給料が上がらないと愚痴が止まらないなら起業すればいいだろうというブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_1096

定時を過ぎても働かされ、残業手当もつかない最低会社。

上司が自分の働きを認めてくれないから。

営業でこんだけの実績を上げているのに歩合すらもつかねぇじゃねぇか。

10年働いても社長は俺の事なんて見てくれてない、ボーナスも貰えない。

あいつ、仕事なんてしていないくせにベンツ・BMW・レクサスなんか乗りやがって。

愚痴るぐらいなら起業してみれば?自分で。

こういってもその人に伝わらないのは知っている。

何よりワタシ自身が会社員時代(仮設電気工事時代)に

月13万の給料を頂きながら仕事終わりに

居酒屋で同級生と愚痴りまくっていたからだ。

あの係長がくだらねぇ。

ぎゃあぎゃあうるさい癖に仕事はできないんだぜ。

俺たち仕事出来てきたのにまだこんな給料?

今現在、自分で法人設立をして

1人で一台の介護タクシーでお仕事に携わっているが

何ともお恥ずかしい愚痴だ。

のび太の勉強机引き出しから入って過去の自分に悶絶レベルの

浣腸をくらわしてやりたいくらいと思うほどだ。

暇さえありゃ、

このようなボヤキ・つぶやきしかできない奴は

時代のせいにするし、人に責任押し付けるし、

何より課題にぶち当たったとき

要領よく逃げる事しかしない。

でも、給料はしっかり頂く。

営業で他の誰よりも成績優秀だと自負するなら

そのあり触れる自信を背負いながら自分で起業してみるとイイ。

社長が遊んでいるという情報を確証も得ず、

職場仲間から聞いただけでそのまま受け取り、

『こんな高級外車なんか乗らないで俺たちの給料上げろや!』

とデカい顔をのさばらすなら自分で会社を立ち上げ

稼ぎまくり外車を会社の経費にするといい。

どれだけ会社の恩恵を受けているか身の程を知るだろう。

会社に仕事があるという事は信用あってのことだ。

(ここでは談合とかその類の話は抜きにする。)

いや、

ある種、談合すらも周辺の相手との関係性を築き上げ

一定の信用が担保されてこそのお仕事成立だ。

この愚痴だけを吐きまくる阿呆は

少ないとはいえ毎月定額の給与が頂けるという事実をどれほどありがたいかを

知らない、学ぼうともしない。

正社員の立場なら尚更、

社会保険や会社からの制服支給・備品支給・有給制度など

福利厚生の恩恵がどれだけありがたいかも知らない、

学ぼうともしない。

因みに貴方は月いくらの給与を頂いているだろうか。

例えば15万としようか。

それだとしたら

会社が会社として存続しながら貴方が毎月銀行に振り込まれる

その15万を頂くためにどれだけ売り上げを稼ぎ出せばいいか

調べてみた事はあるだろうか。

端的にいうと3倍の

45万だ。

いや、

その会社が存続するためには宣伝費(チラシ・ネットサーバー代・名刺など)や

高速道路代・会社車両の車検、修理代、部品代・

事務所光熱費などいろいろ換算すると

10倍以上の150万円だともいわれる。

業種の設備規模の大小によって統一ではないが

最低でも3倍以上稼がないと

いざ病気になったとき実費で病院代を支払わなければならないし、

年金の支払いも出来ない。

参考までにこちらね。

貴方はその3倍以上の売り上げの働きを

日々行っているだろうか。

ワタシはその日5000円稼ぐのにも難儀をする事もある。

5000円の売り上げを頂けるために予約を貰わねば

話にもならないわけで

お仕事を頂くために介護タクシーを走らせガソリンを消費し、

営業先で頭を下げ、

どうやったら効果的に相手にお仕事の魅力が伝わるか、夜中に考えたアイデアの

塊の販促物を手渡し、

相手に伝わるにはどうしたらいいかの学びを本なり研修なりお金を投資して

検証を繰り返して。。。。。

この手の警鐘を鳴らすブログはいくつもあるだろうが

やっぱりその立場になってみなきゃこの1400文字数も伝わらないのは

重々承知しながらも

会社が悪い、時代が悪いと思うなら一度起業してみてはいかがだろうか。

お仕事が頂けるという事実に感謝するだろうから。

その意味合いが本で学ぶよりも

このブログで学ぶよりも

百倍も身に染みるはずだから。

何より、

自分の力量の貧困具合を学ぶだろうから。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加