オンラインシステムを活用しない経営者は益々利益が出ないであろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
macbook-577758_640

言いすぎましたかね?(笑)

でも、率直にそう思うんですね。

つまり、インターネットの仕組みを活用すれば従業員を雇わずとも

完結できるタスクがいくつもあるんです。

極論、税理士・行政書士・司法書士へ依頼せずともオンラインで

ほぼ無料で完結できるような環境が整えられてますからね。

今現在、私が活用しているオンラインシステムの一部をご紹介します。

あ、

これってやりようによっては5回くらいブログ書けそうだな(笑)

MiSOCAで請求書・見積書・納品書がササッと出来上がる

もうね、これ、最高です。

私のお仕事・介護タクシーと言う運送業も時に弁護士や成年後見人と関わる事があります。

お客様自身が認知症であったり身寄りがない車いすユーザーであったり

精神障がい者であったりします。

自分で自分の財産を管理出来ないので代理で各種支払いを責任を持って

やってくれる方が成年後見人であり成年後見制度ともいわれます。

弁護士・司法書士・行政書士が主に担当者となりますね。

先日もお客様の送迎を行いましたが、その料金の請求を

成年後見人へ行うわけです。

んで、私の今までのやり方は

  • Word・エクセルで自作請求書作成。これが仕上がり不細工(苦笑)
  • プリンタで印刷→封書あて名書き→請求書封入→郵便切手購入→投函

だったんですね。

この一連の流れをギュッと凝縮すると1時間くらいかかるわけです。

「あ、切手買うの忘れた、封筒忘れた、印鑑押し忘れた」

ともなればもっと最悪ですね(苦笑

それがMISOCA活用に慣れてしまえばパソコンの前で・スマホの前で

およそ15分以内に完結できます。

しかも相手先への請求書送付は

郵送・メール送信・印刷(ファミマなど外手先でも)のどちらかを

チョイスすればいいんです。

メール送信はオンラインなので理屈は分かりますが

郵送

もやってくれるんですよ。

わかります?

こちらが一歩も外出せずとも相手先のポストに投函されるんですよ!

請求書が!!

(郵送代行料 1回¥180ほど)

なんて便利ーーーーなんだ!

こりゃ、引きこもり増えるわ(関係なし)

介護タクシードライバーは通院先での待ち時間もざらにありますから

その空き時間を利用して請求書を作成するにはもってこいなんです。

営業所・事務所に戻ってからじゃないと、、、、。

という概念をぶち壊してくれます。外出先でタスクが完了するなんて

5年前には考えられない事ですね。

それ程、オンラインシステムは進化しております。

システム使用料は基本、無料です。

個人事業主・中小企業主共にオススメであります。

弥生会計ソフトで経理・確定申告を楽にしよう

個人事業主時代から活用している会計ソフト。

こいつのウリは

  • 売上・経費・利益の相関関係がスパッと掴める
  • 確定申告がやりやすくなる

以上ですね。

私自身は日々の売り上げ、経費の打ち込み作業を

中旬ないし月末に行います。

経理作業のコツはため込まない

これに尽きるんですね。

理屈で分かっていてもやれない、と言う方がほとんどでしょうけど(苦笑

夜はオリオンビール・泡盛でバカ騒ぎしたいため

空き時間で面倒なことは済ませるように日々意識してます。

論点がズレだしましたが、

この打ち込み作業を自分のビジネススタイルに合わせて作り出す事で

経理・確定申告が飛躍的に改善されます。

クリック一つで、

売上に対して広告費が5%であるとか

交際費が15%であるとかが視覚的に掴みやすくなります。

そういった売り上げ構成比や利益率がいくらなど

自動的に計算してくれるため本当に楽です。

電卓だけ使っては年末痛い目見ますよ、昔の私のように(笑)

個人事業主向け

中小企業・法人向け

と振り分けられているはずなので年末・年度末・申告時期に

税務署のパイプ椅子で腰を痛めたくない方は

検討してみてはいかがでしょうか。

因みに私が以前購入した会計ソフトは店頭で購入したものですが、

いまやオンラインで購入できるようになっているようです。

利用にあたっての重要事項などしっかりと眼を通して購入されてみては?

オンラインに慣れるまでが大変と言えば大変。

そもそもパソコンのキーボードをタイピングすることなく

得意な人に任せておけば?という方もいらっしゃるでしょう。

それはそれで良しです。

アカウント・パスワードって何じゃラ?

という方もいるでしょう。

しかしながら、インターネットシステムの普及・促進・進化はとどまる事を

知りません。

もうね、慣れるしかないんです。

自治体主催のパソコン教室へ通ったり

自分でアンテナ張って初心者教室を探したり

ITに詳しい友人知人に対価を支払って教えてもらったり。

キーボードとパソコンディスプレイに向き合うしかないんですよ。

そうしないと損する事ばかりが多くなるんじゃないかな。

時々、個人情報漏えい、データ流失が報道されますがそれを理由に

オンラインシステムに嫌悪感・警戒感を覚える方もいらっしゃるでしょう。

そういった危機への対策はウィルスソフト活用や

データバックアップを個別でとるなり

やれる事はやったうえで放置するしかありません。

放置する、は適切な表現じゃないかもしれませんが

そこの脅威を気にし過ぎるより利便性活用へ意識を向けた方が

断然いいです、そう思います。

まずはそのオンラインシステムの利便性・有効性を活用した方が

夜のくだらない馬鹿話の時間も確保できて

心置きなくストレス発散出来るってもんです(笑)

気になった方はまずは覗いてみては?

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加