買い物難民を助ける選択肢としてアリだろう、ウーバーシステムについて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_2089

ニュースピックアプリタイムラインから流れてきた記事が興味深い。

こちらから。

京都府・京丹後市でNPOにウーバージャパンのシステムを提供し

それがサービス普及につながるか?の検証中らしいのだが。

  • 65歳以上が40%を占める高齢化・過疎地で
  • 鉄道・バスの環境が乏しい地域で

上記の2点に当てはまる買い物難民が増加していく地域で

このウーバーシステムは一定の好循環を生み出してくれるだろうと

個人的に踏んでいる。

何故なら

  • 新たに車両を購入するわけでなく
  • その地域にある自家用車の空き時間を活用して所有者は収入が確保できて
  • 比較的すぐにスタートできる事業形態だから

ただし、道路交通法の白タク行為に当たる部分と

運送事業のタクシー業界の反発が大きくあり検証に至らなかった富山県南砺市の

事例もあるから急速な普及とは今現在は考えにくいがそれじゃあ、果たして

買い物難民を解消する効果的な施策は?と聞かれるとすぐには出てこないだろう。

ワタシも介護タクシーの救援事業という位置づけで買い物代行サービスも行っている。

その救援事業というのも本業の介護タクシーに支障が出ない範囲で、というもので

積極的にその代行サービスを勧めているわけでない。

因みに内容はお客様から電話予約で注文を受け付けワタシの介護タクシーに乗ることなく

ワタシ自身が買い物を済ませお客様の自宅玄関まで送り届け玄関先で清算するというもの。

手数料は1000円から。

とはいっても1000円以上を請求する地域から依頼されたことはないが(笑)

はっきり言って高い手数料だ。そんなお金払うくらいなら生協(コープ)やイオンの宅配サービスでいいよと言われてしまえばそれまで。

個人事業主の介護タクシーならその手数料を頂かねば割に合わないとう見解だ。

スタート時500円で行っていた時期もあったがそれでは車両のランニングコスト・維持費・運転手の手間を考えると利益が薄い。

持続性に欠けては意味がないので心苦しくも1000円に値上げした次第だ。

論点がズレてきたので少し戻す。

タクシー業界の反発と言うがそれじゃあ道を間違えても

平気な顔で接客してワンメーター移動なら舌打ち・無愛想な態度で余程プロドライバーとは思えない運転で乗客を不快な気持ちにさせている今現在のタクシー業界の質の低いサービスの現状でよくも反対と叫ぶものだ。

(叫ばないのも問題か)

ワタシの見解は多様な選択肢が利用者にとって用意されていればいいんじゃないか、というスタンス。

  • 手数料1000円で高いけど顧客満足を見たす介護タクシーの買い物代行なのか

  • 自分の目で買い物が確認できてタクシーより安いシェアリングのウーバーシステムか

  • 馴染みのあるドライバーとの車中会話も楽しみたい一般タクシーか

  • 大手コンビニ・スーパーが展開する宅配サービスを利用するのか

時代の流れを受け、淘汰されるべきサービスは淘汰され

選ばれ続けるサービスは選ばれ続けるという至極シンプルな法則に鑑みれば

ウーバ―システムの今後の働きかけが吉と出るか凶と出るか。

注視していきたいと思ふのだ。

阿――――――――何か固い文章だね。

理屈っぽいな、うん。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加