体験に・経験にお金を払う。イエローモンキーライブは消費でなく投資なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0593

いやー、

やっぱりイイですね!

飛行機離発着時の加速・減速Gは!!!

3650日以来の飛行機はそれは感慨深いものがありましたが、

何だか半年前にも乗ったようなそこまで懐かしいものって感じでもなく

デジャヴ的体験でありました。

ワタシの衝動的興奮材料は非日常的高所と

日常生活で味わえない加速体験なのです。最高でした。

違うよね。タイトル表記と内容が一致していないね。取り直すよ。

187文字も無駄打ちしました。

今回のイエローモンキー・スーパージャパンツアー2016は単純にファンだからとか、

仕事でたまったストレス解消のため、、、ではないんです。

(その要素もゼロじゃないですよw)

こういう垂れ幕っつうの?ライブ開始までの興奮材料になるよね。

こういう垂れ幕っつうの?ライブ開始までの興奮材料になるよね。

DSC_0534

ブレてるけどこの会場出入り口付近に喫煙者用の灰皿が。空気よどんで火事の初期症状かと思ったよ。

Facebook投稿では詰めて8人くらいかな、と言ったけど10人はイケると思う。

Facebook投稿では詰めて8人くらいかな、と言ったけど10人はイケると思う。BY広島グリーンアリーナ

いや、

楽しみで臨んだのはまちがいないのですが、

今回のイエローモンキーライブは

予想と現実のギャップをいかに埋め合わせするかの

旅力(たびりょく)

の経験値を結果として

レベルアアップさせてくれました。

さて、予想と現実のギャップって?

実は今回の1泊2日のスケジュールは、

計画段階ではライブ以外の見学場所(原爆ドーム・平和記念資料館)

現地でのオススメグルメの食事などを

考慮して楽しもうと考えていたんです。

それが現場に訪れてみると、

10年ぶりの本土への到着という事もあり、

以前のような電車・新幹線・バスの効率的なスムーズな

利用の仕方というか、

感覚が鈍っていたんですね。

(神奈川・愛知県に住んでおりました。)

沖縄から旅立つ前に頭の中でシュミレーションしていたものと、

現地に降り立った後からの空気感、肌感覚のズレみたいなものが

生じたんです。

その感覚を取り戻す作業と、

やはりネット検索では実感しづらい現地ならではの問題を

クリアするにあたって役立ったのが

居酒屋のトイレに貼ってある、いわゆる

親父の小言

ってやつです。

分からなくなったら聞けばいいんだよ。

亡くなった親父はそう、ワタシにつぶやきました。

シンプルな真理です。

でも、ことあるごとの困った状況でこの小言は役立ってくれました。

(路線バスの乗り継ぎ方、場所、飲み屋の場所w、電車から新幹線駅への最短ルートなど)

バスの運転手に、

タクシーの運転手に、

コインパーキングの愛想悪すぎのオタクに、

カプセルホテルの姉さんに、

みどりの窓口・受付スタッフに、

ヤバい!と直感的に思ったらすぐに聞きました。

結果として、

時間の都合上、広島グルメを食する余裕はなかったのですが、

その食欲を満たせなかった若干の後悔の念も含めて、

今回のイエローモンキーライブはワタシにとって

自己成長の旅となったわけですが、

その旅とは

自分がその目的を成し遂げたいための

様々なハードルをクリアしていく

現場力を鍛えてくれるんですね。

皆さんにとって旅とはどのような価値をもたらしているのでしょうか。

今回の一人旅は

充実感と、

若干の緊張感と、

又、旅に出たいという気持ちにさせられました。

何せ、

広島焼き

府中焼き

尾道ラーメン

食べれなかったし。

次だな。次。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加