早くも7年…。月日の早さと共に、介護タクシーはお客様の充足感をお運びしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出ました!南部の観光ルートに欠かせないニライカナイ橋からの風景!

気が付けば土曜日。

明日は週初めの月曜日。

我々はそれぞれがそれぞれに社会に携わる幾多のお仕事を日々こなし、

その経験年数もそれなりに重ねてくると決まって、

もう1週間たつのか。

もう半年なのか。

早いなぁ、もう年末なんだ。と、

お決まりのセリフをお決まりのメンバーに述べるとともに

月日・経過のあまりの早さにただただ驚かされます。

何回も何回も言葉にし、十二分にも分かり切っている事なのですが。

介護タクシーの価値とはお運びした『先』に見つかるもの

先日もリピーターのお客様を施設から自宅へお運びしました。

そのリピーターの肝っ玉ばあちゃんは90歳をゆうに超える

エネルギッシュかつイイ意味でのわがままっぷりをいかんなく発揮する方。

沖縄は旧暦に合わせた年中行事が様々あり、

その方も、旧暦の行事を大事に考えられて事あるごとに

自宅へ帰られ、ご先祖様にお祈りをささげられ、

また、その時々に集まる親せき・家族・お孫さんとの交流を楽しまれており、

そのささやかな下支えの役割を介護タクシーめぐりは担っております。

今回のご利用は、7年前に亡くなられた息子さんの7回忌という事で

前日にご予約を頂き、運行ご利用となった次第。

いつものように車いすのままタクシー車内へご乗車頂き、

ご自宅内まで車いす介助を行い、

お迎えの時間に合わせて迎車、

再びご自宅内から介護タクシーへ、

そして施設帰宅となった、いつもと違いのないご利用内容だったのですが。

ご料金精算の時に、

ありがとうねぇ~!あんたの予約が取れなかったらどうしようかと

思っていたよ~!

本当に本当にありがとうねぇ~!

大事な息子さんを亡くされた惜別の思い。

そのお気持ちはわかります、などと軽々しく発言できるものではありませんが、

ワタシも父を亡くし、3年忌も終え、

亡くした後だからこそ湧き出てくる後悔、懺悔。

強いはずの父親が、弱いただ一人の人間だったという空虚感。

そして、感謝の感情。

その家族に、その生き方、在り方が存在し、

どのように故人を偲ぶかはそれぞれなのは言わずもがなですが。

そのお客様はやはり、7回忌という大事な節目に是が非でも駆けつけられたかったのでしょう。

位牌にどのようなお言葉を投げかけられたのか、何と語り掛けたのか。

お客様からの感謝の言葉を頂きながら、

か細くなった右手へ軽やかな握手を交わし、

本当に満足されたお顔・言葉からのエネルギーを確かに感じたワタシは、

今一度、介護タクシーという運行業務の意味・意義を

掘り下げて深く深く考える必要があるなとお客様に教えられたのでした。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加