愛車ja11ジムニースコットの部品を調達し、自分で取り付け、走る喜びを感じる。そんな時代はいずれ終わるのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_20160131_173938

いやぁ、無事直って今の所、

しっかりと走っております。

リビルトオルタネーター交換記事についてはこちら。

壊れていたオルタネーターもゆうパックで返却しましたし、

バッテリーも新品に取り換え

(もう4000円バッテリーでいいなw)

自分が走らせたいな、と思ったときに動いてくれるジムニーが

ワタシの元に帰ってきました。

しかしね、

出足のスタートが弱いんですよ、以前のようなグッとくる

力強いスタートダッシュが無い。

何が原因かなって考えると、

1万円以上もする自己満足バッテリーが普通のバッテリーに戻ったのと、

プラグに火花を届ける電装系の力強さを増してくれる

ホットイナズマを取り外したからなのかなぁ?と思っているんですが。

10年保証10万キロ、どちらか早く到達するまでのロングラン保証。

10年保証10万キロ、どちらか早く到達するまでのロングラン保証のパナソニックカオスバッテリー

だけど、ワタシの場合、

使用期間6年10か月ほどと、実走行3万5千キロ余でバッテリーがアウト。

まぁ、その使用期間の間にうっかりルームランプをつけっぱなしのまま

一日以上放置したのが原因で

完全にバッテリーが上がってしまったんですよ。

これが一番、バッテリーの寿命を縮めるんですねぇ。

一度上げてしまったら充電器でチャージしても

本来の状態から3割減の回復しかないと判断してください。

左側に見えるゴールドのホットイナズマ

左側に見えるゴールドのホットイナズマ

★送料無料★ホットイナズマEX MR マルチタイプ 12V車用街乗りからスポーツ走行な全域向き【トルクアップ】【送料無料】 10%OFF

こういったカスタムを楽しめる事こそ

人生における幸せの一部なのですよ。

分かる人には分かる、、と言う奴ですが。

近年、

自動運転車走行の実証実験、そしてそれに向けての法律の整備が検討され、

このジムニ―よりも複雑化した現代のクルマのメカニズムは

ワタシが機械いじりに明け暮れていた当時の知識・経験では

最早、太刀打ちできないのです。

(歯向かうとかそんなものでないw)

より、時代はオートメーション化に向けて進んでおり、

ワタシのような機械いじりをして

人生の余白を楽しむ、と言う遊びが

これからも出来るのか?

素人には部品の発注もさせてもらえなくなったりしないか?

そんな事を妄想するのですよ。

欧州では1960年代~70年代にかけてのクラシックカーを

今でも大事にしようという空気があるようで

カーオーナーたちが所有の愛車を披露しあう展示会のようなものを

はるかかなたの日本から見るにつけ、

ワタシのジムニーもいずれオールドカーとして位置づけられ、

「おお!そんな角ばったボディの板バネサスペンションなんて化石!化石時代のクルマだよ、逆にNOWいじゃないか!!」

という外国人記者からの賞賛の言葉をもらうまでは

所有し続けてやるかと思ったものです。

あ、

エンジンオイルも1年も交換してない、

ヤバいよ、ヤバいよ。(笑)

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加