お客様の家族とどこで繋がるかわからない。だからこそ一つ一つがおろそかに出来ないのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jpeg

先日のお客様のご利用は、入所施設から数キロ先の外食店。

基本的に入所となると、その施設のサービスプログラムに沿った時間を過ごす事となり、

外出もない事はないのですが、

明らかに言える事は、我々のような自由は持ち合わせていないこと。

介護タクシーのご利用内容に、

施設からの一時帰宅や(米寿・97歳カジマヤ―祝い・お盆・正月など)、

家族の結婚式披露宴への参加、

美容室へのご利用などなどありますが、

今回は久々に会うご家族との外食を楽しまれたいとの事で

ご利用の運びとなりました。

お迎えの時間は1時間後。

人生の軸がブレまくっている事がある種誇りのワタシは、

お客様お迎えの時間10分前にはブレることなく、

当然の如く車両待機。

お客様指定のお時間になっても出てこない。

まぁ、話が弾んで時間を過ぎてしまう事はある。

もうちょっと待ってみよう。

10分経過。

一応、駐車場についてますよ、、のお知らせ電話だけ、かましとくか。

プるる。プるる。。。。。

おぉ。

全然取らないな。

数分置いてもう一回。

……

やっぱり、取ってくれない。

もしかしすると、数分後にはかけなおしてくるかも。待つか。

おう。

15分過ぎたがな。

流石に遅いで。

中をちょっくら覗くか、こちらの動きを悟られないようにするのがプロ。

覗きと言えば、高校生以来だな、余計な情報だな。

うーん。

外からは確認することが出来ない。

分かっている。

久しぶりの家族団らんなのだろう、話も弾む。

少々時間オーバーしても相手側の立場に立てば、

もうちょっと待ってみてもいいだろう。

何せ、施設入所でのストレスもある、この外食がリフレッシュと感じられるものでなければ。

その一瞬一瞬の時間を楽しんでもらわなきゃ。

うん、

流石に限界(笑)

店内に特攻。

おお、いました。

ほう、10人は確認できるほどの和やかかつ、

楽しそうな雰囲気、、、、の所、恐縮ですが、、、、、と、

周囲をよく見ると。

先月、バーに飲みに行った時、

話が弾んだ店員さんがそこにいるじゃないの!!

えっ?

この介護タクシーめぐりをご利用いただいたお客様のお孫さんなの、あなた(笑)

そうかぁ、そんな感じでつながるんだぁ。

何か新鮮。何か照れくさい。何か、、、イイね(笑)

世界は一つ。

日本も一つ。

沖縄は、世間は、結構狭い。

思わぬ所で思わぬ人とつながる。

そんな事をかみしめた介護タクシー運行でした。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加