2017年本部町八重岳さくら祭り会場へ下見に行ってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
八重岳頂上手前300メートルのあたり。

どうも。

既婚者男性友達がカミさんと喧嘩した際の寂しさと苛立ちの矛先をどこにぶつけようか・そうだ・年中暇人のあいつと呑み明かそうとターゲットにされる独身魔王の花城です。

今年も例年に倣って本部町・八重岳でさくら祭りが開催されます。

開催期間は1月21日~2月5日までの2週間。

沖縄の桜は寒緋桜と言われ釣鐘型のつぼみが特徴で、日本一早い桜の開花を拝めるという事、本土のソメイヨシノのように白い花びらではなくピンク色が際立ったつぼみが特徴です。1月の寒い時期に緋色に染まる事からその名が付いたとか。

このブログ執筆時は開催1週間前にあたる1月15日。

桜好きの皆さんの為にちょっくら下見に行ってまいりました。決して暇じゃないんです。ええ、皆さんの為ですよ。

こちらは県道84号線付近の桜状況。

こちらは県道84号線付近の桜状況。

1割にも満たない開花状況。祭り開催1週間前ともなれば満開であっては実行委員の権威にも関わるところ。当然と言えば当然の様と言えるでしょうか。

開催場所の八重岳への入口はいくつかあるのですが、ワタシは県道84号線沿い左手に位置する伊野波商店を過ぎて左折したところから登ってみました。

中にはこのように5分咲の桜も見られます。

中にはこのように5分咲の桜も見られます。

ワタシと同じようなリサーチっぽい方々も何名か見られました。カップルであったり老夫婦であったり家族連れであったり。日本国民の遺伝子には年代問わず共通して桜に風情を感じる感性が備わっているんですねぇ。

寂しさも感じるといえば感じる。

寂しさも感じるといえば感じる。

八重岳頂上手前300メートルのあたり。

八重岳頂上手前300メートルのあたり。

曇り空から若干晴れ間がさしてきました。このあたりも写真撮影が頻繁に行われる所。交通の邪魔にならないように・桜撮影を楽しみたいものです。この辺りは道路も狭く傾斜もきつめで車いすの移動には厳しいかと。勿論、ダメというわけではないのですが接触事故など起こらないよう細心の注意が必要です。

時に、マイクロバスなんかも通行しますから対面には要注意ですね。

更に頂上に上がってみましょう。

頂上・駐車場付近にトイレが。

頂上・駐車場付近にトイレが。

身障者用・トイレも備わっていましたが。。。。。。

ティッシュがありまへん(笑)

ティッシュがありまへん(笑)

祭り開催期間は実行委員による配慮で用意されていると思われますが、備えあれば憂いなしの精神で個人個人でトイレティッシュは準備しておくべきかと。

公衆トイレが故に確実性は無いですからね(笑)

何だか面白い建物も発見しました。

珍百景的建造物。

珍百景的建造物。

っぽくない大明神。

っぽくない大明神。

さくら祭り開催期間の満開と世界平和を祈ってまいりました。

頂上から下って祭り会場の本丸・八重岳公園に向かいながら。

やはり寂しい様であります。

やはり寂しい様であります。

何年もの、祭り開催実施と気象庁データを鑑みて練りに練って満開時期はこのあたりだと照準を合わせてくるんですね、当然と言えば当然の開花状況です。寂しくて当たり前。ワタシは一人でも寂しくありませんでした。

そろそろ見飽きてきましたか?w

そろそろ見飽きてきましたか?w

会場の公園もちらっと観察しときましょう。

このあたりで様々なイベントが。

このあたりで様々なイベントが。

祭り開催イベントの詳細をリンクしておきました。

  ↓

第39回 本部町八重岳さくら祭り

会場の公園内にはちゃんと車椅子ユーザー・身障者用トイレもありましたよ。

あっ、ティッシュ確認するの忘れたw

あっ、ティッシュ確認するの忘れたw

恐らく屋台用の電源かと。

恐らく屋台用の電源かと。

元・仮設電気工事士としては気になる光景。久々に感電してみたいものです。

スカスカです。

スカスカです。

提灯の明かりがともる夜もそれはそれで感慨深いものがあるのでしょうね。寒さ対策だけはしっかりと行い楽しみたいものです。

こちらも撮影スポットとして賑わう場所です。

こちらも撮影スポットとして賑わう場所です。

ワタシの皮膚感覚では1週間後の祭り開催時には5分咲、今月末の28、29日には7分咲の寒緋桜が拝めるかと思います。祭り公式サイトや天気情報を見ながら是非、桜祭り会場へお越しになってはいかがでしょうか。

介護タクシーお問い合わせはこちらから。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加