寂れた観光業界が読むべき良書。耳の痛い真実が書き連ねられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
skull-1193784_640

観光コンサルタントでもないし、各地の関係施設(ホテル・体験型施設・飲食など)を自分の足で渡り歩き現場のスタッフに事細かに取材を行ったわけでも無い。

しかしながら、この文庫本を読んだ時、何か心当たりがあるような不思議な感覚に陥った。

あぁ、どこかで聞いた話だな、と。

これって沖縄観光業界でもあるあるの話なんじゃないか。

青い海・白い砂浜・暖かい人柄・ゆったりとした空気・琉球より受け継がれた風習・慣習

これに甘んじている現状はあるんじゃないかって。

観光資源があるから黙っててもお客様は来るというマーケティング目線の薄さ

沖縄に限らず今や、全国各地で地元の資源を積極的にPRし、B級グルメトーナメントも行い、

ふなっしーの活躍ぶりの後を追うようにゆるキャラ作成に精を出しインバウンド観光客の誘致に盛り上がり……!の構図はTV・メディア媒体から見聞き出来るようになった。

そういったPR活動を積極的に行う地域の人たちは当然の事ながら、地元を愛し、そこでの食文化で育ち故郷で行われる伝統行事に参加しながらそこで培った体験・経験を観光資源に置き換えて情報発信を行うわけだが。

この著者の一人でもある藻谷さんのお話によると、日本の観光業にはマーケティングの視点が非常に足りないとおっしゃっている。

つまり、

イイ製品・商品を造れば必ず売れるという風に考える人が多く

※プロダクトアウトというらしいw

市場が求めるものを作り出すというマーケットインの思想が足りないんだとのこと。

何か腑に落ちるような気がする。

例えば沖縄の海の青さ・透明度は言わずもがな誇るべき観光資源でこれをPRしてより多くの観光客に来てもらおうと思えば真っ先に行うのが写真を撮ってSNS・ブログ・各社のサイトに掲載して拡散効果を狙って発信を行うだろう。

TVメディアにも取材依頼を頼み、タレント・芸能人の番組に絡めてもらいながらそれを見た視聴者は旅行への意欲が掻き立てられ、観光利用に繋がるという構図のはずだが。

この著者が仰っているのは、今ある観光資源の形・売り方を変えずにPR、PRし続けている動きに警鐘を鳴らしているようだ。マーケティングの概念をコンサルタントでないワタシが述べるものどうかと思うがw、マーケティングとは製品・商品を継続的に購入してもらう為の仕組みづくりだと思っている。

なので著者が警鐘を鳴らしている、製品・商品をどうぞー、どうぞー、買ってくれー、、は間違っていない。しかし、マーケットインの概念に立てば、

お客様が何故、青い海の沖縄を欲したのかという需要の視点にたってそれを取り込むにはどうしたらいいか、長く滞在してもらう為にはどういう仕組みづくりを作り上げていけばいいかを説いておられるのだ。

綺麗だから来るよね? と、

この海でこんな事も合わせて楽しめますよ、という違いと言えばわかりやすいだろうか。

寂れた観光地ほど変化を嫌うボスキャラが君臨している

その観光地を活性化させる・盛り上げるという趣旨の基に作り上げられたであろう観光協会・観光連盟。

しかし、先ほどのマーケットインの視点に立てば盛り上がっていない・観光客が長期で滞在しない原因を打開するためには、何故そうなったのかを考えるのに時間がかかり、対策を打ち立てるのに頭も使い、実行に移して検証を見るともなるとそれ相応の時間を要するわけです。

そのめんどくさい事を良しとしない役員クラスのボスが邪魔をするんだそうな。

まぁ、景気が上向くまでもうちょっと待とうや

外国人の団体をガバッと狙えば、、な?

外人、あちこちで見えているから大丈夫だよ

みたいな。

現状改善・打開策を打ち立てるには面倒な会議・イベントなんて極力やりたくないという腹の出たオッサンは少なからずどこにでもいますよね。だけど、役員報酬だけはくれよと。

次年度も楽してお金貰いたいから、、という動きたくないオッサンの為に意欲ある若者をつぶすような圧力をかける構図が現実としてあるんだそうな。

この著者2人が書籍で述べている事は嘘なのか本当なのか。

まぁ、SNS上でも話題になっていた本ですし。

観光業界に携わる方は一読をオススメしますよ。

他にも興味を引くカテゴリーが満載ですから。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加