営業の本質とはコンタクト(接触)を取る事・重ねる事にある。売り込まず嫌がられず相手の記憶に残像を残すことがベターである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0050

なげぇな、今日のブログタイトルも(笑)

トップセールスマン・ウーマンともなると年収1000万やそれ以上の収入を手にするも強者がおるようで。

ワタシには程遠い世界でありますが、今回のカジマヤ―お祝い運行も営業あってこその予約成立に繋がったのです。侮るなかれ、営業を怠ってはいけません、ナメてもいけません、何より、営業を怠けてはいけないんですね。

コンタクト(接触)を取る方法は実践を重ねながら

以前の営業論ブログにも書いてましたがワタシの営業は基本アポなし訪問スタイル。もともと目を合わせて会話をかわす、という事に臆病な体質だったものですからそこの人見知り体質を改善すべくドブ板営業訪問を何度か行っていました。(微々たる訪問数ですが

ある種、ショック療法ですよ。毎度毎度、営業先のドアをノックする瞬間は緊張して帰りたくなるものです。(実際、帰ったこともw)

そうして恥を重ねるうちに改善点、反省点が必ず出てきます。それは書店に売っている営業書籍のような内容ではなくあくまでも自分の内側からにじみ出てくる「あ~、やっちゃったな、今度はこうすればいいのかなぁ」という自発的に出てくるもの。

これを次回の営業訪問に活かして実行して検証して改善してトライ、、いわゆるPDCAというやつですね。

正直、ワタシもまだまだなんです。営業関係の書籍も数々読み込みましたがトライ数が足りない。トライ数が足りないから検証も出来ない、検証を踏まえたうえでの改善計画が立てられない、、、から介護タクシー予約成立のお電話に繋がらない。現状維持の最悪パターンですね。いや、現状維持すらままならない下手すりゃ忘れられていくんですよ、何故なら接触を重ねていないから。

ワタシが営業所を置く金武町は人口1万余の小さな町。その中で介護タクシーはワタシだけ。お客様対象の要支援・要介護者数は2016年10月データで526人。526人全てが介護タクシーを利用できる対象にあるのだから毎日お仕事が忙しいだろうと思われがちなのですが現実はそうでもない。丸一日予約がない事もあります。

もちろん、そこには伝える事を伝えていない介護タクシーの運行内容だったり利用者に対して何のメリットがあるのかを打ち出せていない販促物(ホームページサイト・名刺・リーフレット
・チラシなど)だったり、ケアマネ・ソーシャルワーカーへの営業訪問などの品質と行動量が足りない事が原因なのです。

今回予約成立に至った訪問も5件目のアポなし訪問。ケアプラン作成のヒアリングや各種相談ごとで外出が多いケアマネは大体16時過ぎ辺りには戻ってくるだろうとの過去の経験を基に訪問させていただいたのですが生憎いつもご挨拶させて頂いているケアマネは不在。別のケアマネが対応してくださったのですがこの時何を話していいやらプランが思いつかない(おいおいPDCAとかぬかしたくせに)

そうだ、正直な気持ちを述べてみよう。

『突然お邪魔しました、何か介護タクシーご利用に関してお役に立てそうな事はありますか?』

「いやぁ、私が受け持つ範囲では今の所は。。。」

『分かりました、何か御用があればいつでもお電話ください、失礼します』

こうやってその日は何事もなく過ぎ去り。

翌日お昼頃、そのケアマネから電話が入り、「めぐりさん、急なんだけど明日予定空いてますか?」

聞けば普段は訪問介護を利用されている方で通院やちょっとした外出などは介護スタッフが対応しているとのことだったが、そのカジマヤ―お祝いは土曜日という事もあって職員が少なく対応者が居なかったらしい。そこでふっとワタシの顔が思い出されたとのこと。そうして先日のお祝い送迎運行を賜った次第なのです。

人は案外、大事な人ですら簡単に忘れてしまいます。それは日頃から接触を重ねていないからです。半年に一回、一年に一回、3年に一回ともなれば大切な友人でも知人でも記憶のかなたから消し去られてしまう可能性が大きいのです。

コンタクトを取り続ける、情報を発信し続ける。

現代社会にとっても過去にとっても当たり前すぎる当たり前の鉄則を今一度噛みしめた次第なのでありました。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加