ここに見参!絶叫ブロガーギンバル。お仕事お待ちしてます!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0579

その有り様を想像するだけで、介護タクシーを走らせながらニヤニヤしているんです。

その在りようを妄想すると、下らないひらめきが湧いてくるんです。

もしかして、好きな事ってこういう事?

高らかに宣言しよう。ワタシは死にたくなるほど高い所に恍惚する。

先日のゴヤッチ主催のワークショップでそれぞれの自己紹介をするという

機会に恵まれました。

そこで自分のパーソナリティーを初見の方に知ってもらうために、

何がわかりやすいんだろう、、、、と考えて出た言葉が、

「僕は高校を卒業後、神奈川で電気工事のお仕事をしていまして。

 ディズニーランド・八景島シーパラ・川崎イルミネで電気装飾や、

 横浜磯子火力発電所・新設工事などに携わってました。

そこでは100メートルの鉄筋コンクリ建設物を立ち上げる工事にも関わり、

そのカミに手が届く上空で行う作業中、こう思ったんですね。

 あぁ、一歩間違えれば確実に死んでしまうであろう、この高さ。

 バカは高い所が何とかって申しますけど(苦笑)

 僕はこの一歩間違えれば、、という所に生を感じるんですね。

 興奮するんですよ、とにかく。」

いつもスベリ倒すことで定評のあるワタシですが、

こればっかりはまぁまぁ、ウケておりました。(笑)

そのあと、付け足した言葉が、

(ここから若干、盛っております)

「そんな高い所が好きな僕は、当然のごとくジェットコースター、バンジージャンプなどの

 絶叫モノに非常に魅かれまして、

 時間とお金が許す事なら、世界中の絶叫マシーンなどを堪能し、その体験をブログに書いて

 生きていけたらなぁ、なんて思うわけです。」

(鮮やかに会場内、爆笑…….ウソ     )

介護タクシーのお仕事を終え、

車庫に戻る途中に先日のワークショップ・自己紹介を思い起こしていた矢先、

ラスベガスにも確か、ビルの屋上付近の設置レールが建物外まで飛び出て、

乗り物が建物から滑り落ちるかのようなやつとかあったなぁ、とか。

本土の山奥?渓谷に差し渡る鉄橋の上から、真下に流れる清流に向けて

バンジージャンプしてぇなぁとか。

芸人さんが罰ゲームでやらされる逆バンジーとか。

上空3000メートルからのサポートなしのスカイダイビングとか。

海外の山脈の嶮しい岩山と岩山をハイスピードで駆け抜けていくやつとか。

(あれ、なんていうのかな、気になるわぁ)

妄想していると、ニヤニヤしている自分にハッとするんです、

我に返ったかと思うと、

隣の信号待ちしている現場トラックの兄ちゃんがワタシを見てニヤッとしているという。w

危ないですね、ニヤニヤするのはビニ本・エロDVD以来なのですが。

なるほど、

このブログを書きながら何故こんなにも高い所が好きなのか、、を思考していくと

日常に退屈しているんですね。

つまり、

非日常を体験したいのでしょう。

生意気な発言ですね。日常こそ大事なのですが。

時折、放映される世界情勢の緊迫した映像を見るにつけ、

「ああ、この時代の日本に生を受けた事こそ幸せなのだ」と実感するも、

仕事がうまくいかないからとか、

病気が良くならないから人生つまんねぇとか、

お金さえあれば人生最高なんだろうなとか。

幸せなんかじゃない、と思い込んで日々を過ごす自分がそこにいたりします。

先日、訪日されていたウルグアイの元大統領ムヒカ氏が

非常に興味深い発言をされてましたね。

あなたたち日本人は幸せなのですか?

素直に、はい、と言えない自分がいますね。

情けなくなったりするのですが、

またもや、話がズレてきてますので戻しましょう。

そういった高所での非日常体験を、

贅沢を言わせてもらえれば月に1回でも味わってみたいのです。

このブログをご覧の関係者の皆様。

(関係者って?w 絶叫モノ系の出版社とかあんのかな。)

ワタクシめに是非とも、その大役を任せてみませんか?

(だから、何だよ、その大役って)

これが好きを仕事にするという事なんでしょう。

あ、まてよ。

この絶叫体験を味わい尽くしていくと、

最早、日常になっちまうのか?(笑)

ここで一句。

求めると

高さも金も

逃げていく

大して巧くない(笑)

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加