まずはやってみよう、まずは行ってみよう、そのあり方がより良い人生を送るきっかけとなるやも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い込みって誰にでもあると思う。

もしかすると、その思い込みが新たな出会いを生むきっかけを止めたり、

もしかすると、その思い込みが豊かな人生への道筋にたどり着けない要因となったり。

まぁ、とにかく動いた後に何かが掴めるっちゅうことでしょうか。

思い込み要因の一つは変化への恐れが根底にあるんじゃないか

何やら仰々しいサブタイトルとなりましたが、

ワタシの独断と偏見では男性がこの傾向が強く出るんじゃないかと思うのです。

それも年齢を重ねていくほど、凝り固まってくるというか。

先日の運行中、付き添いお客様とのタクシー車中の中で、

このような会話がありました。

ワタシ

「お客様出身はどちらですか?ああ、それならば最近できたあの飲食店はお客様の地元ですが、行かれましたか?」

お客様

「いやぁ、出来たことは知ってるんですけど。なかなかねぇ、行く機会がないというか。。。」

ワタシ

「差し支えなければ。。腰が重い理由は何でしょう?」

お客様

「うん、いつもの行き慣れたところが落ち着くよね、やっぱり。」

なんてことない日常会話ですが、ワタシが思うに、

そのお客様の深層心理に

「もし、美味しくなかったら。」

「何か、おっくうだ。」

「お金払う以上、失敗、後悔はしたくない、それなら安心感のあるいつもの店がイイ。」

などが働いてたりしないでしょうか。

これも一つの過去の自分の経験・体験がベースにある

思い込みの一つかなと。

また、ワタシの思い込みの場合では、うるま市石川にあるビオスの丘という

観光名所があるのですが、

そこに行ったことがなく、雑誌やパンフレットを見る限りでは東南・亜熱帯の植物が生い茂っているだけで、入り口付近に蘭の花が売りに出されている。。という印象しかなかったんです。

それを、車いすユーザーを観光でお連れした時のシュミレーション、下見も兼ねて入園してみると、確かに亜熱帯植物のオンパレードなのですが(笑)

その植物のそれぞれの雰囲気、醸し出されるマイナスイオン、また、年齢を重ねたからこそ、

見えてくる視点があってとても面白い!

パンフ情報を見落としていたのか、水牛がお客様を乗せる屋根付きの車が施設内をゆったりと

歩き回っていたり、

何より、車いすユーザーでも遊覧船に乗って、園内の水路を周回できる探索メニューもあるじゃないですか!!

こういった現場の空気、情報も飛び込んだからこそ見えてくるものだし、

感じれたことだし。

あとは、そうですね。

皆様ご存知の通り、ワタシは一人呑みを衝動的にカマすんですよ(笑)

去年の事になりますが、見た目は完全に子供3人はいるだろう、

雰囲気オーラを醸し出すおっさんのワタシですから、

そろそろ一人・BARデビューもしたいなぁと前々から思っていたので

決意して臨んだんですよ。

(背中を押した文庫本・伊集院静氏の無頼のススメだったかなw)

大人たるもの、一人で酒をたしなむ事も覚えなさい、というようなお言葉があり。

それはそれは、気軽に立ち寄れない、セレブが宿泊するリゾートホテルのBARに

予約して、それなりにキレイジャケット羽織って臨んだのですよ。

結論、イイですね!

もう、雰囲気が全然違う。シーンと静まり返った空気に

ささやかに流れるJAZZのBGM。

最初、何飲んだらいいのかわからないので、恥をしのんで女性Masterに聞くと

「ジントニックからでもよろしいんじゃないでしょうか?」

それでワタシの最近練り直した名刺のキャッチコピーがこうなったんですよ。

最近、名刺を手渡したら早速突っ込まれました(笑)

最近、名刺を手渡したら早速突っ込まれました(笑)

ご紹介できるほどの知識、うんちくは全くないのですが、

逆に教えてください。。wという失笑雑談がかませるので結果オーライ。(笑)

そのバーで飲んでいると、お隣に一人の経営者風のダンディが。

こちらが、さも、前からこのバーを利用しているかのような雰囲気を感じ取ったようで、

「良く、来られるんですか?」と

声をかけて頂き、それから話も弾んでとても楽しイイ時間を過ごせました。

記憶がうろ覚えなのですが、本土で通信関係の事業を手掛けている社長さんで

ワタシとの話の途中で、携帯に出られ、

「おう、その総務省との手続きがなんたら、かんたらなんだよなぁ」と

庶民のワタシの日常会話に出てこないフレーズをガンガン飛ばしており、

明らかに遠い世界の方なんだなと、口を半開き、

ニライカナイを見つめる遠い目線で社長を眺めていたものです。

けっきょく、何が言いてぇブログかと言えば、

普段の縛りを外して物事を見、そして、普段とは違う行動を起こすと

違った景色が見えるよ、それ、おすすめですよ、というブログです。

久々のロングロング・ブログでした。

ご清聴ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加