金武町・新開地は沖縄にあらず。アメリカナイズの街を散策してみたブログ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボリュ―三―の極み。

ふむ。

地元の良さと言うのは地元の方は実は知らない。

それを恥ずべき事と見られても仕方がないのだが、生まれ育った故郷故、その環境・状況・景観・人柄・地域性が毎日毎日変わることなく当たり前の日常風景として時は流れる。

言わずもがな、地域の良さは他国・他地域の旅行者から教えられたり気づかされたりという事は往々にしてあるものです。

と言う事で、ワタシの生まれ育った人口1万余の金武町・新開地という一区画をご紹介しようかとふと、思いつきました。改めて歩いてみたことで色んな気づき・発見がありました。今からお送りする画像オンパレードが基地の町 金武町の一端を掴めるブログとなれば幸いにござりまする。

なお、ワタシの独断と偏見による順番でお送りしますのでご容赦願いたい。

先ずはこちらの管理棟を目指して頂きたい。

先ずはこちらの管理棟を目指して頂きたい。

金武町アクティブパーク管理棟の営業は正月以外の毎日w

営業時間は8:00から20:00

因みに左奥に男女トイレと車いすユーザートイレも完備されてます。

注意点としては

21:00にトイレの扉を閉めるそう。早めに用を足しておきましょうw

管理者に声掛けするとパンフレットが頂けます。

管理者に声掛けするとパンフレットが頂けます。

特にパスポートの所持をオススメします。

持ち運びのしやすいサイズ。これはでかしたな。

持ち運びのしやすいサイズ。これはでかしたな。

これ1冊で金武町の有名どころの観光スポット・飲食店・施設営業時間などの情報が網羅されてます。デザインもちょいとだけ洒落てますね。

移動困難者・パーキングはこの1か所。

移動困難者・パーキングはこの1か所。

先にこの場所に停められていたなら臨機応変に、邪魔にならないスペースを見つけ停めちゃいましょう、勿論、マナーを守ったうえでですよ(笑)

味があるね。

味があるね。

年に何度かイベントが催されます。

年に何度かイベントが催されます。

以前はBEGINをゲストに呼んで盛り上がったこともあったんですよ。見に行けたけど見に行かんかった。若干の後悔であります。

海兵隊バンドや沖縄の若手インディーズバンドがパフォーマンスを発揮。

海兵隊バンドや沖縄の若手インディーズバンドがパフォーマンスを発揮。

これ、個人的に大好き。

これ、個人的に大好き。

なんか、いいですよね、なんか。

うまく言葉に出来ない思い。揺れる思い。体中に感じて。

一方通行帯となっております。

一方通行帯となっております。

以前は対面通行だったんですけどね。

進行方向に注意して安全に歩っちゃいましょう。道路の環境としては大きな凸凹、段差もないので電動車いすユーザーやヘルパーさんの移動介助もそれほど負担は無いと思います。

時折、水煙草(シーシャ)を味わいに訪れます。

時折、水煙草(シーシャ)を味わいに訪れます。

Wi-Fiとクレジットカード決済環境が整っているハーミットハウス。

オーナーのベンは大のアニメ好きで特にドラゴンボールZにドはまり。店内にはわんさかわんさかフィギュアが立ち並んでおります。特に亀仙人が大好物だそうでw

バリアフリー・ユニバーサルデザインなんて言葉も聞かれなかったあの時代。

介護タクシー目線でいえば入口が残念!……と批判してもしょうがないのですがこういった夜のバーも車いすユーザーが入りやすいように設計されるとイイんですけどね。

まぁ、この新開地という集落が終戦後につくられたもので当然の事ながらバリアフリー・ユニバーサルデザインと言う概念すら存在していない時代の名残ですから。

こういった段差の入り口や。

こういった段差の入り口や。

DSC_0630

こういった微妙な段差も

ベテランヘルパーの階段介助や福祉機材を活用する事でクリアできたりします。

伸縮するスロープをかつようすれば。あ、これは当社のやつですがw

伸縮するスロープを活用すれば。あ、これは当社のやつですがw

一応参考までになさってくださいね。

夜訪れるとまた違った雰囲気が感じられますよ。

夜訪れるとまた違った雰囲気が感じられますよ。

ネオンの光が異国情緒を漂わせる力を持っています。

アメリカナイズの金武町新開地なら尚更引き立つっちゅうもんです。

時代の流れと言えばそれまでだが。

時代の流れと言えばそれまでだが。

寂しいといえば寂しい。味があるといえば味がある。

不思議な感覚に襲われます。

タコライス発祥の地。まさに聖地メッカなのですお。

タコライス発祥の地。まさに聖地メッカなのですお。

ここからタコス・タコライスという沖縄の文化が誕生しました。今は移転しましたがワタシが中学生の頃はこのカウンター越しから「タコライスチーズね!」とせわしく動き回る母ちゃんに呼びかけたものです。

ああ、懐かしや。

特に意味なし。ポールをセンターにしたかったまで。それまでの事

特に意味なし。ポールをセンターにしたかったまで。それまでの事

ほらね。一方通行でしょ。

ほらね。一方通行でしょ。

あの世界の北野が映画撮影したポイント。

あの世界の北野が映画撮影したポイント。

まだ拝見しておりませんが『3-4×10月』という映画撮影でこのアングルが使われているそう。ハイパーメディアショップ・ゲオでDVDレンタルしようかな。YouTubeでは流石に見れないか。

と、今回はこれまで。

第2弾の金武町・新開地放浪記ブログをお楽しみに(笑)

介護タクシーお問い合わせはこちらから。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加