料金の支払いを渋る・先送りにしようとするお客様への対処法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_1514

今後、利用をお断りする

という意思表示を相手にしっかり伝える、という事に

なりますね。

このお仕事も長くやらせてもらっていますが、

このようなお客様はある傾向がみられるんです。

それは、

  • 利用当日の依頼「今○○にいるんだけど来てくれない?」というような事前予約でないケース
  • 電話越しの口調が焦りを匂わせ、口数も多くなる

関係性が深くても支払いがルーズなお客様

先日の事でした。

経理関係の打ち込みを行っていた24時10分過ぎの事、

一本の電話が。

顧客A
花城君、今、○○病院の救急治療室からなんだけど…!  

ハナシロ
大丈夫ですか?    

顧客A
夜遅くに悪いんだけど、処置も終えてるから自宅に戻らないと…

勿論、夜間割り増し料金も支払いするので。

自宅に財布忘れて救急車で運ばれたから…

迎えに来れる?

ハナシロ
分かりました、すぐ向かいますー。    

自宅到着後。。。。。。。。。

ハナシロ
お疲れさまでしたー。    

顧客A
あ、支払い、年金が入る3週間後でいい?  

ハナシロ
え?

お金持っていないんですか?  自宅に財布あるんじゃ……

顧客A
必ず払うから…  

実は、このお客様、これで3回目なんですね。

「あ、そういえば持ち合わせ無かったんだ…」

「財布に残っていると思っていたんだけど…」

「いや、でもね、必ず…来週の金曜日には…」

自分の不誠実さを誤魔化すかのようにやたら早口になり、

モラルの欠けた部分を穴埋めするかのように言い訳の言葉数が多くなる

傾向が見られるんですね、こういう方は。

これまた、支払いを指定期日に済ませられない方の共通特徴に

  • 日々の金銭管理がルーズ

なんですね。

例えば、25日に振り込まれた10万円の給与を

来月の25日までに持たせる・足りなくなるような事態に陥らせない

という自己管理が出来ないんですよね。

何とかなるからという自己欺瞞から

  • 身の丈以上の衣服・飲食を消費し
  • 他人に見栄を張って大盤振る舞いしたり
  • ココロの寂しさを金銭消費で埋めたり

そういう匂いや立ち振る舞いがコミュニケーションを通して感じられます。

んで、こういう傾向の人はそのふるまいを重ねて所持金の少なくなった現状でも

何とかなる・何とかしたい・何とかなってきた・相手が許してくれたという過去の経験を

引き合いに出して、自分の心にウソを塗り重ねていくんですよね。

こういう人って、厳しい言い方かもしれませんが、

自分の欲を優先したいから貴方は私の為に我慢してよね

という自分の事しか考えられない人なんですよ。

だから私に対しても

「必ず支払うからお願いね」といい、

馴染みの飲食店でも関係性の深さから許してもらえるという打算の元に

「2週間後にお金はいるからゴメンね」

といい、このサイクルを改めようとはしません。

料金を回収出来たらそれでいいんじゃない?

という意見もあろうかと思いますが、

この世に存在する幾多のサービス・体験・衣服・飲食を受けるにあたっての基本原則に

  • 提供されたら(受けたら)対価を支払う
  • 指定された期日内に支払う

ですよね。

介護タクシー料金の支払いは基本、利用当日です。

飲食店も衣服店もアクティビティ施設も支払い決済は当日行いますよね。

ハッキリ言えば私自体の人間性やキャラクターに甘えて

お客様が付け込んでくる、という側面もあります。

今までにそういう状況を受け入れてきた、という私自身の

甘さもそういうお客様を呼んでしまっているんですよね。

今回の事例も救急搬送という理由からしょうがない、という

見方も出来ますが、

今回で3回目ですし、電話越しでは「お金は支払うから」といって

結局支払えない事になっていますし。

信用の対価であるお金の支払いを

期日通りに支払えないという事は社会人としての信用を

失うという事を私自身も自戒を込めたいと

今回の事例を通して感じました。

タクシー運行についての相談はこちらから

300円で得られる介護タクシー開業者が心に留めておくべき10か条

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加