ブログでは伝わらんぞ!2016.8.26の全島エイサー祭り・道じゅね~に初めて足を運んだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
癒される画像。

やっぱりねぇ、

テレビよりラジオよりYouTubeより

生の現場

なんですよ。

しかしながら現場に足を運んで写メったいくつかの画像で

その現場の空気の一端を感じてもらえたらと思い、

画像羅列のブログをぜひご覧ください。

宜野湾市・普天間一区青年会!

宜野湾市・普天間一区青年会!

時刻は19時。夕焼けもそろそろ終わりを迎えます。

時刻は19時。夕焼けもそろそろ終わりを迎えます。

この画像地点が道ジュネ―のスタート地点です。

サンライズホテル前の下り車線を封鎖してエイサー演舞

サンライズホテル前の下り車線を封鎖してエイサー演舞

アスファルトの上って俄然テンション上がるんですよ。

アスファルトの上って俄然テンション上がるんですよ。

ワタシも以前はウスデーク・大太鼓と演舞の経験はあるものですから

この若者たちのテンション、みなぎるパッションが

手に取るようにわかるんですね~

夜空を迎え入れようと青年たちは太鼓を打ち鳴らし続けます。

夜空を迎え入れようと青年たちは太鼓を打ち鳴らし続けます。

この子がかわいいんだ。

この子がかわいいんだ。

右下に見える両手が父親の身体の一部(笑)

これも沖縄あるあるでしょう。

幼少期のお子さんを連れて、パーランク―(見ての通りの太鼓)とバチを

持たせてエイサーの踊り手と息子・娘を重ね合わせるのが

両親の至福のひと時なのです。

何としても躍らせろ!というキッズw

何としても踊らせろ!というキッズのやる気、元気。

癒される画像。

癒される画像。

青年たちの演舞に体が曳かれそうになりながらも(笑)

どうしても青年会と一緒に踊りたくて身体が前に出るも

両親に引き止められ、3秒泣いて、又、青年会たちと踊るという

ローテーションを10回以上は繰り返していました。

この子は大物ダンサーになるでしょう(笑)

マジで癒されるなぁ

マジで癒されるなぁ

踊り手のDNAが身体の細胞に働きかけるんでしょうね。

将来が楽しみです。

さて、

車いすユーザーを連れてきたら?という想定で取材に行ったのですが

祭り18時半スタートでワタシが19時訪れた時点で

社交街周辺のコインパーキングはどこもかしこも満車状態。

国道の道自体を踊り手の場所としているため

車椅子ユーザーの専用駐車場なんてものは完備されてなく、

近隣の施設の状況を観察しながら

迷惑にならないように車を停めなければなりません。

勿論、早めに来てどこかしらのパーキングを抑えればいい話ですが。

各所に配置されているガードマンの指示に基本、従いましょう。

因みに母親?らしき車椅子ユーザーを連れたグラサンの酔っ払い野郎が

ガードマンに絡んでいました。

可哀想に、ユーザー女性自身が止めに入ってましたから。

酔っぱらって絡む奴は基本、心が弱いんです。

そういった飲み方をしないよう反面教師とせねばなりませんね。

このような台車を押し歩きながら道を練り歩きます。

このような台車を押し歩きながら道を練り歩きます。

各青年会、自作の台車に発電機・音響機材・スピーカー、マイクを設備して

本番に臨みます。

台車の形も青年会により様々です。そこを見比べるのも面白いかも。

横断歩道で太鼓持って踊るなんて年に一回の晴れ舞台でしょう。

横断歩道で太鼓持って踊るなんて年に一回の晴れ舞台でしょう。

ここはローソン上地店の近くの横断歩道ですね。

対向車線からの視線もビンビン感じながら。

対向車線からの視線もビンビン感じながら。

普段、車・バイクしか通ってはならない道路。

そこを何のしがらみもなく、警察に怒られることもなく、

違反切符も切られることなく、

むしろ拍手を頂ける喜び・充実感を味わえるのは

エイサーそのものを経験しなければわからない事。

最高に気持ちいいですよ、

エイサーをやったことない人は

一度は厳しい練習を重ねて現場に出る事をオススメします。

ここはゴヤ十字路。

ここはゴヤ十字路。

普段はスクランブル交差点で通行量の多い場所。

楽しいだろうなぁ、気持ちいいだろうなぁ。

楽しいだろうなぁ、気持ちいいだろうなぁ。

園田青年会。沖縄市の中でも権威ある名うての実力団体です。

おお、見事に足が揃ってまんがな

園田青年会。沖縄市の中でも名うての実力団体。

園田青年会。沖縄市の中でも名うての実力団体。

エイサーをかじった方なら知らない人はいない、

県内、いや、

今や、世界にとどろく権威ある団体。

時々、世界からお呼びがかかり演舞を披露しに行くというほどの青年会。

彼らの特徴は何といっても

太鼓の打音の統一感。

ドン!という地響き・バズーカがさく裂したかのような

打音はいつ聞いても素晴らしいものです。

諸先輩方からの教えが今にも引き継がれているのでしょう。

全ての太鼓者たちの動きを揃えなければ成し得ない

習練の積み重ねが

我々聴衆の魂を揺さぶる打音となって表現されるのです。

ワタシの所属していた中川区青年会の演舞も

これに近づいてきているからなぁー!

