オンライン英会話レッスン開始から3か月目。 今現在の語学力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0431

3日坊主に代表されるように

3という数字には継続毎の諦め時に関わっていると、何かの本?

TV?ラジオで耳にした記憶があります。

3日

3か月

3年

30年(ここまで来ればもはや、賞賛されるべき継続ですがw)

今現在もお世話になっているオンライン英会話センターに

いつからレッスンスタートしたのか、

問い合わせてみました。

(昨夜のメシも覚えておりませんで)

2月24日スタートだそうです。

このブログ作成時が

6月1日。

レッスン期間はざっくり3か月ですね。

レッスンスタート時は

毎日レッスンを心がけるも、

1か月過ぎたあたりから一日休んだ事をきっかけに、

記憶の限りで通算、5日分怠けた実績があります。

ブログだけは休みませんが(笑)

それでも、休んだ次の日は絶対にレッスン受講を入れて

間隔が空かないように配慮し

週6回というペースで継続中です。

1レッスンは25分。

フリートークだったり、その会社の教材を使用したり、

スキルアップを狙ったコースがあったりと選択肢は豊富すぎるくらい。

2か月目くらいまではほぼ、フリートークレッスンでした。

頭の中にある英単語とボディランゲージを駆使して

身振り手振りを大袈裟に、あと、

オノマトペ(擬音)をふんだんに使用して(笑)

会話中に気になった英単語はポストイットに書き込むスタイルに。

会話中に気になった英単語はポストイットに書き込むスタイルに。

でもね。

そのあたりから、何かこのまま進めてもまずいな、という

感覚に襲われるんですね。

このフリートーク・ボディランゲージの限界地点みたいなものが。

英単語のみの会話にはやはり限界があるのです。

表現したい言葉が相手に伝わらないって、

相当ストレスですよ(笑)

このあたりから基礎の文法が大事だと確認し、

教材の内容を叩き込むスタイルに変化。

いわゆる中学校の英会話授業のやつですね。

THISとか、THATとか、

THEREとか、

thank youとか

(それは全員知ってるわ)

この基礎中の基礎ともいえる文法の流れ、

主語と動詞と形容詞、前置詞などを徹底的に叩き込む期間が必要なんだと

判断したんです。

それも自分の頭の中で文法が組み立てられるくらいに。

例:彼女は川を泳いで渡りました。

これを瞬時に英会話文法に変換する、慣れが必要なんです。

今現在の勉強スタイルはというと、

  • オンラインレッスン前の予習

  (アプリで文法の流れを復習、そして必ず声に出す)

  • レッスン25分

  • 終了後15分ほど学習内容の振り返り。

  • 介護タクシー車中でのUSラジオを聴く

  (耳慣れとレッスン時での気になった単語の聞き取り)

  • 書店で買った書籍(3種類は買った)で英単語・文法の復習。

これをしばらく続けてみます。

ワタシの大好きな文法があります。

Practice mekes parfect

こいつで相手の講師とビデオチャット。使ってわかるテクノロジーの利便性

こいつで相手の講師とビデオチャット。使ってわかるテクノロジーの利便性

習うより慣れろ

慣れるしかないのです。

何かを得るにはそれなりの習練が必要なんですね。

目指すは沖縄初の、

外国人対応介護タクシードライバーです。

長くなりそうですが。(笑)

英会話

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加