愛すべき愛車!俺のジムニースコットバージョン・自慢のカスタム特とご覧あれ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
所(1056)ならぬ花城(8746)。
丸パクリやないかーい。

一部の根強いファンの方からの

ジムニーブログ投稿熱望により、久々に開催します。

自ら築き上げた自慢のジムニーカスタム。

まぁ、

ジムニー好きって、自ら手入れをし、

自ら改造・整備を行うため私のような人間は珍しい事じゃないんですけど(苦笑)

自慢にもならない自慢です(でも自慢)

この角度もカッコいい、ジムニーって言い表せない魅力の塊。

この角度もカッコいい、ジムニーって一言で言い表せない魅力の塊。

遊びの天才・所ジョージ氏。

世田谷ベースと言うアメリカの空軍基地をモチーフとしたカッコいい遊びの基地を

世田谷に作り出し、

BSフジで毎度毎度、楽しみながら人生生きて行けよの様をお伝えしており、

ワタシのジムニーもその影響をふんだんに受け取っているのです。

ご存知の方はご存知。ステンシルを施した。

ご存知の方はご存知。ステンシルを施した。

米軍車両のボディあちこちに数字やアルファベットの羅列が

あるのをご存知だろうか。

所さんは所有のベンツやハーレーやモデルガンにこのステンシルを施し、

その英数字が醸し出す何とも言えないカッコよさにいち早く気付いた天才。

そのマネをしたくなったんだなー。

JA11オールドジムニーにステンシルカスタムすりゃマジ半端ねぇ カッケェって奴

未だに意味わかんないけど多分、『俺はアルコールとミルクティーが好きなんだ』という意味付けでスプレー吹いたかな(笑)

『アルコールとミルクティー好き以外は運転するな』という意味付けでスプレー吹いたかな(笑)

くだらない意味でも何だかカッコよくなる。

ジムニーと言う4駆のオフロード専用車なら尚更引き立つのだよ。

外人も漢字の羅列を体に彫り込むけど同じ理由だろうな。

かすんでいる当たりが歴史を感じるじゃない(笑)

かすんでいる当たりが歴史を感じるじゃない(笑)

因みに

8746.COMとステンシルしたんだよ。

続いて後ろタイヤの泥除けをご覧ください。

ギンバルコマンド。

ギンバルコマンド。

ワタシの生まれ育った地域の名称と司令部と言う意味を盛り込んだ。

うん、

カッコいいな。

K&Nエアクリーナー。銀色の囲いにご注目。

K&Nエアクリーナー。銀色の囲いにご注目。

このきのこ形の部品は純正品より多くの空気を吸い込む事に効果を発揮します。

(本当はコンピューターセッティングした方がイイらしい)

囲いはエンジンルームの熱い空気を吸わないように自分で作りました。

あと、左下にあるパイプは。。。。。。

こちら、フロントグリルに繋がっておりダイレクトに走行封を取り入れるのよ。

こちら、フロントグリルに繋がっておりダイレクトに走行風を取り入れるのよ。

特に高速道路なんかの勢い良い冷たい空気を取り入れる事により

心地よいエンジンフィーリングを味わえるんだな。

若干パワーアップしたかのような体感が得られます。

インタークーラースプレーは使用停止。

インタークーラースプレーは使用停止。

まぁ、好きと言う情熱があればここまで自作でやりこむんですね。

いや、

大したことないんですよ、本物のジムニストはこのレベルで治まらないイジり方しますからね(笑)

後はインタークーラ―からスロットルまでのパイプの役割を増幅させるトライフォースの ファンネルスロットルチャンバー も買いました。

円筒形の部分で一旦空気をため込む構造になっており、

ズバッとエンジンに送り込む事によりパワーアップが図れるというモノ。

うん、確かに、信号待ちから60㌔にかけての低速・中速の立ち上がりに体感が得られました。投資した甲斐がありましたよ(笑)

これも苦労したなぁ。自作プラグコード遮熱版

これも苦労したなぁ。自作プラグコード遮熱版

この遮熱版は純正状態から取り付けられていません。

600℃強の温度を放つエキゾースト・マニホールドが近くのイリジウムレッドプラグコード(赤いホースのやつね)へダメージを与えたり、

何より、すぐ傍に空気を取り入れるエアクリーナーがあるため

熱い空気よりは少しでも冷たい空気がイイだろうというワタシなりの配慮。

1ミリ厚ほどのステンプレートと耐熱用の布を同時に挟み込みました。

暇人の成せる業です、褒めてやってください。

これまた、ありあわせの自作マスターシリンダーストッパー。

これまた、ありあわせの自作マスターシリンダーストッパー。

持って生まれた貧乏根性が力を発揮し

倉庫の中から集めたステン棒とプレートを溶接、

赤い土台も溶接で無理やり作り上げ無理やり取り付け。

車・バイクの改造なんてオナニーのような自己満足なのです。

女性のみなさん、許してやってください。

因みに、このマスタシリンダーストッパーはメーカーからキチンと販売されてます。

これを取り付けた事によりブレーキのタッチ・フィーリングがかなり良くなりました。

おススメです。

これが一番苦労したかも? 何せ、タントカスタムの発電機だから(笑)

これが一番苦労したかも?
何せ、タントカスタムの発電機だから(笑)

強烈な火花を作り出したり、バッテリーへ電気を送り出す要の

発電機(オルタネーター・昔の人はダイナモともいう)を

純正のよりも強力に電気を作り出す タントカスタム のオルタネーター

無理やり取り付け。

※アジャストボルト側・ボディに一部削り加工とエンジンボディ側での加工が必要になります。

この茶色いステーも自作なのだ。

この茶色いステーも自作なのだ。

今考えりゃ、情熱があったなぁ。

削ってサイズ図って溶接して、、、という手間をかけても

やりたかったことだったんだよ。

好きっていそういう事か。

正直、前ほどの情熱は薄れているけど(笑)

だからこそ、これだけの手間をかけて、

購入して一度たりとも修理工場のお世話にならず車検もクリアし

いまだ乗り続けてるんだから。

ハイブリッドカーとか、電気自動車とか、

はては、

自動運転車まで出てきた現代にこのような手間暇をかけなけりゃならない

ジムニ―という車はどのように映っているのかわからないけれども

こういうクルマ好きの人は全国各地に確実に存在しており、

その、自分の手をかけてでも乗り続けたいという意思を

捻じ曲げるような馬鹿な法律をこれ以上作らないでほしいと

思ったものです。

ふう、疲れた。(笑)

(このブログを参考にカスタムを行う際も自己責任でお願いいたします。車イジリが何時までも楽しめる日本でありますように)

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加