『高いな!やっぱりキャンセルね』 介護タクシー料金は実費負担が基本である事を伝え続けるブログ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0124

先日のお客様からの問い合わせだ。

「めぐりさん、今から空いてるかな?ホームセンターへ買い物に行きたいんだけど…」

介護タクシーめぐり

「はい、今からなら30分後にお迎えできますよ、○○さん、一応確認なんですがホームセンターまでの往復料金(付き添い含む)は実費負担になりますが大丈夫ですか?」

「えっ!?いくらになるの??」

介護タクシーめぐり

「そうですねぇ、往復で¥6000ほどになるかと。。」

「あー、それじゃあいいや、息子に電話してみるから」


活字にしてみると何だか冷たいやり取りに感じられるが、この方とのお付き合いもかれこれ6年ほど。3か月に一度、通院先のクリニックへ送迎する視覚障がい者の方だ。勿論、初対面時に比べれば関係性は良好、通院終了後には必ずと言っていいほどお客様の自宅でコーヒーを頂き、雑談を交わす間柄なのだ。

このお客様は自治体独自の通院支援事業を利用する方なので料金負担は1割とリーズナブルである。3か月に一度の頻度で支払い料金も往復で¥500ほどとなればお客様の意識の中に

介護タクシーは低額で利用できる移送サービスだ

という概念が定着する。

1年ほど前だったか、こんな出来事があった。勿論、同じお客様とのエピソードだ。

ご先祖様のお墓の掃除やメンテナンスを行えるものが誰もいなく(親戚・家族が遠方居住であったり関係性の問題とか)近年定着している永大供養の仕組みを活用して心を落ち着けたいという要望があり、受け入れセレモニー開始の時間に合わせて会場までの往復送迎をお願いしたいと予約があった。

その予約が入る前に介護タクシー車内でお客様が利用している通院支援事業の決め事、要は、【どういった人がこのサービスを利用できるのか、利用できない人の条件とは?】

【なぜ、この料金額で利用できるのか】

【自宅~通院先クリニックのみの移送範囲であくまでも通院のみ限定だ

という事をお伝えしてきた。その時の反応は「そういうものなんだ」と納得されたように見えた。特にそこから根掘り葉掘り聞きだされるわけでも無かったしワタシも聞かれてもいない事に念を押すように説明するのは相手にとって不快だろうという思い込みもあった。

そういった経緯から、お客様依頼のセレモニー会場までの往復送迎が【通院扱い】に当たらず、実費負担になる事は理解したうえで介護タクシーの予約を依頼してきたものだと思っていた。確認はせず、そのまま予約依頼を引き受けた。

運行は無事終了、料金精算時に¥10,000であることを告げると驚いた表情で「何でこんなに高いの?」と問いただしてきた。この反応を見た時に、ああ、理解されていなかったんだなぁ伝わっていなかったんだなぁとガックリくる思いであったがそれはお客様も同じことだろう(笑)

移動距離からして¥1000以下だろうと考えていたはずだ。因みにこのお客様の自宅室内の清掃状況や話す言葉・思考概念からお金の勘定にはしっかりしている倹約家である事も付け加えておく。

そのトラブルから半年以上、介護タクシーの予約は入らなくなった。

ちゃんと事前に説明しないぼったくりタクシードライバーというプチ犯罪者像がお客様の思考に刷り込まれてしまったのだろう。悔やむ思いであったが暑中見舞い・年賀はがきを送りコンタクトは積み重ねていた。月日の経過でお客様の煮えくり渡った腹も幾分落ち着いたのだろう、再び介護タクシーの依頼を受けるまでに関係性が回復した。

前振りが長すぎたが、そのような経緯があったうえで、冒頭のお客様の問いかけがあったのだ。

ホームセンターまでの買い物を一緒にお願いしたいんだけど。

実費負担で¥6000になりますが、大丈夫ですか?

いいや、息子に相談してみるから。

やはり、伝わっていない(笑)1割ほどの利用負担で介護タクシーがどんな外出にも利用できるという意識がこのお客様から拭えていない。大変失礼ながら高齢者(80才手前)であることから一旦理解した事柄を忘れてしまう事も現実としてあるのだ。そこにはサービス提供者のワタシの伝え方(専門用語を使っていないか、要点をズバッと述べているか)の問題もあるし、利用目的が限られているかわりに安い料金の介護タクシーと、どんな外出目的にも対応するかわりに実費負担の介護タクシー両方が存在している事を我々事業者側は伝え続けねばならない。

高齢者とのコミュニケーションは特に注意を要するという体験だった。まぁ、高齢者に限らずとも友人知人や仕事先の関係機関との連絡・報告などでお互いの意識が共有できていなくトラブルのもとになる事はよく聞く話だ。

それには伝わっただろう・伝えたからという発信者側の勝手な思い込みがある。

言い方・言い回しを工夫しながらも確認作業だけはしつこいくらいに行いたい。後後のトラブルが非常に面倒だし、これ以上ワタシの毛根を喪失させることは勘弁願いたいからだ。

300円で得られる介護タクシー開業者が心に留めておくべき10か条

開業サポート・カウンセリングはこちら

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加