インバウンド増加の傾向、先日の問い合わせから決断を迫られる?いや、決断しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
半年に一回でも来たいね

そんなに見られていないブログですが、一応、インターネット上で公表という事は

世界中の人が閲覧できる環境…なんですよね?(笑)

ワタシの人生ポリシーとして無言実行がしっくりきていて、性にあってるかなと

思っていたのですが、いや、今でも思ってます。w

一度くらいは有言実行してみるか。

先日、お昼過ぎに見知らぬ電話番号から問い合わせが。

「○○ホテルからですが。介護タクシーを利用したいという韓国人の方なのですが。」

「英語で対応とか可能ですか?」

「あぁ、、、。英語ではちょっと。。厳しいですねぇ。。(汗)」

数分のやりとりで電話応対終了。

めったにリゾートホテルから介護タクシーの問い合わせTELはあるものでなく、

どういった経緯で当社の連絡先を知ったのか?

そのホテルの障がい者の利用ニーズは?今後は?

一度はお会いした方がイイだろうと、運行終了後、突撃訪問。

(アポ取った方がイイよねw 結構アポなし営業やりがち(苦笑)

結果としては、利用にはつながらず、その理由も

当社の貸し切り料金が高いと思われたようで(笑)

料金が高いから、やっぱり下げた方が利用につながるのかな?とは

思わなくなったワタシ。

その後、いくつか質問してみると、そのホテルは障がい者の利用は初めてとのこと。

韓国人の方から、そういった車いす対応のタクシーみたいなものはあるのか?という

ニーズを聞いて急遽、ホテルスタッフがネット検索。

ワタシの営業所が近いという事もあり、問い合わせに至ったそうです。

巷のTV放送、ニュースなどを見聞きする限りでは

インバウンド(訪日観光客)が増加しており、

それに対応する人材、宿泊設備、移動手段の確保が必須だという事は

皆さんも知っておられるのではないでしょうか。

それでなくても観光立県を打ち出し、リピーターが何度も訪れたいと

ありがたい言葉を投げかけられるこの沖縄。

前々から英語の習得を行う事で

介護タクシーの観光利用につながるのではないのか。

売り上げ確保のチャンスを逃しているのではないか。

と、

意中の女性のひそかなアピール行動を読み取れなくて

矢吹ジョーばりの真っ白脱力状態・鈍いワタシでも

このあたりの経営感覚は感じておりました。

ただ、思っただけで、行動に移していないだけです。

行動に移さないで3~4年は経過しているかと思われます。

なので、このブログ作成前に早速オンライン英会話の申し込みを行いました。

まずは無料講座体験でおおよその感じを掴み、

継続していきたいと思っております。

まずは、やってみます。

やった後にどう動くべきかを考えればいいです。

決断しない事を決断したいと思います。

以上でふ。

英会話

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加