チバリヨー、中川青年会!!

続いて、ゴヤ十字路から空港通りへ足を向けましょう。

ウップス!吐き気が出るほどの混雑ぶり!!

ウップス!吐き気が出るほどの混雑ぶり!!

凄いね。

凄いね。

アメリカ人もフィリピン人も沖縄ンピーポーも来日観光客も入り乱れて

加齢臭・脇汗・体臭の三弾ミックスで構成された

この通りは人間の嗅覚レベルでよかったなと思えるエキサイティングな状況。

車椅子ユーザーも何組か見かけましたよ。

車椅子ユーザーも何組か見かけましたよ。

このような混雑ぶりを見るにつけ、

車椅子ユーザー自身はエイサー観覧をためらう方もいらっしゃるのでは?

心配ご無用、ワタシはこういった混雑する祭り・イベントで

車椅子ユーザー、高齢者、障がい者が楽しめるような現場の空気に合わせた

配慮、介助が出来ますから。

ワタシ自身は舞台の黒子に徹して

お客様自身が来てよかったと思える実感・体験を得られるように

陰の支えとなるだけです。

任せてつかあさい!

ワタシのお気に入り。中の町青年会。

ワタシのお気に入り。中の町青年会。

時刻は20時半過ぎ。

いよいよ、クライマックスに近づいてまいりました。

この青年会のカチャーシー、唐船どーいを見ずに

帰宅する事は許されませんで。

青年会の動きに合わせながらワタシも移動。

因みにこの道ジュネ~の全体的な動き・流れは

先頭の青年会の踊りが終わって隊列が前進する動きを見計らい、

後列に続く青年会が後に続いて踊るという、

まさに予定通りにいかないぶっつけ本番の祭り。

全島エイサー祭りサイトより拝借しました。

全島エイサー祭りサイトより拝借しました。

前列の青年会がまだ踊り続けているのに、

後列の青年会に踊りが終わるという現場ならではの状況も起こりうるんです。

その会場の空気を沈めないよう、

三線演奏の地謡(じかた)は曲をやめることなく

青年会の疲れ具合と前列の青年会の動きを同時に見ながら

臨機応変に対応します。

そういう現場の状況もテレビ・YouTubeでは

伝わらないですよね。

概算ですが、スタート地点からフィニッシュ地点まで700メートルの距離をほぼ、ノンストップで踊り続けるという

クレイジーな催し(笑)

だからこそ、聴衆・観衆のココロを揺さぶり、感動と興奮を生むのです。

逆に言うと、

これだけの観客が声援・拍手を送るからこそ

青年・女性踊り手のモチベーションに力を与えるのです。

あ、あと、肝心なトイレ状況ですが、

健常者は臨機応変に対応できるものの、

車椅子ユーザーのトイレはやはり、

ゴヤ十字路付近のコザミュージックタウン音市場で済ませるのが

宜しいかと思いました。

何せ、道路を練り歩くというスタイルの祭りですから

周辺の衣料品店・飲食店・コンビニに確実にユニバーサルトイレが

整備されているとは確信できない状況。

ここら辺のトイレ整備も祭り実行委員会の課題でもあるでしょう。

健常者のトイレはこちら。

障がい者のトイレはこちら。

というようなアナウンス・広告も意識して取り組む必要があるでしょう。

マスコットキャラクターも観衆と触れ合いの時間を大切にされてました。。

マスコットキャラクターも観衆と触れ合いの時間を大切にされてました。

さぁ、最後はこちらでフィニッシュ。

ワタシも三線を弾いているためこの中の町の地謡の

カキビチの美しさに嫉妬します(苦笑)

また、旗持ちの彼の動きご覧になりました?

ただ持っているだけでなく

メロディに合わせた動き、そして、最後の

ダイナミックな旗振り旋風脚w

観衆を大いに沸かせました。

最終日の全島エイサー祭り・コザ運動公園は訪れた事は

あったものの、

道ジュネーは初めての体験。

来年はお客様を連れて楽しみたいものです。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加