介護タクシーの利用価値を自ら低く見積もってはならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ズームアウト。何かいいじゃないの。

じわりじわりと介護タクシーご予約の頻度が

上がってきております。

勿論、油断することなく過信することなく

自分が出来る事の一つ一つを積み重ねていくだけなのですが、

お仕事を頂ける充実感や感謝の言葉と料金を頂ける充足感と言うものは

会社員時代には露ほどにも思わなかった事。

大袈裟に言えば

これだけでも起業する価値はあるでしょう。

理屈で分かる事と

体験をもって知り得る事にはかなりの開きがあるものです。

思い起こせば4年前、

兄からの事業継承時はどうやって展開したらいいのか、

何より、

仕事を頂く、介護タクシーの予約を頂けるためにはどうしたらいいのか?

の不安から逃れられず自己啓発・営業関係の本を読み漁ったものです。

それまで6年ほどの運行経験があったにも関わらず

自分の勝手な考え、何より、

経営に対する意識の薄さも絡まって

正規に頂くべき料金を相手にもディスカウントの理由も伝えず

自己満足的善意で、

2、3割安く見積もって経営を続けていた時期がありました。

何故そのような思考に陥ったのか?

振り返るといくつか腑に落ちるものがありました。

  • その料金の価値を分かりやすく伝える対話力が貧困
  • お客様の心理として料金は安い方がいいだろうという思い込み
  • 安くしたことでお客様の裏側にある日常生活にも若干貢献できたという自己満足
  • 経営を持続させる為の収益積み上げの重要性を学んでいなかった

こんなところですね。

特に、2番と3番はお恥ずかしい勝手なこちら側の善意ですからね。

どれだけ上から目線なんだと恥ずかしくなります。

逆に安くサービス料金を見積もるという事は

自らの価値が安いと公表しているようなもの。

先日のお客様も旧盆を自宅で家族で一緒に過ごされたいという願いを

介護タクシーの移送で安全に完了し、

料金の精算を行うと

『えっ?それだけでいいの、申し訳ないからこれだけ、、ね💛』

と、

正規料金よりも1500円ものチップを頂き

恐縮した次第なのです。

安さを売りにする業種・業態もあってしかるべきですが、

資金力・資本力の弱い個人事業主・自営業者は

安さでお客様を喜ばせるのでなく、

サービスの価値で喜んでもらうという商売の本質を探究していくべきですね。

あとは何故この介助料金がこの値段なんだという根拠も

専門用語を使わずに利用者に伝える

表現力・プレゼンテーションのスキルも上げる必要があります。

その手段の一つに

このブログ更新があります。

その日その日書き上げるテーマを決めて

それを編集して構成して作り上げる、という

過程の積み重ねで

確実に過去の自分よりはスキルが上がってきたと自負しております。

個人が個人の思いを発信できる現代。

エキサイティングな時代だと本当に思います。

SNSでつながっている豪傑な情報発信者を見ると

まだまだだな、と痛感しますが。

ブログテーマから大分ズレてきたので

この辺で。(笑)

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加