可搬型階段昇降機ウェルキャリーにスタンダード車椅子を合体させた外観

介助者の本音は、車椅子ごと担ぎ上げる階段介助なんてやりたくないはずです。

なぜなら、車椅子ユーザーごと転落させてしまう危険性が脳裏にチラつくから。

 

デイサービスや介護タクシー送迎の現場で、介助者(ヘルパー)1人で車椅子ごと階段介助せざるを得ないヒヤヒヤした状況はなかったでしょうか?

利用者とヘルパーの安全安心のために、2階自宅に住んでいる高齢者/障害者からの外出依頼を断っていませんか。

 

65㌔体重の男性を車椅子(15㌔)ごと3階まで人力で階段介助して三途の川がチラついた私が、自信をもっておすすめしたいのが新型階段昇降機「ウェルキャリー」です。

 

この記事では、お客様ご愛用の車椅子がそのまま階段昇降機に変化するウェルキャリーの特徴・操作方法・料金について紹介しています。

 

ウェルキャリーが手元にあれば、介助者1人でも車椅子ごと階段昇降を安全に・ラクに提供することが出来ます。

 

5段以上の段差が連なる現場では、マンパワーでの階段介助にこだわる必要はありません。

ウェルキャリーの安全昇降力を借りて利用者も介助者もラクになりましょう。

【目次】

可搬型階段昇降機ウェルキャリー(調整式)の特徴

【豆知識!】
可搬型とは、持ち運べたり移動させることができる製品のこと

外観:

車椅子ごと階段昇降できる可搬型階段昇降機ウェルキャリーの外観

階段昇降機ウェルキャリーの注目すべき大きな特徴とは、介助者1人で車椅子ユーザーごとそのまま階段昇降できる圧倒的な利便性です。

この利便性により、デイサービス送迎や介護タクシー運行にかかわる時間を短縮しながら、ヘルパーさんがラクに階段昇降を提供できます。

 

 

特殊型電動車いすとリクライニング車椅子を除いて、医療/介護/公共施設入口にあるスタンダード車椅子にジャストフィット出来るように、固定アタッチメントが専用設計されています。

黒い星型ノブ4つを緩めれば、赤矢印方向の上下に車椅子固定フレームをかんたんにスライドさせることが出来ます。
赤い丸型ピンを引っ張り上げれば、黄色矢印方向に、塗りつぶし黄色の車椅子固定爪を伸ばしたり縮めたりできます。

塗りつぶし赤の固定ブラケットも、赤矢印方向(左右)へかんたんにスライドさせることができるので、さまざまな形状の車椅子背もたれをしっかりつかんでくれます。

 

画像中心にある丸型赤ピンを引っ張りあげることで、車椅子後輪ブラケットを外側へかんたんにスライドできます。
自走用・介助用さまざまなスタンダード車椅子の後輪にジャストフィットさせ、支えてくれます。

スペック(性能):

重量本体約36㎏+(バッテリー2.3㎏)=合計38㎏
操作ハンドル高さ下段:128㎝ 中段:146㎝ 上段:164㎝
車椅子後輪受けサイズ最小55.5㎝ 最大78㎝
クローラー飛び出し幅最小61.4㎝ 最大75㎝
耐荷重利用者体重120㌔まで
リチウムイオン電池/利用可能年数3~5年
リチウムイオン電池/充電時間5~8時間

 

目次にもどる

見逃せないポイント

可搬型階段昇降機ウェルキャリーは、クローラーゴムの飛び出し角度が決まっている「固定式タイプ」と、手元スイッチによりミリ単位で調整できる「調整タイプ」の2種類をご用意しています。

塗りつぶし赤のアクチェーターが、クローラーゴム飛び出し角度をかんたんに調整してくれます

 

クローラーゴムの飛び出し角度を調整できることでどんなメリットがあるのかというと、傾斜角度がキツい階段でも介助者の体力消耗を抑えながら、安全に昇降できることです。

 

例えば、上記画像の黄色線よりも傾斜角度がきつくなると、車椅子本体重量+ユーザーの体重が前方にもっていかれるので、階段昇降機ごと転落の危険性がつきまといます。

 

クローラー飛び出し角度をかんたんに変更できるウェルキャリー「調整タイプ」なら、現場の傾斜角度に応じて、安全安心の最適角度に利用者を導けるわけなんですね。

 

合同会社めぐりでは、調整タイプのデモ機をご用意しております。

操作・体験をご希望でしたら、お問合せフォームからお気軽にお申し付けください。

【番外編】らく段との違い

ウェルキャリー誕生のかげには、いまなお全国の階段現場で活躍している「らく段」あってこそなんです。

階段昇降機らく段の外観

らく段との違いをサラッとまとめました。

 昇降機への移乗介助2階玄関⇔地上の間で車椅子運搬平たん路・踊り場での取り回しやすさ
ウェルキャリー必要なし 必要なし△少し重い
らく段最低でも2回最低でも2回◯軽い

 

目次にもどる

なんと、ウェルキャリーには昇降速度切り替えボタンが付いた!!

