_1583

誰か三線弾いたりすんのかな?

DSC_1587

トイレへのファーストアプローチは20センチ。やや高めですね。

DSC_1586

2つ個別に。

島唄と地料理 とぅばらーま

年中無休

営業時間 11:00~24:00

島唄ライブ 19:00 20:00 21:00

スマホからのお問い合わせは098-862-3124

首里天楼(スイテンロウ)は冊封使を持て成す琉球王国・別邸の匂いがする

こちらもJALシティ那覇から北向け、ドン・キホーテの斜め手前に

立地しています。徒歩5分以内に着きますよ。

14世紀から16世紀にかけてアジア地域は

中国と交易をダイナミックに重ね、中国側からの使者を冊封使といい、

琉球国からの使者を進貢使と呼んでおりました。

まさにこの首里天楼はその使者を迎え入れるに相応しい絢爛豪華な

建物であり、おそらく、本土から・国外インバウンドの観光客を

持て成す沖縄側の熱い気持ちが反映されたものなのかなと

妄想しましたが。

琉球石灰岩を亀甲積みで作り上げ、グスク独特のアーチ門が一気に琉球王国へ誘う、、、的な風な。

琉球石灰岩を布積みで築き上げ、グスク独特のアーチ門が一気に琉球王国へ誘う、、、的な風な。

DSC_1639

11:00~てっぺん(24:00)まで営業しているそうな。

DSC_1641

左奥に見えるガジュマルは本物?と見間違うほどのクオリティーでした(笑)

DSC_1643

中央通路脇にはふんわり安らぎを与える流水が見られます。

DSC_1644

ライトアップの角度や光量調整も雰囲気を創り上げる要素ですなぁ

DSC_1645

車椅子で入れない事もないかと。

以上が、1階エリア。実は3階までお客様を迎え入れるテーブル席が用意されていますよ。

ここから2階へのご案内です。

  ↓

DSC_1647

スタンダード車いす2台は同時に行けるかと思われる広々設計エレベーター。

DSC_1649

2階には2部屋の個室もありました。段差なし。

DSC_1652

外国の観光客とか興奮するでしょうね。「オオ!コレッテ 漢字デスヨネーーー!!」

DSC_1650

琉球絵巻が壁面に彩られ、家族や大事な人とプライベート空間を大事にしたい方は個室利用もお勧めしたいですね。

DSC_1654

恐らく、国際通りの飲食店で唯一?と思われる広々ユニバーサルトイレが。障がい者にも優しいですね。

ユニバーサルデザインを整えれば、老若男女・健常者障がい者問わず

利用しやすい、という事なのでこのような飲食店が増えていく事を切に願います。

オストメイト設備は残念ながら……

オストメイト設備は残念ながら……

これから3階へのご案内になります。

   ↓

エレベーターから出た視点。5センチ強のの段差はそこまでのストレスは感じないでしょう。

エレベーターから出た視点。5センチ強の段差はそこまでのストレスは感じないでしょう。

DSC_1658

これはテンション上がるーーー。

店長いわく、車いすユーザーにも対応した高めのテーブルもご用意できるとの事。

事前予約で詳細をスタッフに伝える事で、

スムーズかつ沖縄ナイトを堪能できる事でしょう。

DSC_1659

琉球舞踊この舞台で奏でられます。

DSC_1660

少し視点の高い席から舞踊を眺めたり、食事が楽しめます。

掘りごたつ席も多数。

掘りごたつ席も多数。

3階にもトイレはございますが、2階・ユニバーサルトイレほどのスペース、利便性に

乏しいため、車椅子ユーザーは2階のトイレ使用を勧めますね。

琉球料理 首里天楼(スイテンロウ)

年中無休

営業時間 11:00~24:00 ラストオーダー23:00

※琉球舞踊公演時間は確認ください。

スマホからのお問い合わせは098-863-4091

以上、介護タクシーめぐりが独断で、かつ、

アポなし取材調査で得られた情報をお届けしました。

突然の依頼にも関わらず、すべての店舗が対応くださったこと

情報公開の了承も頂けました事、改めて御礼申し上げます。

なお、個人の主観でのテキスト表現により、

現場でのギャップも無きにしも非ずです。

そこを踏まえた上で沖縄観光を有意義に過ごす材料となれば

嬉しいです。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加