母の日に介護タクシーはある場所へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中型車とはこのサイズです。
トヨタ・ノアはバランスの取れた優秀車ですね。

このブログ投稿記事を書き綴っている日は

母の日。

ワタシは、

自分の母親に感謝を述べ、厚さ1.5センチの金銭贈呈を行うよりも、

介護タクシーをご利用なさって自分の母親に喜んでもらおう、という

粋なココロを感じさせる娘様の熱いお気持ちに応えるべく、

お客様ご自宅へと事業車両を走らせたのです。

決して、逃げたわけでないのです。

あしからず。

自分の母親に素直に感謝を述べる事が出来るのか。

照れくさいもんです。

ええ、男ってやつぁ、そういう風に作られたんですね。

アダムとイブの時代から、国籍問わず(未確認)

漢ってやつぁ、そういう歴史を歩んできたはずなんですね(苦笑

そんな自分に都合のいい言い訳というか、ボヤキをつぶやきながら、

お客様・ご自宅へ到着。

以前もご利用なさったリピーター様で、

今現在は多少、認知症気味であるという事以外は大変お元気で、

でも、

ワタシの事は忘れているようで(笑)

お客様と、付き添い2名を乗せた介護タクシーめぐりは

およそ2時間半強の民謡ショーが行われる場所へ到着。

待機中に、

自分の母親の事を思い出しながら、

そういや、きちんと母親に対して

母の日おめでとう、いつもありがとう。

と日本語で語り掛けた事ないなーって思いました。

タガログ語とか、

マラーティー語とか、

ルクセンブルク語とか、

グジャラート語とか、

ヨルバ語とか、

セルバ語とか、

イディッシュ語とか、

イボ語とか、

上記の言葉なら、素直に、言えるんですけどね。(笑)

お客様に本日も喜んで頂いて、

青空広がる風景を眺めながらふと、そんな事を思いました。

本文とは関係ありませんで(笑)

本文とは関係ありませんで(笑)

母親に感謝の言葉、伝えましたか?

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加