介護タクシーの役割はこんな所で果たされている! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本日の天候はご家族の集まりを祝福するかのようなグッドウェザー。

ズバリ、

車いすがそのまま乗車できる専用設計の特殊車両であり、

介護タクシーに乗って頂く前、目的地に着いた後の

お客様が望む介助まで

引き受けられるスキル・介助技術が備わっているからこそ、

先日の突発の依頼にも対応が出来るのです、

出来たのです。

そのご依頼は予約受付時間をとうに過ぎた20:00。

内容は救急搬送されたものの、体調も回復し、

自宅に帰りたいのだが

車いすを使用する高齢者であることと

その車いすごと乗車できる車両と言えば介護タクシーだなという事で

当社にご依頼となりました。

健常者ならご家族ないし、友人・知人を当たって

自家用車で迎えに来てもらえれば済む話ですね。

しかし、車いすを日常使用している方が

救急搬送されれば、処置を終えて看護師から

「もう、帰っても大丈夫ですよ」

と帰宅OKのサインが出ても困りますよね。

何故なら一時を争う状況で車いすを救急車に乗せるなんて配慮は

まず無理だから。

(ストレッチャーで搬送されますし)

まぁ、その帰宅OKサインが日中に出たとしたなら

施設が職員と車両を送り出して迎えに行く、、という事も可能です。

実際、そういう移送が行われている事はあるでしょう。

しかし。

その送迎対応も介護職員不足の状況から

施設側としてはキツイものである事は間違いないでしょう。

家族側の心理としては

そこの部分もやってくれるよね?と思いたいのはやまやまでしょうが、

実際、施設で提供される介護サービスが手薄になる事は事実で

しかも、

その施設側が配慮した病院からの戻りの移送に関しては

料金請求できない事が原則です。

つまり、

病院からの退院の移送部分は

ボランティアで対応している場合が主です。

その戻りの部分でガソリン代とか移動の部分の職員の人件費をご家族に請求する事は

道路運送法違反に当たります。

我々介護タクシー事業者のように

お客様を乗せて対価を頂くという事業許可を取っていないからです。

今回の事例も夜の20時過ぎに連絡があり、

もしかすると施設職員に打診は掛けたのかもしれませんが

夜勤は日中に比べて配置される職員がさらに少なくなります。

そんな時こその介護タクシーなのですね。

救急車の役割は

緊急を要する・一分一秒を争う生命を救うために配置されているのであって

処置を終えた後の患者に対して移送対応は出来ないわけです。

そんな時の帰宅の選択肢の一つとして介護タクシーを是非、

覚えていてくださいね。

あ、

ついでに、良い介護タクシー事業者かそうでないかの見極めのポイントを

教えておきましょう。

基本、日中に比べて夜間対応していない介護タクシー事業者が多いです。

夜くらいは大好きな酒飲ませろとか、

家族との触れ合いを大事にとか、

習い事に通っているからとか、

色んな理由があるわけですね。

勿論、我々介護タクシー事業者側としては

そのプライベートの時間の確保も大事な事です。

そんなドライバーの心理状況の中で

「今から病院に迎えに来てもらえませんか?」

との問いかけを投げかけた時、

  • ぶっきらぼうな態度を取ってくるのか
  • 対応できないにしても他・事業者を紹介しようと働きかけるのか

この2点に注意してみてください。

その人の人間性が浮き彫りになりますから。(笑)

え?

ワタシ?

ワタシ基本、家にいる時はお酒飲みませんので

対応の可能性は大きいですよ。

勿論、プライベートで外出しているときは

申し訳なくお断りして、

同業者を紹介しますが。

先日の夜間対応も

丁度、

英会話

のレッスンが終わったナイスなタイミングでしたから。

神様はちゃんと頑張る人間を見ているんですね。(笑)

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加