紅白歌合戦に初上陸・初見参TheYELLOWMONKEY!その刹那を噛みしめるしかねぇだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_2097

初登場というのは意外であった。一回くらいは登場していたような気がしないでもない。しかしそこまで熱を入れて紅白歌合戦を見ているわけでも無い。母親の作る沖縄そばがその大晦日という一年の終わりを示す日に提供され、それに合わせて紅白を拝むというルーティーンが我が家の年末の在り方となっている。

今年の大みそかはそのワタシの大好きなイエモンが出場されるという事でワクワク感がこみ上げてくるしその日その時間帯の外出は断固として避けなければならない。それが吉瀬美智子からの一夜限りのアダルトなオファーだったとしてもだ。ワタシは躊躇なくYELLOWMONKEYの紅白デビューを見守らなければならない。すまない、美智子、今のうちに謝っておこう。

今回歌われる曲も『砂の塔』だという事らしくどのようなステージパフォーマンスがなされるか見ものである。意表をつく音効やスピーディーなステージ転換で観客を沸かせるのか、それとも活動歴20周年の渋み・彩・色気をふんだんに匂わせながら歌唱と楽曲パフォーマンスで勝負してくるのか。ワタシとしては派手なパフォーマンスはいらない。そもそも熟成されたモンスターバンドが派手な特効で観客の目を引くという演出が野暮と言えば野暮だからだ。

とにかく色気ある声を届けてほしい。その一点のみである、ファンが待ち望んでいるのは。

今回の紅白も世代交代と騒がれてあの大物ブルースシンガー和田アキ子氏が選考から外されたという事実はワタシも少々驚きであった。因みにワタシが気心知れた友人・知人らと飲み屋でカマすウケ狙いソングは『あの鐘を鳴らすのはあなた』と『古い日記』である。持前の声量を活かしてお前マイクいらねぇな、的歓声を浴びるべくパフォーマンスにいそしみ周囲の屈託のない笑顔を見ると恥をさらした甲斐があったなと妙に納得するのである。これまた因みに音程はところどころ狂っているらしいのだがそれはそれで。。。

おっと!

イエモンに関係のない発信に230文字も使ってしまった。

兎にも角にも年末は介護タクシーのお仕事依頼もお断りして紅白歌合戦鑑賞に望む次第である。スマン、嘘です。

年末年始も介護タクシーめぐりは介護施設からの一時帰宅や家族と過ごされるための陰ながらの支えとなれるよういつでも運行依頼の予約をお待ちしております。数時間の観光でもどうぞお気軽にご用命ください。

介護タクシーめぐりオススメ観光メニューはこちらから。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加