売り上げが一日1000円でも貴方は介護タクシーを開業したいと思うのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_1750

介護タクシー運送事業の心構えを問うてみました。

事業ですから、利益を生み出し続けなければ即廃業。

至極、当然の理屈。

なんちゃら法人のように補助金が出るわけでも無く。

そのうえで介護タクシーを開業しようと心に決め、

このブログにたどり着いたそこのあなた。

貴方の為のブログですよ。

売り上げ0円の日が当然にある。1000円の日もある。

その日は朝の1件のみの運行。

午後に入っていた予約も突如としてキャンセルになり。

このまま定時を迎えそうだな、、と思っていた矢先、

「近くのスーパーまで買い物行きたいですけど、大丈夫ですか?」

と、介護タクシーの運行依頼が。

その方は以前にもご利用のあった方。

電話で予約内容を伺う限り、

運賃、サポート料金含めても1000円の売り上げだという事は

瞬時に把握できました。

さぁ、

介護タクシーを開業しようと志して、

少しでも有益な情報を集めようとこのブログをご覧のあなた。

自分が仕事を終えようかなと思っていた矢先の

売り上げ1000円のご依頼、ご予約を受けたいと思いますか?

売り上げが大したことないから、

「すいません、今日の営業は終了です。」と、

お断りしますか?

何が言いたいかと言うと、

その顧客が生み出す売り上げ数字だけに捉われると

この仕事はやっていけないだろうという事。

この仕事の価値に気づけないだろうという事。

さぁ、その1000円の運行内容と言えば。

片麻痺のお客様は若くして脳卒中で倒れ、

週の半分はデイサービスに通い、

お一人で暮らしている方。

自分でやれる事は自分でやろうという気概のある方。

倒れた直後はその絶望感にさいなまれて

打ちひしがれていた時期もあったことでしょう。

しかし、

誰にでも訪れる壁、障害、不幸は結局のところ、

時間をかけて自分自身で乗り越えるしかないのです。

まさにこのお客様はそれを体現されている方。

以前は杖を突いて歩かれ、

ワタシが売店で買い物かごを持ってお客様の指示に従い

購入品を入れ込み、

レジカウンターに買い物かごを乗せ、

お客様は片手でやりにくそうにバッグから料金を支払い

ワタシが2~3キロはある買い物袋を持って

お客様の自宅まで運ぶ、、、、という運行内容だったのですが。

3回目の利用の時、

お客様が杖を使っていない事に気づき、

「あれ?今日は杖持ってないんですね。」

お客様

「ああ、なるべく杖を突かないで歩く練習してるんだ」

勿論、万が一のつまづき転倒も考えられますから

ワタシは常にそばに寄り添いながら買い物同行。

そのときはワタシの肩に手をかけ歩いていたのですが。

その時ふと、ワタシの口からこのような言葉が出たんです。

「お客様、イイですね!杖を突いて歩く事に慣れると、杖無くしては歩けない体になるんじゃないかと思うんですね。その熱意は素晴らしいと思いますよ」

お客様の年齢は40代半ばから50代。

まだまだ若い。

何気なく出たワタシの発言を

お客様はすごく腑に落ちたようで

今回ご利用の4回目の買い物同行では

お客様自身が

買い物袋も自分で持つ!

と気持ちを出してくれて、たどたどしい足取りながら

ほぼ、ご自分の力で買い物を済まされたのでした。

(杖ナシ、店内移動はカートを活用して)

その時のワタシのお仕事は万が一の転倒を想定した付き添い介助と

お客様がどうしても出来ない事への補助的介助。

(下に陳列しているお菓子を取ったり、購入したい物品場所への先回り誘導など)

ワタシはこういった時にこのお仕事に携われてよかったなと思うのです。

売り上げも大事です。

利益はもっと大事です。

しかし、

売り上げ1000円のお客さまとの触れ合いの中から

ご自分なりに現状を改善しようと奮闘されている姿を拝見出来る事は

一つの財産なのではないかと考えるのです。

その突然のご依頼をお断りしていたら

このような瞬間に立ち会えなかったでしょう。

介護タクシーの価値とは

このような自立しようと奮闘されているお客様の人生の瞬間に

立ち会えること。

その方たちの日常生活、時には非日常生活(ライブ・お祭り・旅行など)

の目的を達成する支えとなれるタクシーであること。

ピンポイント輸送が可能で

前後の介助もしっかりと行う介護タクシーだからこそ立ち会える

瞬間なのです。

勿論、奉仕の理念だけでは事業は継続できません。

お客様に喜ばれてこちらもしっかりと儲ける、という

仕組みが一番望ましいのです。

しかしながら、

お客様を運行回数1回・2回とか、

この人の運行収入はいくらだから予約は受けないとか、

単なる数字だけの概念でしかとらえられない人は

このお仕事に向いていないと思います。

それを知ってでも

貴方は

このお仕事に携わりたいと思うのでしょうか。

開業サポート・カウンセリングはこちら

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加