荷物専用階段昇降機・ボギーにしかなかった「昇降速度ボタン」が、可搬型階段昇降機ウェルキャリーにも実装されました。

この機能により、2階自宅の利用者をお迎えするとき/お見送りしたあとで、素早く送迎車両に戻ることが出来るので業務効率がアップします。

「低速・中速・高速」の3段階で、クローラーの速度切り替えが可能です。

 

次世代階段昇降機ウェルキャリーが活躍する階段現場

病院・学校・商業施設・福祉/防災センターなどの広々とした階段現場でOK

らせん階段昇降もOK

階段踊り場が1350mm以上あれば車椅子ごと一緒に切り返せます

エレベーターのない駅での階段昇降に最適です 駅員さんが疲れません

その他、エレベーターのない観光地・世界遺産名所など、お困りの階段現場で活躍してくれます。

ウェルキャリーが対応できない車椅子の特徴

車椅子ハンドルの内径幅が345mm未満

ウェルキャリー本体横幅が345mmなので、車椅子左側ハンドルと右側ハンドルの内径が345mm未満ではご利用できない場合があります。
赤線部が示すハンドル内径幅が345mmより大きければ利用可能です。

 

ご愛用の車椅子ハンドルの、左側と右側の内径距離を測っていただくことをおすすめします

 

本体重量が50㌔~100㌔以上の電動車いす

車いす重量だけで50㌔~100㌔ほどある特殊型電動車いすは、耐荷重オーバーとなることや、車椅子本体の形状とウェルキャリー本体とのフィッティングにより対応できないことがあります。

 

車椅子前輪と後輪の中心距離が460mm以上離れている場合

背もたれが調整できるリクライニング車椅子では、前輪と後輪の中心距離が離れていると、重心が前よりになるので転落の危険性があります。

 

車椅子座面下の足踏み式フレームその他 干渉物による場合

踏み込み式のフレームがウェルキャリー・フレームと干渉することにより、安全規定の位置にセットできないので転落の危険性があります。

 

じゃあ、どんな車椅子ならOKなの?
●公共施設や病院入り口でよく見かける形状のスタンダード車椅子(自走用/介助用)

お使いの車いすがウェルキャリーにジャストフィットするかのご相談/お問合せも承っております。

お気軽にお申し付けくださいね。

 

目次にもどる

階段昇降機ウェルキャリーの販売価格

クローラー固定タイプ ¥495,000(税込み)

クローラー調整タイプ ¥715,000(税込み)

 

※どちらにも、小物収納バッグ・ヘッドレスト・専用充電器・バッテリー・盗難防止用鍵(2コ)・取扱説明書が付属しています。

 

昇降機 導入コストを抑えるためにぜひ活用したい小規模持続化補助金

持続化補助金は、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。 この制度は、商工会、商工会議所のサポートを受けながら経営計画書、補助事業計画書を作成し、審査を経て採択が決定された後、所定の補助を受けます。 

引用元:経済産業省・中小企業庁ミラサポPlus「小規模持続化補助金とは」

 

資本金1億円以下の中小企業・個人事業主であれば活用したい補助金です。

補助限度額は最大50万円で、設備投資・販促その他にかかる経費全額の2/3が、のちに振り込まれます。

しかしながら、誰でももらえるお金ではなく、事業計画書をしっかり作って審査に合格しなければなりません。

 

私自身も過去に、ストレッチャー/車椅子導入やチラシ作成費などに活用しました。

 

お客様と従業員/スタッフの気持ちをラクにするためにも、補助金ゲットしてウェルキャリー導入費に活用なさることをおすすめします。

 

合同会社めぐりwebサイト特典(キャッシュバック)ならコチラ!

 

■弊社運営のSNS(Twitter/Facebook)やブログで紹介されているウェルキャリー記事を、コメント付き(利用後の感想など)でリツイート/シェア頂けましたら、販売定価から3%キャッシュバックします

■購入後の感想や昇降風景の画像を弊社に提供いただき、弊社運営webサイトやSNSでの投稿にご協力くだされば、販売定価から5%キャッシュバックします

 

※お客様のプライバシーを最優先に協力を求めますので、ご理解いただければ幸いです。

 

ウェルキャリーは介護保険でレンタルできるの?

 

出来ません。

介護保険レンタル製品ではありませんが、早ければ、導入決定から2週間以内でスピード納品を提供できます。

 

もちろん、取扱い操作・メンテナンス方法も納得いただけるまで丁寧に指導いたします。

ご購入いただいた後の故障や消耗品交換にも対応しますので、ご安心ください。

 

購入前にウェルキャリーのおためし操作体験はできるの?

はい、沖縄本島内なら無料にてデモ機を持ち込んでウェルキャリーの利便性を体感できます。

 

離島その他遠方からのご依頼には、出張/諸経費を頂くか、来島いただければ無料で対応できますので、お気軽にお問合せください。

 

目次にもどる

まとめ

階段を昇った先にある住み慣れた自宅や絶景、階段を下った先にある激ウマ飲食店や世界遺産観光地など、階段バリアさえなければ健常者と障碍者/高齢者がいっしょに過ごせた幸せ空間があったはずです。

 

介助者1人でも安全に車椅子ごと階段昇降できるウェルキャリーが手元にあれば、車椅子ユーザーの人生がさらに豊かになりますし、階段介助におっくうな状況でも介助者は疲れることなくお手伝いができます。

 

ウェルキャリーの利便性と安全昇降を体感されたい方は、下記のお問合せフォームよりお困りの状況を一言添えて送信ください。

 

可搬型階段昇降機ウェルキャリーへのお問合せはコチラ