求められた事に、どう、向き合えばよいのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0143

常日頃、ご利用いただいている介護タクシーめぐり。

お客様の運行依頼に誠実にお応えするのは当たり前のことで、

ワタシの営業地域では、正直、介護タクシー運行のみで経費を賄い、

不測の事態に備えた積立金、そして、

ワタシ自身の生活費(一般基準に照らし合わせて)を鑑みると、

毎月の収入は安心できるものではないのです。

収入を得る場所というのは、自分が携わっている事業や、専門的に価値を与えている

お仕事のみならず、意識してそれ以上に

幅を広げる、という視点も必要なのではないかな、と思うのです。

これだけ、不安定な、スピード感溢れる現代社会で、

最早、

一つのお仕事で激動の時代を生き抜いていける、、という

確信が持てないのです。

自分が、その、日常で携わっているお仕事以外の、

例えば、過去の職種の経験を活かした生業でお客様に喜びと価値を与え、

そこから収入が得られればそれに越したことはないんじゃないかなと思うのです。

という所で、、、

介護タクシードライバーがお庭の剪定作業を行いました。(笑)

きっかけは、訪問介護事業所へ、これまた、アポなし訪問。(笑)

とはいっても、ちゃんと、この時間帯にはキーパーソンがいるだろうな、という

過去の経験を基に突撃してますからね。

行き当たりばったりではないのでそこんとこ、シクヨロっす。

その相談員に、

介護タクシーの運行依頼の押しつけがましい営業と、

運行以外での代行サービスのご説明に上がったのです。

代行サービスについてはこんな事もやってますよ。

そこから、その相談員を通じて、

介護保険サービスでは対処できない、お客様のお庭の剪定作業の依頼が入ったのです!!

しかも、そのお庭は過去にガーデニングなんたらかんたらの受賞歴もあるという

いわくつきの聖域!!

大丈夫か、ワタシ!!(苦笑)

高さ3メートル以上はある、2本の木の剪定作業何だね。

高さ3メートル以上はある、右側2本の木の剪定作業なんだね。これ、ビフォーね。

確かに、お庭に対する愛着が伺えるよね。

確かに、お庭に対する愛着が伺えるよね。これまだ、ビフォーだよ。

プレッシャーの中、

ベストを尽くした仕上がりがこちら。

プロが見ればダメ出し食らいそう。(苦笑)

プロが見ればダメ出し食らいそう。(苦笑)

もういっちょ、かますで!!

『整える』という事の難解さを痛感したんだね。

『整える』という事の難解さを痛感したんだね。

ビフォーの画像の撮り方がいまいちなので許してほしいっす。

現場の空気、プレッシャー、大地主さんの柔らかだけど厳しい目線を感じながら

作業に当たっていたので写メるのも一苦労です。(笑)

この2本で午前中がほぼ、潰れました。(笑)

さぁ、

今度は裏庭に突入であります。

ブロック上の緑をこれからカットしろ、、とのお達しです。

ブロック上の緑をさっさとカットしろ、、とのお達しです。

ちょっと、大変だなって、思った。

ちょっと、大変だなって、思った。

どのような手順で望むのか、 シュミレーションも大事だね。

どのような手順で望むのか、
シュミレーションも大事だね。

一端、介護タクシーの定期送迎運行があったので中抜けして、

午後2時から剪定再スタート。

ワタシはバカなので、少しでも高い所に登りたくなるんだね。

ワタシはバカなので、少しでも高い所に登りたくなるんだね。

大地主、奥方様にも

『スッキリしたじゃないの~!』とお褒めの言葉を頂きました。

嬉しいですね。

ブロック塀の上をコソ泥のように横移動しながら剪定したんだね。

ブロック塀の上をコソ泥のように横移動しながら剪定したんだね。

1.5メートルの高さでも、何だか、興奮と幸福感が得られるんですね。

ワタシはやっぱり、高い所に快楽を覚えるのです。

この作業はそれなりの労力を要します。でも、それ以上の充実感がありました。

この作業はそれなりの労力を要します。でも、それ以上の充実感がありました。

伝わってますかねぇ。

ビフォー、アフターの画像を見比べる際に、

同場所、同角度からの撮影が必須なのは承知しているのですが、

いいかげんと、切なさと、心強さで生きているワタシですから、

やっぱり詰めが甘いんですね。

とにかく、造園作業やったんだな、は伝わったでしょう。(苦笑)

期待に応えられるか、プレッシャーは勿論ありましたが、

まずは、今、自分が持てる力を最大に出力して、

求められた事に取り組むという、

貴重な体験をさせてもらっていると思えば、

こんなにありがたい事も無いのです。

17時には全て作業を終え、

感謝の言葉と、ありがたい報酬を頂き、

改めて、

逃げずに向き合って良かったと確信した一日でした。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加