言語障害者へのアプローチは女性の何気ないコミュニケーションから学ぶべし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
women-1586480_640

賛否両論ありましょうが。

ある日の事。

いつもお世話になっている介護施設から通院のご依頼があり、その障がい者の

お客様は言葉を発する事が出来ない(ワタシが過去3度ほどお連れした経験でいえば)

方でした。

どうでしょう、男性諸君。

言葉を発しない・発する事が出来なくなった人へのアプローチはどのように?

言語障害という言葉があります。

その言語障害も大きく分けて2つの概念に分けられるそうで。

構音障害(こうおんしょうがい)

声がうまく出ない 言葉が不明瞭・聞き取りづらい発声など

失語症(しつごしょう)

聞こえているのに理解できない 言いたい言葉が浮かばないなど

※日本医療企画 介護におけるコミュニケーション技術 P157より抜粋

ワタシの過去の経験とお客様の状況に照らし合わせてみれば恐らく

失語症

かなと判断しました。

相手の投げかけた言葉や顔の表情から意味は理解できたような反応は

時々見られるものの返事が返っては来ず、という反応です。

がしかし、基本、言葉を投げ掛けても無反応です。

しつこいですが、世の殿方。

会話のキャッチボールが成り立たない人と分かったらそれ以上の

アプローチは無駄だと考えますか?

先日のお客様の出来事を振り返ってみれば、ワタシが通院先から施設まで

お連れした時、真っ先に女性職員が物言わぬお客様に話しかけました。

「どうだった?身体大丈夫?」

「お姉さんと病院で久しぶりに出会えた?」

とナチュラルな笑顔で語り掛けたのです。

その様をふと眺めた時、

あ、男はここまでしないよなってふと思ったんです。

多くの男性職員のその後の動きと言えば、無言で車いすを押して部屋の

ベッドへ移乗介助を行う方が大半です。

女性職員に比べてですよ。勿論、無愛想な女性職員も存在しますが(苦笑)

上手く表現できないのですが、基本、男性の会話は女性ほど無駄話がありません(笑)

論理的な会話スタイルの男性と共感・共有・感情スタイルの女性と言い換えたらいいのか。

ワタシも介護タクシー車内で繰り広げられる女性同士の会話のラリーを目の当たりにしていますがまぁ、ラリー数の多い事多い事。

相手が話終える3秒前にかぶせてアタシの話はこうよ、みたいなw

ちゃんと話聞いてんのか?相手気ぃ悪くしないかな?って一人でひやひやしているんですが

ちゃんと会話は成り立っているという。

直感・ひらめきの右脳と読み書きの左脳をつなぐ脳梁が男性に比べて

太いというのも納得できる気がします。口げんかで勝てないというのは

脳みその構造が基本違うからなんでしょうねぇ。

会話そのものの行為を楽しむ女性は

障がい者であろうがなかろうが、失語症であろうが構音障がいだろうが

会話をまず行う・優先する

という事を大事にしている気がします。意識してそうしているわけでなく

無意識に・体が勝手に動く、、というような印象ですね。

その際も女性は相手の表情の変化や仕草を細かく見ています。

以前対応させて頂いた付き添い女性の方も、旦那さんが親に対して

「喋れなくなったから正月の家族の集まりにも呼ばないでいいんじゃないか?」

という発言に大変心を痛めていましたし。

そういった事例からも男性と女性での他者へのコミュニケーションに対するギャップというのは少なからずあるでしょう。

まぁ、そういうワタシもコミュニケーション力は大した事ないのですが、

これまでの女性職員の対応や女性の障がい者との触れ合いの中で

感じた事・学んだことを少しずつアウトプットしている感じです。

先ずは天気の話でもいいし、

先ずは体調どうですかでもいいし、

先ずは稀勢の里関・19年ぶりの横綱昇進どう思います?でもいいし。

とにかく言葉を投げ掛けてみるというアクションを積み重ね、相手の反応を

しっかりと観察し(表情の動き・口角、眉、目の動きなど)

反応を見ながら再度言葉を放ってみる。

しっかり考えながら球数を重ねる、、という事から

構音障害者への対話へのアプローチも女性のように行える日も

そう遠くはないはずです。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加