長きにわたる漢方治療。ようやく目に見えた変化が。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jpeg

自分のパーソナル形成に一役買っているアトピー。

この病無くして今現在のワタシの人格形成はなされませんでした。

何かの本で読んだ記憶があります。

ヒトを大成させる要素が大きく3つあるそうで、

  1. 刑務所に入る事
  2. 大病を侵す事
  3. ……

最後なんでしたっけ?

お気づきの方、ワタシに向けて、テレパシー

お待ちしてます。

健康な身体ではわからない視点がある。不健康は強固な精神を宿す。

幼いころから、ステロイドを塗りたくり、

かゆみ止めの内服薬(勿論、ステロイドいり)を処方、

幼稚園児だか一年生には喘息にかかり、

呼吸が出来ない事の恐怖を味わい尽くし、

そこからすったもんだのアトピー人生を堪能しながら、今現在に至ります。

ワタシのか細い頼りない記憶をたどれば、

高校2年生の頃が一番ピークでひどい時期でした。

顔面から膿を噴出し、掻きむしった眉毛はほとんどなくなり、

指定制服のスラックスパンツは体にきつめのフィット感あふれるものだったので

関節の曲げ伸ばし、椅子からの立ち上がり時、またはその逆の動作だったり、

身体をねじるなどなど、

あらゆる動作が身体自身に不快感を与え、

こんなつらい思いをするんだったら、いっそ、

ベッドから出たくない!、と登校をズル休みした事も何回かありました。

そういったワタシなりにハード的体験を味わい尽くしているアトピーという病は、

この病・無くしては、

ここまでの人間に育て上げられなかっただろうと思うのです。

不自由さが与えてくれる新たな思考・姿勢とでもいいましょうか。

症状はいつも一定ではありません。

良くなったかと思えば、また、悪くなる。

今度こそは、この病気から逃れられそうだ、やっつけられそうだ、

完治しそうな気配がする、、、と何度思った事か、思わされたことか(笑)

この病は何か、大袈裟にいえば、

人生の難しさを表現しているかのような気がしないでもありません。

これはワタシの独断的価値観なのですが、

病というのは、完治  なんてありえないという考えです。

何らかの対策を施して、最新の技術を活用して、

病を日常生活を送るに支障ないレベルに、

治めているだけ。治まっているだけとも言えるかもしれません。

完治したからと言って、好き放題、やりたい放題、飲み放題、食べ放題すれば、

その治まっている状態は再び、噴火するでしょうし、

別の形での病を誘発するのでしょう。

たまたま治まっているのです。

退院後は、通院中は、

健康に気を配るでしょうが、この世は理不尽かつ不条理なものは皆さんご存知でしょう。

あんなに健康に気を配ったのに。。

あんなにつらい思いをしたのに、また、この病気に侵されるのか。。

このブログがあらゆる病を抱えている方々に対して、ネガティブに見えるのか、

世間に跋扈するポジティブシンキングから外れるか、

あくまでも第3者が判断する事なのですが、

頭の片隅にでも、

理不尽・不条理を受け入れる土壌を育て上げる、いわば、

人格形成の肥やしみたいなもんだ、と思えばいくらか楽になりませんか(笑)

身体を侵すヤツが肥やしというのも皮肉ですが。

38年、いや、

一時期皮膚が皆さんのようなすべすべの皮膚の状態が4年ほどあった時を差し引けば、

(高校3年の1年間・漢方治療で劇的に改善しました)

34年の長~いお付き合いのアトピーさん。

それなりに苦汁をなめながら達したある種の境地。

心の在り方は、その病の良し悪しに反映される。

何てことない、どこかで聞いたようなセリフ。

34年付き合ってきてようやく浸透しつつある境地です。

遊びの天才・所ジョージさんがおっしゃってました。

生きるために生きてどうすんだよ。

深いです。

どうやら、あの方は仙人なのですね(笑)

何やらまとまりが悪くなってきましたが、

こんなブログを書けるほど、アトピーも治まりつつあるようです。

今に感謝ですね。

ジントニックも時々飲みに行けるのですから。(笑)

この病がワタシに与えてくれた、何らかの意味・意義はしっかりとつかめてませんが、

それを考え続けて生きて行けよ、という事にしておきます。(笑)

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加