知ってた?ウミカジテラスは何気にバリアフリー対応になっている事を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_2200

いつかは介護タクシーのお客様をこちら、ウミカジテラスへお連れしたいものです。何せ那覇空港から車で15分以内の距離圏にあり、沖縄の青い海と空をメインディッシュに食事と買い物と休憩が一挙に楽しめる工夫がなされているのですから。

公式サイトはこちらから。

2015年夏にオープンしたとのこと、生粋の沖縄県民であるワタシは今更ながら初デビューなのであります(苦笑)まぁ、こういった洒落乙な雰囲気漂う人気スポットというのは野郎一人で訪れにくい香りも漂わせているのですが、何せ訪れた目的は障がい者のお客様をお連れした時の移動環境がユニバーサル精神に則って配慮されているか?という取材も兼ねたものなのです。

なので今回ブログはお店にスポットをあてているのでなく、あくまでも移動環境にリーチした内容となっておりますことをご了承願いたい。

施設周辺はこのように路上駐車が。

施設周辺はこのように路上駐車が。

決して路上駐車を勧めているわけでなく、レンタカー・自家用車で訪れる際は施設奥側に駐車場も完備され、徒歩5分以内に訪れる配慮となっているので健常者の方はなるべくそちらの場所をガードマンの指示に従いながら行ってもらいたい。

因みにウミカジテラス上部には瀬長島ホテルがでんと構えている。バリアフリー対応ルームもいくつかあるようでそこから無料のシャトルバスがこのウミカジテラスを巡行しているので宿泊も兼ねながら、、という利用目的もありだろう。確認不足だがおそらく車いす対応のシャトルバスでないと思われる。

抜けるような青空とはこのことだね。

抜けるような青空とはこのことだね。

ぐるっと巡回していくと。。

タクシー専用の駐車場が。

タクシー専用の駐車場が。

乗用車を5台格納しても場内での切り返しも行えるわりと広めの設備。

因みにこのタクシー専用駐車場横に併設されているお土産センターもちらっと寄ってみた。

地ビール関係が充実している。

地ビール関係が充実している。

DSC_2180

スマン。何が陳列されているかわかりづらいね。

まぁ、沖縄そばとかの冷凍食品、他にもアグーのインスタントラーメン、何故か日本酒関係も充実しておりました。(笑)47都道府県のうまいモノが立ち並んでおりましたよ。

さぁ、先ほどの視点に戻りましょう。

タクシー駐車場横には車いす・ママさん用トイレもあります。

タクシー駐車場横には車いす・ママさん用トイレもあります。

しつこく追記するが、上記・画像の右奥に車椅子ユーザートイレも完備されています。

ウミカジテラスは俯瞰してみると4階構造になっており、どの場所からも階段やスロープで各ショップにアクセスできるように整備されております。

こちらから2階層にアクセスできます。

こちらから2階層にアクセスできます。

空き店舗?

空き店舗?

階段ふちには注意喚起のブルーペイントが

階段ふちには注意喚起のブルーペイントが

コントラストにもなっていいじゃないですか。

時折、砂浜で戯れるかぞくが。

時折、砂浜で戯れる家族が。

こういうのイタリアンなの❔トルコなの?

こういうのイタリアンなの❔トルコなの?

こういう立地環境で地ビール瓶を片手にぶらっと歩くのも洒落乙なメンズという雰囲気が演出できるじゃありませんか。顔が残念なワタシだけに首から下の所作やファッションだけはパンチェッタ・ジローラモを目指しておるのであります。一度だけでいいので吉瀬美智子水準の女性を振ってみたいものです。

頭皮がズレてきました。テーマに戻しましょう。

このようにトイレも完備。

このようにトイレも完備。

うん、きれいですね。

うん、きれいですね。

トイレ内での車いすの切り返しは厳しいでしょう。限られたスペースにすべての設備を詰め込んだ感じ。しかし、このようなトイレが整えられている事に感謝しようではありませんか。

2階は良しとして。それじゃあ、3階層へのアクセスは?

一旦、タクシー駐車場へ戻りましょう。

右奥に。。。

右奥に。。。

ひっそりとスロープが(笑)

ひっそりとスロープが(笑)

こちらのスロープからは3階層のショップへアクセスできます。

DSC_2194

このようにスロープもなだらかです。

これまた補足情報ですが、スロープが完備されているという事は車いす利用者に限らず、ベビーカーを活用するママさんにも優しい設計だという事なんです。これから飲食店を開業しようと奮起されている方はそのような側面が重要だという事も意識して頂けたら。

イイですね。

イイですね。

飛行機と空とワタシと。そんなポエムもちらつかせながら。

飛行機と空とワタシと。そんなポエムもちらつかせながら。

飛行機写っていないけどね。でも、本当に見えるんですよ、何せ、那覇空港への離発着ルートの通りに面していますから。それこそがこのウミカジテラスの魅力でもあるのです。

そうやって、リサーチを兼ねていると時刻はお昼時。腹も減ってきたのだが周辺ショップは初老のおっさんが一人で入るにはキツイ洒落乙な飲食店ばかり。ラーメンなんてないよな。。と思っているとあるがな!最上階の4階層に『梅光軒』とういう名の北海道ラーメンが!!

しかし、4階層へアクセスできるスロープがない。

ない。

と思っていると。。。

こちらから。

こちらから。

瀬長島ホテルへつながる道路を昇っていくとこのようにひっそりとスロープがありますよ。

見事、チャーシュー醤油麺にありつけました。

見事、チャーシュー醤油麺にありつけました。

店内は割とせまめでカウンター席6席ほどと、テーブル席が2つ。店外にもテーブル席が2つほど。車椅子ユーザーは店外がお勧めでしょう。いざとなったときのトイレへのアクセスや何より青空をおかずに美味いラーメンが頂けるのですから。

このような見晴らし台も各階に整備、屋根付きのテラス席は女性がトークを弾ませておりました。

DSC_2197

ここで車いすのお客様と沖縄あるあるを語り合いたいものです。

これから季節は秋から冬へと移行します。

ライトアップされたウミカジテラスもおすすめですよ!(いった事ないけどw)

車椅子ユーザー、障がい者の皆様、一緒に沖縄の空と海を満喫しませんか?

介護タクシーお問い合わせはこちらから。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加