潜在看護師の第2の選択肢は介護タクシー開業がありかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_1044

潜在看護師とは一度は現場に携わった経験はあるものの

諸事情により辞職し

国家資格を保有したまま別のお仕事・または再就職を試みている

状況の方、と言えばよろしいでしょうか。

看護師と聞いてどんなイメージが思い浮かぶだろうか。

  • とにかく激務(身体介助・深夜勤務・排せつ・入浴・痰吸引・経管栄養ケア)
  • 安定した給与
  • 献身的な対応
  • 白衣の天使(古っ)

このような感じではないでしょうか。

ワタシも仕事柄、看護師とは連携を取って

ベッドから車いすへの移乗介助や、

時に、介護タクシー予約成立の関りに繋がる大事な存在でもあります。

まぁ、10数年前には急性肝炎で1か月ほど入院した事もあり

その時お世話になった看護婦(あの頃の呼び方w)の献身的なケアに

大変心を打たれ、ダメもとで退院去り際に携帯番号渡して

食事して音信不通になりましたけど(苦笑)

話がそれましたが。

安定の給与と引き換えにある精神・身体の崩壊

その現場でなければ知らない事は山ほどあります。

その現場でなければ知られない事も山ほどあります。

その代表の一つともいえる看護業界。

検索すれば彼女(最近は男性も多くなった)らの悲痛の声が発信させられています。

看護師A
夜勤がしんどい…休みも取れなくて心がボロボロだ… 

看護師B
職場の人間関係にとことん疲れる…  

看護師C
給与に見合わない重労働・医療ケアに心が病んでくる…

上記のため息のにある中で一つくらいは

看護師の友人・知人から聞いた事はないでしょうか。

見出しの安定の給与と言う表現も看護師本人たちから言わせれば

「いやいや、全然労働に見合っていないから!!」

とクレームが聞こえてきそうです。

また、

提供しているサービスは同じなのに

本土と沖縄の看護師給与に開きがあるという情報もありますしね。

沖縄県の看護師平均年収・給与

看護師の離職理由から伺える仕事へのモチベーション要素とは

恐らくですが、激務労働の看護師も生活を送る上での安定(その背景には結婚も見据えた)

の為に渋々続けざるを得ないという葛藤に揺れているんだと思います。

勿論、給与以上にやりがいを見出している方もいらっしゃいましょうが

犠牲なき献身こそ真の奉仕

というナイチンゲールの名言にも看護師が看護師であり続ける為の

真髄が表現されています。

かみ砕いて言えば、

尽くす心も重要だが経済的援助が無ければそもそも続かないんだよ

それこそが本当の奉仕だよね

と仰っているんですねぇ。

崇高な理念の事業でもボランティア精神だけでは継続性に欠けてしまう

現実にナイチンゲールの格言からも伺い知ることが出来ます。

それだけでなく、看護師と管理者側(上司・看護師長)とのトラブル

・コミュニケーションの行き違いも離職に繋がる大きな理由だとか。

看護師だけに限らず組織・会社としてチームで働くのであれば

必ずや人間関係のトラブルは避けられません。

大なり小なりある事でしょう。

その一手が患者の命を左右するやもしれない現実と日々向き合っている

彼女達のストレスたるや想像以上のものなんでしょう。

身を削るとはまさにこの事かもしれません。

自分らしく生きるとは何か

今いる環境が苦しければ思い切って飛び出してみるのも一つの選択肢かと思います。

「そんな事言うのは簡単だよ、他人事だからでしょ?」

と愚痴ってみたところで自分から環境を変える!と決断しない限り平行線ですよね。

環境を変えるとは何も即辞職という事ではなく

自ら率先して社内環境の改善に働きかけるとか、一人が厳しいなら

共通の意識を持った同僚とそのまた同僚と働きかけて一定のアクションを起こす事は

可能じゃないでしょうか。

看護報酬に関していえばその勤め先・病院の経営状況だったり

医療保険という国がらみの仕組みに則ったものによる為、

3か月後には給与アップ!とはならないものです。

生活の安定と引き換えに劣悪な労働環境に身を投じ続けるか

環境を変える決断をするか

日々、葛藤されている看護師の心情は穏やかではないようです。

まぁ、このように断定してもいけないんですけどね。

実際は、劣悪な環境じゃないしコミュニケーションバッチリだし

給与も満足しているという看護師もいるでしょうから。

色々述べてまいりましたが、一つ提案したいのですよ。

潜在看護師の皆様。介護タクシードライバーはいかが?

実際、看護師としてキャリアを積み重ねた女性ドライバーが

介護タクシー・福祉タクシーを開業して自分らしく活躍されているという実情は

あるんですよ。

んで、それって結構強みになるんですね。何故かと言えば

  • 移送中の吸入酸素・痰吸引・人工呼吸器の取り扱いやケアが出来る事例がある
  • 男性が行き届かない女性ならではの細やかな心配りが安心感を与える
  • 同性へのデリケートなケアも女性ならでは出来る事(排せつなど)

最初に掲げている医療ケアが出来るという所が何よりの強みでしょう。

例えば当社の事業所に「痰吸引・酸素吸入使用者のストレッチャー医療搬送をお願いしたいんだけど」と依頼があった際、一人で動いているワタシは看護師資格を持った人間を付き添い席に乗せなければその案件は受ける事が出来ないんですね。

タクシー利用者にはその看護師一人分の人件費を別途請求しなければなりません。

事業所にもよりますが2時間¥12,000ほど実費負担がかかります。

それが看護師の資格保持者で痰吸引・酸素吸入者のケアも経験してきた看護師

ドライバーなら一人で対応できる事例もあるという事です。その際、付き添い看護師一人分の人件費が浮きます。

また、看護師としての国家資格保有者という事で

ワタシも含めた一般介護タクシードライバーよりも強みがあるというPR営業が

病院連携室や訪問看護事業所などに働きかけられるんです。

これは大きいと思いますよ。

hospital-1822460_1280

誤解されてはいけないので補足しますが、

看護師ドライバーが単独で移送する場合、

患者に対して福祉・介護タクシーを一時停止した後、

医療ケア・対応しても問題が無いだろう、と医師側に認められた時だけなんですけど。

救急搬送とまでは行かないけれど移送中に医療ケアを要する案件はニーズとしてあります。

俗にいう、民間救急車がその役割を担っていますね。

救急車不適正使用と比べてはなりませんが、

このニーズに応えられるという事も看護師介護タクシードライバーならではの

社会貢献に繋がります。

また、介護タクシーは自分の裁量で仕事を受けたり営業時間をコントロールする

事も可能ですよ。

なんたって個人事業主、つまり、貴方が経営者なんですから。

誰に指図されるわけでも無く自分の思うように営業や事業展開が図れますし。

会社に属しているなら基本、そのルールに則って動かなければなりませんが

個人事業主ならその縛りから解放されます。

ワタシも日々、その開放感を味わっている所です(笑)

それがなくちゃスモールビジネスをやってられませんから。

それじゃあ、介護タクシービジネスの現状ってどうなの?

と疑問に思われた方はどうぞこちらを覗いてみてください。

勿論、男性看護師からの相談も受け付けておりますのでー。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加