ブログ論。毎日更新か良質を追求しての定期発信か。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0093

影響力・発信力のある方が唱えるここ最近のブログ論に「毎日更新にこだわる必要がなくなった」というものがある。。確かにこの主張は外れていないとも思える。

ブログを始めて新たな出会いが増えた、お仕事につながった、思考が整理され発信力がついた、情報と自己の体験を組み合わせた編集力が身に付いた、、、など実績を上げた方が発する言葉はやはり説得力があるため今までインターネットは閲覧のみというネットサーフィンや仕事をよりよくしたい、、という人々がこぞってブログを開設したという報告がSNS上で見られる。

そうやってブログ開設者も増え、それに伴い、ブログ業界の通説でもあった毎日更新の掟をとにかく守ろう・憧れのあの人のように影響力と実績とそれに伴った収入が欲しいという切実な思いでブログに向き合った方は果たして何名・何千名・何万人いたのか。

ワタシもご多分に漏れずその影響を受けた一人で、ブログで人生が変わったという方々に習ってひたすら毎日更新を心がけてきた。このワードプレスサイトでは一年間毎日更新では無いが以前のブログサイト・てぃーだブログでの発信からカウントすると2015年11月10日から毎日更新しているため大きなくくりではひとまずの目標であった『一年間・毎日ブログ更新』は達成されたことになる。

何が変わったか。

そう、何も変わってなどいない。収入も身長も生え際の軟毛も伸びない、伸びていない(笑)

たかが一年だから?

じゃあ、辞めるのか、ブログを。毎日更新という最早、そこまでこだわる必要のない掟を。

いや、そうではない。そうではないがこの毎日更新にこだわる必要のないという論調に付随している『ゴミ記事をさらすよりは質が担保された良記事を発信せよ』という文言がある。このゴミ記事をさらすよりは、、にも幾分か納得できる所はあり、ワタシのブログをご覧の奇特な読者は発信内容に関して時々違和感を感じている事があるだろう。

『こいつ、何が言いたいのか?』『介護タクシーのサイトなのに関係のない個人の趣向・趣味を発信しているけど』『何か、前回読んだ時より大したことないなぁ、、、』というような。

仰る通りだ。自分でも感じている事だが『毎日更新』がありきで内容が読むに値しないゴミ記事となっている事は薄々承知しているw。しかしながら発信側の意図しない所でブログがバズったり思いもかけない反響があると結局の所、『発信してみなけりゃわからない』『発信し続けなけりゃ効果が出るも出ないもわからない』という現時点の結論に達する。

ゴミ記事かどうかは読み手が判断するというシンプルな真実

なので、ワタシのブログ論としては毎日更新を大黒柱としてこの介護タクシーサイトに絡める運行内容や福祉に関する記事を発信し、現在構築中のパーソナルサイトでジャンルにこだわらない個人のボヤキを書いていこうと思っている。因みに新サイトもワードプレスなのだがテーマがジェネシスというフレームワークを使用していくことになる。英語に強い方でないとこのジェネシスのサイト構築が出来ないらしく、日本国内でもこのテーマを活用した人はすくないのだそうな。後はワタシの質の良い発信ありきで強力なサイトへと仕上がっていくだろう。

影響力のある方が発した『毎日更新でなくてもいい』という言葉を受け、それまで毎日更新にこだわっていた人も『あの人が言うなら、、、』とブログ更新頻度の手綱を緩めた方も多いだろう。そこがチャンスと捉えられなくもない。そこで愚直に継続した人が日の目を見る可能性が上がるかもしれない。

分かっている。それも質の良い毎日更新が前提だという事は。

書くネタが何もネェー ゴミ記事さらすよりカー 別にそこに拘らなくてもいいんじゃネェー? という自分と毎日向き合いながらそこから絞り出される発信とそこで対峙する自己成長へのストレスがワタシを幾分か成長させる要素になるのではないか?と考える。ただ気を付けるべきは『何の為にブログを書くのか?』という根源的な問いを忘れてはならないだろう。そして、日本人が大好きなコツコツ真面目誠実継続という概念に縛られすぎないように俯瞰する視点も持ち合わせたいと思う。

継続こそ美徳なり、、、、も事と状況によってはこだわる必要ないしね。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加