介護タクシーの料金体系について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このサイズ。ファミリーカーでなじみがありますよね。

改めて、介護タクシーの料金の内訳をお知らせしたいなと思います。

  • これからご利用を考えられている方。
  • 利用したことあるけど、いまいち料金の仕組みがわからない。
  • 一度、ぼったくりじゃないかと思った事がある(苦笑)。

予習・復習のような感覚でご覧くださいね。

どれだけタクシーを走らせたか・どれだけ介助を行ったか

これが基本的な介護タクシー利用料金の捉え方になります。

ワタシの認可メーター運賃は タクシー発車地点から1.8キロの距離まで¥490の

初乗り運賃、そして、

そこから367メートル進むごとに70円加算されていく

  中型車・下限プラン

を採用してます。

文字の羅列は時々、めまいがする(苦笑)

文字の羅列は時々、めまいがする(苦笑)

中型車ってどのサイズのタクシーなの?

はい、こちらになります。

中型車とはこのサイズです。 トヨタ・ノアはバランスの取れた優秀車ですね。

中型車とはこのサイズです。
トヨタ・ノアはバランスの取れた優秀車ですね。

後ろの車高が下がってスロープが飛び出す仕様です。

後ろの車高が下がってスロープが飛び出す仕様です。

分かりやすく言うと、

20分ほどタクシーを走らせた距離でだいたい¥2500のメーター運賃です。

30分なら¥4500ほど。

1時間では¥6500ぐらいとみてください。

このメーター運賃部分と、

介護タクシーに乗って頂く前の介助

目的地に着いて介護タクシーから降りてからの介助の合計が

利用料金となるんですね。

介助料金も色々あるのですが、

基本中の基本プランの、運賃+乗降介助の乗降介助について。

1回¥500です。

じゃあ、その乗降介助の1回ってどこまでやってくれるの?

お客様の自宅・玄関先から介護タクシー車内へ乗車。

目的地到着後、介護タクシー車内から病院受付窓口まで、

もしくは、目的地施設・玄関まで。

これで1回¥500とカウントします。

例・ご利用者自宅から20分先のクリニックまで片道利用の場合。

  運賃 ¥2500 +  乗降介助 ¥500  

      合計   ¥3000な~り~。

今回はここまで。

乗降介助は、地域によっては、1回¥1000を頂いている事業者もあるようです。

日本全国・統一の介助料金ではないので、

結局は、

お電話・メールで問い合わせて頂いた方が確実という事ですね。(笑)

他の介助プランについても、

これから小出しにブログでアップしていこうと思っているので、

よろしくお願いしまーす。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加