目的地へ送り届ける事は笑顔と小さな幸せを運んでいる事でもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_2030

先日もお客様の予約を頂き運行を無事終了できました。

朝は病院へ、昼は特養ホームからカフェへ、

そして夜は地域の祭り会場へ。

お昼のお客様のランチも家族が久しぶりに勢ぞろいしたようで、

介護タクシー車中で付き添いの奥様も気分が高揚しているのか

車椅子ユーザーの過去の生い立ちやお仕事、果ては

故郷の伝統芸能の自慢までマシンガントークでワタシに

浴びせかけてくださいました。(笑)

夜の部でも祭りが大好きで賑やかな雰囲気を日々追い求めている

リピーターと縦ノリ・横ノリでライブ鑑賞出来た事に

お客様自身も大変満足されたようで

周りが生ビールを食らいながら盛り上がる様を見るにつけ

若干の羨ましさと悔しさを持ち合わせたワタシの邪な気持ちも

お客様の笑顔・感謝の言葉で

かき消されたものです。

介護タクシーの価値って実はお客様からの何気ない一言に

隠されていたりします。

「車いすごと入るんですねぇ、知らなかった…!」

「病室まで迎えに来てくれるんですね」

「そんな機材も(リクライニング・多機能車いすなど)使えるんですね。」

「祭り会場内も付き添ってくれるんですねぇ」

こちら側は当然のサービスを当たり前に提供する

わけですが、改めてお客様の会話から伺うと

そこの部分に見込み客の集客に効果的なワード・言葉が

ちりばめられてたりします。

そこを聞いてハっとさせられるものがあります。

仕事とは相手もこちらも笑顔で幸せになれる尊いものである。

一方通行の押しつけ表現にならないように

気を付けたいものです。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加