介護タクシーの存在など微塵も知られていないと心得よ!告知 宣伝 広告活動に動け、接して動きやがれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0296

と、いう感じだ。

年末年始を迎えようと師走の慌ただしい真っただ中、ワタシはグレードアップリニューアルリフレッシュエキサイティング販促物のリーフレットを片手に居宅介護支援事業所・地域包括支援センター・社会福祉協議会・公民館・サービス付き高齢者住宅を訪問した。

お世話になっております。いちゃりば工房様。

お世話になっております。いちゃりば工房様。

ワタシの販促物(名刺・リーフレット)は領収書の記録から確認するとおよそ3,4か月に1度刷新している。スカスカ脳みその記憶をたどれば今までに10回近くはリニューアルしているんじゃないか(笑)その割に集客効果が感じられなく、自分なりに思考錯誤を繰り返しながら(書籍からの学び・講習・勉強会)今現在まで来たという感じだ。

今回のリーフレットも今まで以上に会心の出来栄えとなった。。。。。というほざきは過去何度となくブログでお伝えしてきた。

介護タクシーめぐり販促論

恥とうぬぼれと実績のなさを露呈しながら歴史を積み重ねてきた。しかしながらビジネスははっきり言って実績・結果だ。誇るべき結果などいまだに出ていないのが情けない所だが諦めたらそこで終わりだという事はスラムダンク熱愛読者なら常識中の常識である。

さて、関係先営業訪問を重ねてみるといくつかの発見があり再確認が出来る事実にも出会える。それは?

  • コミュニケーションを重ねてきたケアマネ・相談員が辞職・転勤になっている
  • A介護施設勤務者がB介護施設で管理者になっている
  • 包括支援センター職員が同級生の親戚w「あら、あなた新築祝いに来てた人だよね?同級生だったんだ(汗)
  • 露骨に無愛想対応シャワーを浴びる(売込みだからね、向こうからしたら)
  • 数回の訪問により「あぁ、介護タクシーの…」と顔を覚えてもらえている反応が確認できる。

一番目に関しては、結構見られる状況だ。だからこそ、介護タクシー事業者は定期的な訪問が欠かせない。関係性を築き上げたケアマネが引き継ぎの人へ介護タクシーの存在を十二分に申し伝えているとは限らないし、そもそも、介護タクシーよりも優先すべき事務作業やアセスメントの確認、利用者宅訪問などやるべき業務はいっぱいだ。新たに配属されたケアマネ・相談員に挨拶と介護タクシーの業務内容を販促物と共に改めて説明しておくべきだ。

二番目・三番目に関しては全くの初見ではなく顔なじみの人とハプニング的に顔を合わすことになるので話に花が咲く雰囲気になる。ここぞとばかりに売込みだ(笑)話を聞いていただける空気が出来上がっているので営業も比較的やりやすいと言えるだろう。突発的に馴染みある人と出会える瞬間は若干の興奮も覚えるが仕事に繋がらなければ話にならない。

ここはワタシの営業活動の反省点ともいえる。

四番目に関して。分かってはいる事だが、眉間にしわを寄せられて「はぁ、はぁ、へぇ、」という早くお前の回りくどい説明終わらせろよ的反応はしんどいものがある。しかし、営業活動は究極のところ売込みなわけでそんな事をいちいち気にしていてはビジネスの夜明けに一向に繋がらない。そこら辺の免疫は多少ついてきたワタシだが臨むべきは暖かいリアクションをお願いしたいところだ。ワタシは元々、人の目を見て喋れなかったコミュ障だったのだ。

関係先の皆様、これからもどうぞよろしくお願いします(笑)

とにもかくにも介護タクシーという存在は福祉関係の方々にも浸透していないという事実は深く噛みしめる必要がある。尚更、一般社会には、、、だ。

一発芸・唄・ドラマで脚光を浴びたタレントもTVに出続けなければ忘れ去られてしまう現実だ。拡散力、発信力、注目される事を日常とした芸能人でさえ継続的に出演し続けなければ我々一般ピーポーは「あいつも一発屋だったか」とタレント生命終了の烙印を勝手に押してしまうというナントも身勝手な発想をしてしまう。

サービス提供者側は今一度、自分たちの存在を知らしめるべく継続的な発信・営業活動は行わねばならない。ワタシ達が思っている以上に存在を知られていない現実がそこにある。その意識を今一度、強く認識せねばすぐさま廃業へとまっしぐらになるのである。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加