JA11リヤホイルシリンダ・マスターシリンダーから液漏れ(笑)貴方はそれでもジムニーに乗りますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シルバーボディのあたりに
白い粉がついてまんがな。

そういう事なんです。

ジムニー所有者なら痛いほど分かるこの思い。

あっち直せばこっちが壊れる。

という事は、

直しても壊れるんならめんどくせぇからエコカーや

新車の軽自動車買っちまえよ、との思考に行きがちなのです。

それも当然の考えです。

クルマに対する意味・意義はそれぞれで

価値観が違う人間が共生しているように

そのタイミングで手放してもそれも一つの決断。

何が正しい、

何が間違っているなんて所詮、個人一人の思考で推し量るなんて

傲慢にもほどがあるってもんです。(笑)

今度はマスターシリンダー・リヤホイルシリンダ―からの液漏れ

先日、オルタネーター直したと思ったら、今度はこれですわ。

パイプの先端周辺が濡れてますね。

パイプの先端周辺が濡れてますね。

通常はこのような色の変化はありません。

こちらの場所は助手席側・リヤのブレーキを司るホイルシリンダからの

ブレーキ液の液漏れによる色の変化。

実はこの場所は何度もOH(ブーツ・カップの取り換え、掃除)も行い、

それでも液漏れしているため

解体屋の部品取り車から1500円?で購入、

取り付けてみたものの、この有り様。

(分かってたんだけどw安く済ませたいさぁねぇ)

エンジンルームも点検すると、、、

シルバーボディのあたりに 白い粉がついてまんがな。

シルバーボディのあたりに白い粉がついてまんがな。ブレーキ液の漏れなんですね。

ここは過去にOHを2度ほど行っております。

15万キロに一回はやった方がイイとネットか本(オートメカニックだったかな?)で

知識を入れていたため、素直にそのように行ったんですが。

ジムニ―専門ショップの親父の意見を借りれば

『ああ、そこは液漏れしない限り基本、触らない方がイイんだよ』と、

事後報告(笑)

終わった後に聞きたくねぇ!!!!!

そういう欲しい情報ってだいたい後から聞かされるし!!!

ブレーキカップやピストン周辺の掃除、Oリングの交換をもってしても

この有り様。

どうやら、リビルト製品か

社外品を取り寄せ、なるべく費用を抑える方向で

修理する必要がありそうです。

オルタネーターを直したかと思えば、

今度は

リヤ・ホイルシリンダとブレーキマスターシリンダーの交換。

この現実と向き合えるかどうかが

ジムニ―を本当の意味で好きかどうかのターニングポイントだと

個人的に思います。

誰か、

修理代振り込んで(笑)

あ。バッテリーは格安品で済ませました。w

あ。バッテリーは格安品で済ませました。w

後ね。

これだけ言っておきましょう。

この左側・ゴールドのホットイナズマタイプMRに注目。

この左側・ゴールドのホットイナズマタイプMRに注目。

コイツを取り外すとスタートダッシュが弱くなりました。

再び取り付けると明らかにスタートダッシュ・60キロまでの加速、

そして、高速道路での走行が

スムーズになりました。

ワタシの体験上、体感できるほどの良品だと思います。

★送料無料★ホットイナズマEX MR マルチタイプ 12V車用街乗りからスポーツ走行な全域向き【トルクアップ】【送料無料】 10%OFF

こちらを参考に、

ご自分の判断のもとに購入されてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加