首里城で微笑む彼女の姿。介護タクシーはささやかな幸せをお届けしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この画像がないと首里城にいってないでしょ?と言われたり(笑)

うーん、

やっぱり、観光案内のお仕事は楽しいですね。

とあるご縁から頂いた貸し切り観光。

世界遺産でもあり、バリアフリー環境も整っている

首里城をご覧になりたいと東京からお越しのご家族と

訪れた次第です。

この画像がないと首里城にいってないでしょ?と言われたり(笑)

この画像がないと首里城にいってないでしょ?と言われたり(笑)

まぁ、これは以前の画像で、

今回のやつはこちら。

麦わら帽子が南国の青空に映えるのです。

麦わら帽子が南国の青空に映えるのです。

守礼の門が捉えられていないのはワタシの技量の無さ。

スンまめーん。

この日の沖縄は気温35℃にせまる猛暑。

数十歩歩くだけで滝汗ダラダラの状態。

バリアフリー環境は素晴らしいものの、

贅沢言わせてもらえれば

ミストサウナの設置をお願いしたく(笑)

一緒に映っているお母さまが

バリアフリー環境とスタッフの対応が整っている事に

感心されておりました。

車いすの来場者には特別目をかけるようにとの

配慮・教育が行き届いているのでしょう。

バリアフリールートの案内をさらっとしていただけ

こちら側が迷うことなくスムーズに観光を楽しめるよう

気を配ってもらえます。

もう一つの世界遺産。 園比屋武御嶽石門。写メりたい人が群がる、群がる。w

もう一つの世界遺産。
園比屋武御嶽石門。写メりたい人が群がる、群がる。w

ワタシとしては暑さも落ち着き

涼し気な気候となる9月末から10月上旬をオススメしたいかな。

汗ダラダラが大好き!っという特殊体質の方はそのまま8月来沖されてください(笑)

首里城本殿、南殿、北殿にかけて

車いすユーザーでも問題なく段差を解消できるリフト、スロープが完備されてます。

同行のお母さまはその事にすごく感心され、

何より、

リフトを取り扱う着物をまとった風格ある男性スタッフの細やかな気遣い

声掛けに感動されておりました。

リフトが首里城には4か所ほど設置されてます。

リフトが首里城には4か所ほど設置されてます。

ピンクのカラーが可愛らしい。大好きな色だそうです。

ピンクのカラーが可愛らしい。大好きな色だそうです。

途中、途中彼女と雑談をかわしながら時間の共有を噛みしめておりました。

途中、途中彼女と雑談をかわしながら時間の共有を噛みしめておりました。

本を読む事が好きな彼女。

ハリーポッターなどのファンタジー小説が大好きだそう。

あんなに活字の多い小説はワタシでも避けたいところですが(苦笑

『読む事が好きだったら、自分で書く事も好きなんじゃない?』

とワタシが言うと うん、とうなずいてくれました。

おせっかいながらブログでも書いてみたら?と進めたのですが。

それは本当に余計なおせっかいだったかなw

首里城を訪れる前の対馬丸記念館も含めた6時間の観光。

帰りは山城饅頭をぜひ買いたいと立ち寄りました。

こういうのって案外、県民よりも観光客が買うんだよな。

こういうのって案外、県民よりも観光客が買うんだよな。

月桃の葉に包まれたあんこ入りのまんじゅうを食らいながら

彼女が言った

『今度、学校の友達と沖縄に来た時に介護タクシーを利用したいので名刺下さい』

と可愛らしい声で名刺の催促を受けた時

何とも言えない充足感を味わったものです。

『ありがとう、100枚でいい?』

と、おっさん小ボケをかましたときにハハっと笑ってくれ、

お母さまから差し入れしていただいたパインジュースを飲んだ時にふと出た

『おぉ~う、ぐふっ』

というゲップの一歩手前のマナーの悪いうなり声を吐き出した時、

今日一番の彼女の笑い声を聞いたときに

ワタシは救われたのでした。

又の来沖をお待ちしております!

介護タクシーめぐりをご利用いただきありがとうございました!!

介護タクシーめぐりはあなたの貴重な一分一秒の為に

何が出来るかを常に考え、

外出の喜びを感じて頂けるようベストを尽くします。

スマホからのお問い合わせ・予約はクリック!→ 090-4914-9628

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加