英会話が喋れるようになるまであと1年以上?それ以上?結局は現場の空気にまみれる事が上達への近道だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0196

いやはや。ここまで会話が成り立たないものか。オンライン英会話を週5日以上、一日25分、海外講師とスカイプでやりとりするのだが、これが予想以上にキツイ。キツイというのは日本語思考から英語文法へと変換する際にものすごく時間がかかるのだ。しかも悩んだ時間の割にほとんど間違っているという(笑)

ワタシが取り組んでいるレッスンはこちら。

改めて今現在のワタシの英会話習得に対する取り組みをざらっと箇条書きに連ねてみる。

  • オンラインレッスン前に15分ほどの予習・復習をする
  • その予習・復習プログラム内容は音声英語を聞き取り,英単語で書けるかの教材であったり
  • その他にも日本語文法から英語文法へと変換できるかの教材もある
  • オンライン内容もフリートーク・講師に任せる・教材を使用するなどから選択できる
  • その日のやる気次第でレッスン終了後、教材で復習を10分ほどw

まぁ、このような内容を日々取り組んでいるわけだが。まぁ、進歩のない事(笑)自分には英会話なんて無理だ、、という挫折感を日々味わい辛酸をなめつくしている次第だ。何故、介護タクシー事業者が英語を?と思いの方へかいつまんで話すと沖縄へ観光にこられるインバウンド障がい者や車椅子ユーザーを案内したいという狙いがあるからだ。それには会話無くして成り立たないわけで今年の2月から一念発起して今まで継続しているのだが。

このDMM英会話には個人がどれだけ英会話習得に費やしたかの目安となるカウンター数字がある。生の海外講師とのやり取りに費やした時間は今現在で4825分。およそ79時間ほどセルビアやフィリピンや南アフリカなどの講師たちと日本語一切なしの会話のやり取りを行ってきたことになる。(教材の予習・復習時間は32時間ほど)

こうやって数字を日数に変換してみるとこの程度の積み重ねか、と実感する。そりゃ、3日で英会話が出来るようになるわけがない。とはいっても79時間みっちりやってきたともいえるのだが現実はそう甘くないという事がこのオンライン取り組みでわかった。

いや、実は過去にこのオンラインだけでは英会話習得に時間がかかりすぎるという予感はしておりワタシは夜の外人バーへ2、3回ほど一人で武者修行に乗り込んだことがある。その時もグダグダだったが、オンラインでは学べないシャバの外人の会話を味わったものだ。お酒もお互い交えながら会話のやり取りが出来るのだからその夜の社交街での会話とオンラインレッスンを定期的に組み合わせれば進歩は早いだろうと予測される。

ワタシが思うにSNS上にタイムラインで流れてくる【3か月で喋れるようになる英会話レッスン!】や【聞き流しながら隙間時間で英語が喋れるようになる!】は嘘つくんじゃねぇ・そんな簡単にいかねえよと断言する。まぁ、喋れる、という定義もその教材・講座がどこまでのレベルを目指しているのかが重要で、中学生レベルなのか、ビジネスレベルなのか、雑談が出来なくてもビジネス上のやり取りが可能ならそれでよしとするのかで違ってくるわけなのだが、

とにもかくにも一筋縄ではいかぬ荒行という事だけは確信できた。

英会話留学とか英会話講座とか会話を習得する手段は幾多あるが、結局のところ、ネイティブとの対話・会話時間をどれだけ確保できるか、が勝負なのだ。

今ワタシに足りないのはもっとネイティブとのコミュニケーション時間を増やす取り組みをすること。それに尽きる。しかしながら、ワタシが今現在取り組んでいるDMM英会話はオススメと言えばお勧めだ。何だかアフィリエイトブログになっているが(実際そうだしw)これだけのコストでこれだけの充実したプログラムなら文句のつけようがない。教材・レッスンプログラムの環境は整いすぎくらいに整っている。あとはどれだけ習得や会話に時間を費やすか、ここがミソだ。

結局は本人のやる気次第で英語が喋れるようになるかどうかというシンプルな真実。

これからも地道にコツコツと継続していきたい。そして、ワンオクのtakaみたいにネイティブ発音でエリッククラプトンのChangeTheWorldを熱唱出来たらなと妄想が止まらないのだ。

これが結構モチベーションになっていたりする。(笑)

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加