福祉タクシー開業者は自ら仕事を取りに行かねばならない。協会・グループ・組合のサポートなどあてにしてはならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
taxis-1692404_640

別に介護タクシー協会やグループをバッシングしているわけでもなく。

私自身がその組合に属していた経験や体験から導き出した自論であり、4年前にその組織から脱退する決断を下した今現在も、一片の後悔もない事実でもあるんです。

協会やグループ団体、組織に属すれば

  • 仕事をまわしてくれるだろう
  • 仕事が効率的に得られるだろう
  • 代わりに関係先に営業してくれるから
  • 志同じくした仲間たちと繋がれるから
  • 有益な情報交換が得られるから

などの安心感が得られるだろうと考え、先行き見えない起業の不安を少しでも取り除くべく入会を決意されるんですね。

さて、入会してみてどうでしょう。

そのようなメリットはしっかりと得られたでしょうか。

分け隔てなく配車してくれたでしょうか。

協会が掲げる理念どおりのサポート・バックアップは感じたでしょうか。

入会金・月会費・配車手数料を支払っている以上のメリットは実感していますでしょうか。

私はそのような実感が得られなかったため、投下したお金が投資として感じられなかった為、組合を抜けたわけなんです。

貴方が属している団体・組合・組織・協会はどうなんでしょうか。

「うるせぇ、分かったような事ぬかすんじゃねぇ、こちとら、繋がり結束力バッチリでぇ!協会に入ったからこそ向上心を持った同志ばっかりと情報交換を有意義に行い、移動困難者への社会貢献にも繋がる活動や功績を残してらぁ!!スキルアップ講習も頻繁に行い、お客様・患者様へ安心と信頼に繋がるプロとしての誇りを持ってサービス提供しているきに!おめぇのような愚痴をこぼす奴ぁ、人っ子一人いねぇときたもんだ!!ホンマやで!!」

と、

いう現状ならそれで良しなんですが、

不満や愚痴や苛立ちが日々こぼれるようならキッパリ脱退すべきだと思いますね。以前の私のように。

組織に属すると能動的行為・狩猟的行動がどうしたって削がれる

気づきました?

冒頭・箇条書きのような心持ちって、受動的であり、待ちの姿勢なんです。

どうにかなるだろう、やってくれるだろう、してくれるだろう、何とかしてくれるだろうのだろう馬鹿野郎なんですね(笑)

気持ちを入れ替えれば、

  • 仕事を取りに行こう
  • 仕事を効率的に回すにはどうしたらいいだろうか
  • お仕事が頂ける関係先ってどこなんだろうか、先行き見据えてどこにPRすればいいか
  • 評判の良い同業者の動きは?どうやって接点をもてばいいのか
  • 業界の動向・未来は明るいか?それとも斜陽産業なのか?

となります。

これらの視点って能動的であり、積極的な姿勢ですよね。やはり、基本的に、自らアクションを起こしていくというものでなければ事業って成り立たないのではないでしょうか。

貴方が今、どの立ち位置に居るのか私は知る由もありませんが、

属している組織へ支払ったコスト以上のリターンが得られているのか、

基本のセオリーがきちんと執り行われているのか今一度、自己を振り返ってみるのもいいかもしれません。

まぁ、ある人にとっては、コスパよりも、繋がりを大事にしたい・一人では不安だからという意識が強くて組織へ属している・属していたいという方もいらっしゃるやもしれません。

身もふたもない言い方をすれば、

この業界って、横のつながりはそれほどないんですよ。

基本、個人事業主の一匹狼(オオカミは言い過ぎかw)ですし、当たり前に自分の利益が一番大事で、同業者からお仕事を頂いたり逆に振ったりと持ちつ持たれつの関係性ではあるものの、適度な距離感も必要なわけで。

決して、肩を組んで同じ方向に歩んではならないんです。

1.5メートルの距離感で挨拶だけはキッチリ、、という感じでいいかなと思っているんですが。

伝わっていますか?(笑)

組合・協会・グループが存続していく為に

会員からの会費や入会金で賄われているわけで、そのお金の流れを否定しているわけではありません。開業志望者がそのシステム(行政書士へ開業申請依頼・コールセンターからの配車依頼・事務員・役員への相談事・各業界団体との連携・慰労会、懇親会の催し・研修への参加)をうまく活用しながら事業運営に光が当たればそれで良しなのですから。

とはいえ、志高く・社会貢献の理念を持った組織が影響力を持っていくほどに、そこに旨味を感じて入会する会員数が増加していくほどに統制がとれなくなったり、会員からの貴重な運営費を私的に横領するなど、ゲス極み的人間が誕生する現実もあるわけです。これまで何度もそのようなニュースを目にしてきましたよね。

組織=安定ではないわけです。

個人=不安定でもないわけです。

その組合・協会・団体・グループに属していようがいまいが、

自ら情報を取りに行き、自らの頭で考え、自ら試行錯誤を繰り返し、自ら動くの基本姿勢を備えていたいものです。

蛇足ですが、介護タクシーの開業って、協会に属さなければ申請が下りないと思っている方がいまだにいらっしゃいますが、そんな事はありません。

行政書士の資格がなくても開業申請できますし、書類の不備や事業計画がしっかり立っていて、必要資格を備えていれば事業認可は降りるんですよ。その分、大変ですけどね。

何かあれば、ご相談くださいねー。

開業セッションはこちら

300円で得られる介護タクシー開業者が心に留めておくべき10か条

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加