販促物の効果を侮るな。介護タクシー予約成立には欠かせない【それ】は時を置いて突如やってくるから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こういった自社のウリを掲載したリーフレットを置くべし。

うん、個人事業主は今やれる事を淡々と取り組めばいいんですね。あー、どうしよう、お客様からの予約こねぇーとか、どうしよう・このままだと今月の売り上げヤバめでどんだけぇーなんて悩んでいる時間は無駄の極みですね。

とはいえ、ワタシも今現在も悩み悩み10円ハゲこそ出来ないものの日々の不安から逃れる事は不可能なわけで。そんな不安から逃れるたった一つのすべは

頭ねぇんなら身体動かせ!

という事なんです。

ただし、ぶち当たってなんぼのどぶ板営業は流石に時代錯誤なのであくまでも過去の行動と結果を自分なりに検証して改善して再トライというルーティーンが大事です。前置き長くなりましたが。

適切な場所に効果が見込める販促物を投下せよ

こういった自社のウリを掲載したリーフレットを置くべし。

こういった自社のウリを掲載したリーフレットを置くべし。

他の販促ブログはこちらからお読みください。

今回の新規ご利用お客様は福祉協議会入り口付近のチラシ置き場にあるワタシのリーフレットを手に取って頂いての予約成立となった次第。

福祉協議会という場所がミソです。福祉に疎い一般の方も介護保険の相談事や障害福祉サービス情報を取りに行こうと悩んだ時、ふと頭によぎるのが社会福祉協議会という存在でしょう。

ケアマネが常駐する居宅支援事業所・居宅介護支援事業所なんて名称よりも確実に社会福祉協議会という名称が昭和21年発足という歴史の積み重ねにより一般に知れ渡っているものです。

そして、どういったルートから介護タクシーの予約成立に至ったのかという確認は新規のお客様であれば可能な限りするべきです。次回の営業活動が無駄打ちに終わらない効果的なリソースを配分できるからです。

ワタシの経験上、介護タクシーの予約依頼ルートは

  • ケアマネージャー・地域連携室相談員・介護施設職員から
  • 前回利用して頂いたお客様経由の口コミ
  • 販促物(チラシ・リーフレット・名刺)

大体この3つですね。

ホームページサイトからもゼロではないのですがどちらかというと利用する前の情報収集で役立てる事が多いようです。

配布してすぐ翌日・一週間後に予約成立、、とはいきませんが、移動に困った障がい者や高齢者本人、およびその家族が・その情報を欲しているタイミングで・適切な場所に・目に付きやすい仕掛けで・伝わりやすい販促物が設置されていれば必ずや予約成立に至る事となるでしょう。

今回の事例が【それ】を改めて教えてくれました。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加