介助料金を値上げして1か月経過。お客様の反応はどうだったのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホじゃあ、ベストショットの限界があるよなぁ。

正直、ドキドキものでした。

『えぇ?値上げするの?そうなんだぁ…』という声が運転席後方から聞こえてくると

この後のリピート利用に繋がらないんじゃないかと冷汗が出ていたものですが。

そういった声が出るのは予測できたためワタシはできうる限りの対策を事前に講じていました。

介助料金値上げの決断時期はさかのぼる事2か月前の8月後半。

決断した時からすぐに取り掛かったことは手書きのメッセージで関係先病院の地域連携相談室へ、居宅介護支援事業所へ、キーパーソンのケアマネ・相談員に何故介助料金の値上げに踏み切ったのか?の理由をつづった封筒を送りました。

それだけでは足りないので介護タクシー車内にもその旨を書き綴った手書きメッセージをラミネート加工し、もう一つのラミネートにはどの介助行為がどれだけ値上げされたのか?を示した料金改定表も作成。

リピーター、新規利用客に10月初めから値上げさせていただく事を車内の見やすい位置に設置。

なるべく早い段階で値上げが行われることの心構えを造って頂きたかったから。

勿論、それだけでは足りないので(笑)

当社サイトも料金値上げのお願いをブログとサイト更新でお知らせ。

1か月半前に知らせるという判断時期が個人的に早すぎたかな?と考えもしましたが、

その時はエンジンがあったまっていたのでとにかくスピーディーに執り行う事しか考えていませんでした。

我々個人事業主の介護タクシーは資本力のある大手企業のように安いサービス料金でお客を引き付けるという手法は安易にとってはなりません。

ましてや、一般タクシーのように乗車回数も稼げない・お客様を乗せる前後に身体介助があるという特性も鑑みると一つ一つの介助を丁寧に行い相応の報酬を頂かねばならないのです。

利益を上げ続けなければ介護タクシー車両の維持費・修繕費もねん出できず、事務用品費・広報活動費・固定費の光熱費にも対処できなくなってきます。

経営には突如とした支払いが想定外の時期に経営者の心構えなんて関係なく襲ってくるのです(笑)

1か月運行してお客様の反応はどうだったか?

クレーム、マイナスな声は聞こえてきません。

今の所ね(苦笑) ワタシの耳に届いていないだけでくだを巻かれている可能性は否定できませんが、何より、今回の値上げに踏み切れたきっかけというのはお客様自身の声が決定打だったのですから。

『えっ?それだけで大丈夫ですか?』

『はぁ?それだけ?いいよ、これくらい色つけてやるから』

と、こちらの想定外の反応がいくつかあったのです。

ワタシはどこか自分の提供するサービスの価値を低く見積もっていたのでしょう。

安い方がお客様としても嬉しいだろうし、リピートにも繋がりやすいだろうと思い込んでいたのです。そう思いながら運行を続けていたのです。少し自分をごまかしながらやってきました。

そのモヤモヤをリピーターのお客様が間接的に教えてくれたような気がします。

もっと自信をもってサービスを提供し、しっかりと儲けようって。

首の皮一枚でやる事業なんて意味ないですよ。事業者側がつぶれても利用者はそこまで気にしていなかったりしますからね。現実問題。

勿論、赤字で経営している事業者をバカにしているわけではないです。

自分が経験してきたお客様との関係性や過去の実績を踏まえたうえで覚悟をもって宣言すればいいのですから。

値上げさせていただきます。その代わり納得いただけるサービスを贈ります。

ってね。

とはいっても、10年やっていても、提供サービスがいまいちだったな・期待値を上回るサービスが届けられなかったな、と思う事もしばしば。

そして今回の値上げにもかかわらずご利用いただいている現実にも感謝なのです。

誰が見ても分かる通り、景気のイイ世の中でなくそういった世知辛い状況の中で

個人個人が働いて稼ぎ出した収入から・障害年金という限られたお金から介護タクシーをご利用頂いている事実を深く噛みしめる必要もあるのです。

これからも介護タクシーめぐりは精進して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加