勝連グスクで壮絶な別れが幾度とあった。百度踏揚の波乱万丈な人生。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
奥に進むごとに狭くなる設計。敵の侵入を制限した

沖縄県にはグスクと呼ばれる世界遺産が5つある。

今帰仁グスク

座喜味グスク

中城グスク

首里城

今回取り上げるうるま市・勝連にある

勝連グスク

には調べてみるとそれはそれは一人の女性の人生模様が

すさまじいなと思わせる出来事がつづられており

ブログにて発信したいと思います。

愛しているから、ではない。そこに彼女の意思は必要なかった。

百度踏揚(ももとのふみあがり)と呼ばれたその女性は

琉球国王第6代尚 泰久王の娘でした。

尚泰久が治めているとはいっても

各地にはその地位を狙う力を持った按司(あじ)が

手ぐすねを引いて伺っているまさに戦乱の時。

勝連グスク。沖縄のグスクは城壁の流線形に特徴があります。

勝連グスク。沖縄のグスクは城壁の流線形に特徴があります。

因みに、このあたりまで車いすユーザーは車両を乗り入れる事が

出来ます。

一度、インフォメーションセンターに車両乗り入れの断りを

入れてくださいね。

当時、このグスクは阿麻和利(あまわり)という力を持った

按司が治めており、

首里城を治めていた尚 泰久王は

いつ首里を狙われるかとびくびくしてました。

そこで、

その勢いづく阿麻和利を手なづける意味あいでも

自分の娘の百度踏揚を嫁がせます。

『まぁ、まぁ、この美人の娘やるから落ち着いてぇなぁ』

というような。(笑)

そこに百度踏揚の好きじゃないから嫌だとか、

タイプじゃないからお断り、、なんて

自分の意思は全く関係ないんですね。

沖縄に限らず、

日本でも世界でも政権を握っている権力者の

ある種、道具のように女性は取り扱われたわけで。

現代、女性は恋愛やらお見合いやら婚活やらを通して自分のタイプや

意思によって生涯の伴侶を選ぶわけで。

昔が良かったんでしょうか。

今が良かったんでしょうか。

ワタシには分かりませんが。

戦乱時はこの通路を兵士が突っ込んでいったんだろうな。

戦乱時はこの通路を兵士が突っ込んでいったんだろうな。

阿麻和利は百度踏揚と結婚しても

琉球王国を狙う気持ちは絶えず、

どうにか作戦を練ります。

その時、中城グスクの城主・護佐丸は尚 泰久に忠誠を誓っており、

その主従関係を逆手に取った阿麻和利は

護佐丸が実は国王の立場を狙っている

尚 泰久をそそのかします。

しかし、しかし、

ここで一言!!

実は護佐丸の娘は尚 泰久の奥さんなんです。

つまり、二人は親戚関係。

なのに尚 泰久は自分の地位が惜しいから、狙われたくないから

自分の娘を阿麻和利に嫁がせる。

はっきり言って阿麻和利と護佐丸は敵対関係。

護佐丸にしてみたら孫娘が

知らない間に、

尚・泰久王の思惑で敵の奥さんに仕向けられたわけで。

こんな複雑な関係、まさにエキサイティングすぎるがな!!!

奥に進むごとに狭くなる設計。敵の侵入を制限した

奥に進むごとに狭くなる設計。敵の侵入を制限した。

ワタシの拙い文章で伝わったでしょうか?

護佐丸って尚・泰久にしてみたらお義父さんですよね?

その義理の息子の立場の尚・泰久がお義父さんのお孫さんを

阿麻和利と結婚させるんですから。

もう訳が分からんですばい。

さっきの話に戻りますが、

阿麻和利にそそのかされた尚・泰久は

自分のお義父さんの護佐丸を殺害。

護佐丸は忠誠心溢れる人柄で

尚・泰久に歯向かうことなく自害したそうです。

阿麻和利は豪傑な護佐丸がいなくなったことで

尚・泰久を狙いやすくなった。

しかし、しかし!!

百度踏揚のお世話係の

鬼大城(うにうふぐしく)こと

大城賢雄

阿麻和利の作戦を事前に知っており、

それを尚・泰久に知らせ

阿麻和利は王府軍にやっつけられます。

というか、

大城賢雄がやっつけます。

阿麻和利、ざんねぇーーーーーーーーーーーんっ!!!!!

(わるだくみ、全然実らなかった斬りっ!!)

その働きを褒められた大城賢雄こと

鬼大城

は百度踏揚と結婚することを命じられます。

ここでも彼女の意思は無視ーーーーーーーー!

どうですか。

くっつけられては引き離され。

かといっては

親父があいつと結婚しろと言うから

結婚させられ。

この後も凄まじいお話は続くのですが、

話をはしょると、

旦那の大城賢雄も 金丸

というイケメン野郎に殺されてしまうんですね。

その後、金丸が

第2の琉球王国の王様となるわけなのですが。

波乱万丈にもほどがある!!

この時代にバツ2と言うのも深みがありまくりの

百度踏揚。

大変お疲れさまでした。ごゆっくりお休み頂きたいと思いますよ。

というか、

このブログ誰がここまで読むのかっ!(笑)

ワタシも編集ライティング疲れたし!!!

歴史好きの方だけに向けてこのブログを

捧げまして候。

スマホからの予約はクリック!→ 090-4914-9628

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加