発達障がい者との関わり合いから学ぶ、伝える~伝わるのリレーションとは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
坪井グッズはそこらじゃ売ってないで!

ああ、

こんなに嬉しい事なんですね、カッコイイ漢からのブログシェア。

実るほど頭を垂れる稲穂かな。。は嘘ではありません。

そんな方が、

凄まじいほどの文章力とか、表現の才能とか、

有り余る言葉でワタシのブログを賞賛、

そこまでのブログでない事は百も承知なのですが、それは、その漢の

優しさゆえの配慮なのでしょう。

ありがとうございます。そして、

もう一度、この言葉を。

坪井秀樹氏はただのヌーディストではありません。

我々は言葉に発すれば相手に伝わると思い込んでいる節がある。

ご縁があって、発達障がいのお子さんを送迎しております。

発達障がいとは、ここ最近作られた概念で、(平成16年法律制定)

二昔前は、自閉症という言葉や

アスペルガー症候群などと言われてたそうです。

いや、

ワタシの貧困な記憶をたどれば、

自閉症という言葉しか思い浮かびませんでした。

実際、中学校時代・同級生に一人そのような方がいました。

そのころ、なぜ、教室が別々に分けられているのかがわからず、

かといって先生も理由を説明するわけでも無く、

何となく時が過ぎていったのを覚えています。

その同級生とは会話が成り立ちませんでした。

あー、うー、と唸るのみで言語が出てこないんです。

今思えばなんですが、

25年前のワタシの中学校時代なんて、

今現在よりも環境整備が整っていないころで、

発達障がい者に対して、

どのように接するべきか?

方法論・概念とは?(現在も試行錯誤なのですが)

対話法は?

が足りなさ過ぎたと思うんです。

でも、そのような言葉は、

その当事者・ご家族に対して失礼であり無礼であるでしょう。

試行錯誤はそれはそれは幾通りもの積み重ねがあり、

保護者・教育者の切なる声が重なり合って法律の制定、

今現在に至るわけです。

ワタシが送迎の役目を担っているお子さんも、

ほとんど言葉を発しません。

しかし、ワタシは言葉が返ってこずとも、

しつこくならないよう語り掛けるようにしています。

眼はこちらを見ていなくても、必ずや言葉は届いているはずです。

ただ、アウトプットの言語化が出来ないだけなんだと。

そういう積み重ねをしていると、

こちらの意図しないタイミングでふと笑いかけてくれたり、

急にこちらの肘を掴んで体を密着させようとしたり、

彼なりのコミュニケーションが出てくるんですね。

これって、すごく嬉しいんですね。

すごく嬉しい事実なんです。

また、ある子は、

こちらに対して、質問をマシンガンのように浴びせかけてくるんです。

何で介護タクシーに乗ってるの?

介護タクシーって予約しないと乗れないの?

何で?

何で予約しないとだめなの?

タクシーって何人乗れるの?

タクシーの運転手ってなんで制服着てるの?

何で?

何で?

何で?

当初はとても困惑したのを覚えてます。(笑)

タクシーって何人乗れるの?と聞かれたら

今目の前を走っているプリウスなら4人だよ、と答えるわけです。

それで伝わったと思うわけです、ワタシは。

しかし、彼には伝わっていないんですね。

再度、ワタシに問うてきます。

何で4人なの?と。

そこで、えっ?伝わっているだろ、それ以上なんて説明したらいいの?と

投げ捨てるのでく、

もっとかみ砕いた答えが彼には必要なんだと視点を変えるべきなんです。

ワタシの伝え方が足りてないんですね。

伝わったと思うのが傲慢なのかもしれません。

言葉の組み立て方を変えた方がいいかもしれません。

伝えたら伝わるという、我々が無意識に、自分の経験則のみで判断しがちな

刷り込み。

このような発達障がい者とのご縁があり、

ワタシの拙い発言力・コミュニケーション力はジワリと鍛えられている

実感があるのです。

あの時があるから今がある。

無駄な経験なんて何一つないんだよと誰かがおっしゃいました。

時が経てば無駄ではなかったと思える人生。

少しずつ理解しつつあります。

The following two tabs change content below.

花城 健

合同会社 代表社員兼 介護タクシーめぐり運転手  1978年 沖縄県・金武町生まれ   旅行をあきらめる障がい者・歩行に不安のある高齢者へ沖縄観光の成功を一緒に考え、現地ならではの情報提供を行い、ゆったり・ゆっくりの小旅行を企画する日本で数少ない駆け込み寺型の福祉・介護タクシードライバーでもある。 良質な情報に触れ・多少の不便を受け入れ・体験したいコトを明確にすれば、障がい者高齢者の旅行は必ず叶えられると確信しています。 THE  YELLOW MONKEYをこよなく愛す。 趣味・三線 読書 一人カラオケ ジムニ―イジり 落語・歌舞伎鑑賞 ウィングスーツ滑空妄想 資格: ヘルパー2級・視覚障害、身体障害者ガイドヘルパー・認知症サポーター・実務者研修(痰吸引・経管栄養)・手話3級・運行管理者(旅客)  実績事業: 障がい者外出の移動支援事業、高齢者通院支援事業を自治体より委託契約 身体障がい者福祉協会・会員の福祉向上送迎事業受託 発達障がい児通学送迎事業受託
シェアする
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
  • このエントリーをはてなブックマークに追加