節目の100件ブログ投稿。今一度、何故ブログを書き続けるかを振り返ってみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0349

初めてブログなる、自己表現の道具を活用したてぃーだブログ。

その活用期間は2年余。

このワードプレスを活用し出したのが今年の2月中旬。

去年の11月のてぃーだブログから現在活用中のワードプレスで毎日更新を

継続し、

このブログ投稿で丁度100件という事もあり、

(ワードプレスサイトで100件目です。)

今一度、自己に問い掛けます。

ブログなんか書き続けて意味あるの?いい事あった?

はっきり言いましょう。

書かなければよかった。

書いても意味ねぇし。

とは一切思わないです。

書いても意味ねぇし、、ではなく、

このまま書き続けても意味あんのかな?とは思ったりしたけど。(苦笑

お恥ずかしい過去を暴露すれば、

自分の事業がうまく行かない事から逃げ、

不労所得を得たいと低コスト・ハイリターンが見込めると噂になった

ネットビジネス(アフィリエイト・転売ビジネスなど)をはじめようと、

その際、

ブログからスタートした方がイイだろうという自己判断からワタシのブログは

スタートしました。

まずはアフィリエイトありきだったんですね。

(はずっ!!今考えても恥ずかしいw)

勿論、

アフィリエイト・転売ビジネスが悪いとかでなく、

そのビジネスを継続している方も現におられ、

その収入を得られるまでの地道な積み上げがゆえの書籍出版だったり、

各地でのセミナー開催が行われたりしていたのですが。

てぃーだブログを書き続けていく中で

モヤモヤとした思いが出てきました。

これは続けていくべき取り組みなのか?と考えたのです。

何かしっくりこない。

それよりも自分が今まで取り組んできた介護タクシーの経験・体験を

発信し、

そこからお仕事に繋がれば、、、というスタンスに切り替わり、

続けていたのですが、

それも、

現在はニュアンスが変わってきています。

もう一度聞く。何でブログ書いてんの?

あえての箇条書き。

  • その日の出来事・過去の体験・世情などを自分というフィルターを通して

   編集して構成して発信する取り組みが若干楽しい。

  • その編集するという事が良い意味でのストレスを生み出し、

   自己表現をする上で欠かせないスキルだと気づかされた。

  • 好きな事を発信し、そこで生まれる繋がりを大事にしたい。

  • 書き続ける事でブログ表現力は確実に上がり、

   結果、ワタシ自身が影響されたブログ投稿者との出会いへの欲求を生み出し、

   その方からお褒めの言葉を頂いたこと。

  これは、何よりも嬉しかった。

(これは結果論だな(笑) 褒められたくて書いてるわけじゃないし)

代表取締役・無職の坪井秀樹氏。ダンディズム親父の鑑だ。

代表取締役・無職の坪井秀樹氏。ダンディズム親父の鑑だ。

皆さんにもぜひ、読んでほしいな。

坪井秀樹の『理由なき反抗期』

こうやってみてもブログの影響力ってすごいと思う。

その人の人間性・思想・概念・人柄が文字として伝わり、

その積み重なった記事は資産となり、

ワタシはその人に会いに行きたいという欲求を掻き立てられた

媒体となったのだから。

まだまだ、書き足りないが、

1000文字超えてきたのでひとまず終了しますね。

あ、

この人のブログも読んでほしいな。

シナジーブレイン・安田修氏

これから起業しようと考えの方は

この方のブログをぜひ読むべし。

この方の信条は2000文字で自己表現されるのですが、

すらすらと読み進められ、

大変勉強になります。

嫉妬するくらいの文章力のウマさ!!!

あ、

結局、1300文字になっちまったな(笑)

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加