誤解されやすい視覚障がい者の日常とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0337

ワタシのお客様(Cさんとする)の体験談を交えてお話ししよう。

全盲(全く目が見えない状態)のお客様が買い物に行こうとタクシーを呼んだそうな。Cさんはとても自立心の強い方でにわかに信じられない事だがお一人で暮らしている。掃除・選択・炊事・家事全般を何不自由なくやってのける。、、、らしいのだが、ここに至るまでに相絶な苛立ち・憔悴・葛藤を乗り越えての日常生活だそうだ。付け加えておくが、今まで普通に見えていた家族の顔、友人の笑顔、学校まで歩く通学路がある日を境に真っ暗闇の世界が広がった。

これ以上の言及は差し控えたい。プライバシーの観点があるので。

話を戻すと、その買い物先も目が見えなくなる前に関係性が築かれている馴染みの商店、そこまでたどり着ければ商品の選定、その他の介助は店主が手伝ってくれる。自宅~商店までの移動区間が問題なのだ。ピンポイントで移送するタクシーの出番となるところなのだがそこで問題が。

几帳面な性格のCさんは指定した時間の5分前には自宅の門で待っていた。しばらくするとエンジン音が左側から聞こえてきてどうやら目の前にタクシーが止まったような感覚を覚えた(繰り返すがCさんの視界は真っ暗闇なのだ)。

通常、タクシー車内への乗降はクルマの左側から。自動ドアを開けてドライバー自身は運転席に乗ったまま。

一向に動かないCさんを見つめている。この状況がイメージ出来ているだろうか。

Cさんは目の前にタクシーが停まっている様子は伺えるものの、タクシー助手席側の左側へ誘導をお願いしたいのだ。外を出れば真っ平らな道路でもなく、通行人がいるだろうし、つまづいて転倒する恐れが大きい。ここでブログ読者は素直にドライバーに「目が見えないので誘導をお願いできませんか?」と伝えればいいのでは、と思われた方もいらっしゃるだろう。そう、簡単な問題ではない。

Cさんは目が見えなくなって人生のどん底に突き落とされ、数か月のリハビリを終えてやっとこさ外出できるような気持ちまで立ち直りつつあるまさにその状態だったのだ。そういった精神面がぐらついている状況で、目の前にタクシーが停まっていて、エンジン音だけが聞こえているこの状態・Cさんは心臓がバクバクしていたのだそう。

「手伝ってほしいのだけど、声を掛けようにも声が出ない。どうしよう、どうしよう、、、」

焦りがつのり脂汗だけが体中に溢れてくる。。。。。

その状況が1分ほど続いた所でタクシードライバ―がCさんに向かってこう言ったそうだ。

どうしたの?乗らないの、どうするの?

ぶっきらぼうに投げ掛けられたその言葉をきっかけに誘導をお願いしたいとの言葉がやっと出て一応、商店までたどり着くことが出来、帰りの移動はその店主にお願いをして自家用車で送ってもらったとのこと。

まぁ、このような相手の気持ちを慮らない低レベルな対応をするタクシードライバーが所属する○○タクシーはサービスが最悪だという評判は健常者からも度々耳にしていた所である。タクシー経営者の経営理念がバブル時代のままで止まっているのだろう。

是非、こちらの記事も読んでいただきたい。視覚障害者が日頃どのような気持ちで日常生活を送っているのか、誤解された対応を浴びているのか、どのような助けを求めているのかが読み取れると思う。

「一緒に渡りましょうか」那覇商業生・通学路で障がい者支援の輪

とはいえ、先ほどの低レベル対応をしたドライバー自身が目の前にいる視覚障がい者へどのようなアプローチをしたらいいのか対応に悩んでいたかもしれない、という憶測も出来る。ワタシも介護タクシーという職業に携わっていなければあのような傲慢な態度を取った可能性もある。

障がい者との共生は、体験・経験を通して学んでいく事も勿論だが、ネット社会の今、検索次第でいくらでも予習を行うことは可能だ。那覇商業生のように事前にインターネットで勉強をして臨む、という姿勢をワタシも今一度見習いたいと思う。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加